B&O PLAY、一長一短になったBluetoothイヤホン『Beoplay E6』

Beoplay_E6_01.jpg


2018年8月に発売されたB&O PLAYのイヤホン「Beoplay E6」。
BeoPlay H5」の進化版という位置付けになっているボックスレスタイプのBluetoothイヤホン。高評価を得ていたH5の進化版となると当然期待も高まるモデルですが、スペックをじっくり見ると一長一短と言えそうな内容です。

B&O PLAY Beoplay E6 | KANJITSU DENKI CO.,LTD.
http://kanjitsu-boplay.jp/earphones/e6.html






Beoplay_E6_02.jpg



Beoplay_E6_03.jpg



Beoplay_E6_04.jpg



Beoplay_E6_05.jpg



Beoplay_E6_06.jpg



Beoplay_E6_07.jpg


通信方式:Bluetooth 4.2、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5時間、充電時間:約2時間、ドライバー:6.4mm径ダイナミック型、再生周波数帯域 :20Hz - 20kHz、重量:約21g、という仕様。イヤホン自体はH5と同じドライバー同じ設計になっている模様。マグネットハウジング、防滴/防塵加工、メッシュケーブル、といった点も変わらず。進化したと言える部分はイヤーフィンの追加による装着感の向上、インラインリモコン/マイクが使いやすいタクタイル式の3ボタンに刷新、充電は新たに設けられたユニットと専用ケーブルをスナップして行う仕組みに、など。価格は現在33,000円前後で販売中。・・・・上記の変更だけならH5の進化版というのも納得のいくところでしたが、よくよく見るとコーデックの項目にaptX/aptX LLの記載がなくなっており、それが事実なら人によっては改良どころか改悪になりかねないところ。あと、こういうタイプで5時間再生というのも今となっては短い部類に入りますから、そのあたりを進化してほしかったと思うのが正直なところでしょうか。




B&O Play
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09