SOMiC、グラフェン採用のデュアルドライバーイヤホン『M7』

SOMiC_M7_01.jpg


海外で見かけたSOMiCのイヤホン「M7」。
日本だと上海問屋で製品を見かける事がかつてあった中国メーカーのデュアルドライバーイヤホン。そのドライバーにはグラフェン振動板を採用しており、一時期流行ったドライバー上下配置の構造も特徴的なモデルです。

硕美科-M7
http://www.somic.cn/websiteProduct/productDetail/10581.html






SOMiC_M7_02.jpg



SOMiC_M7_03.jpg



SOMiC_M7_04.jpg



SOMiC_M7_05.jpg



SOMiC_M7_06.jpg
(via zol.com)

ドライバー:6mm径ダイナミック型x2、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:96db/mW、インピーダンス:16Ω、ケーブル長:約1.2m、重量:約15g、という仕様。グラフェン振動板採用&高音用・低音用を上下に配置したデュアルドライバーユニット、内部が丸見えのスケルトンボディ、TPE素材&4芯エナメル線採用のケーブル、インラインリモコン/マイク搭載、ホワイト・ブラックのカラーラインナップ、などが特徴。中国での価格は99人民元(約1,600円)。・・・・グラフェン振動板は低価格帯のイヤホンでもちょくちょく見かけるようになりましたが、それをデュアルドライバーで組んでいるモデルはまだ数少ないかもしれない、そんな印象。価格は非常に手ごろなので売る側からすれば取り扱いやすいでしょうし、似た構造のイヤホンをかつて取り扱っていた事がありますし、上海問屋のバイヤーがここの製品にまた目をつければ出回る可能性はあるのではないかと。




CollectionAudio
売り上げランキング: 2391



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09