ロジクールのゲーミングマウス『PRO Wireless』の分解画像・実重量

PRO_Wireless_Demolition_01.jpg


2018年9月に発売されるロジクールのマウス「PRO Wireless」。
トップグレードのスペックで重量が80gという革新的なワイヤレスゲーミングマウス。海外では既に発売されていて色々な情報が飛び交っていますが、内部の詳細と実重量が早くも公開されていたのでちょっと見てみます。

【マウス】ロジクール 『PRO Wireless』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8910.html






PRO_Wireless_Demolition_02.jpg



PRO_Wireless_Demolition_03.jpg



PRO_Wireless_Demolition_04.jpg



PRO_Wireless_Demolition_05.jpg



PRO_Wireless_Demolition_06.jpg



PRO_Wireless_Demolition_07.jpg



PRO_Wireless_Demolition_08.jpg



PRO_Wireless_Demolition_09.jpg



PRO_Wireless_Demolition_10.jpg



PRO_Wireless_Demolition_11.jpg



PRO_Wireless_Demolition_12.jpg



PRO_Wireless_Demolition_13.jpg
(via weistang/wstx)

まず主要パーツから触れていくとセンサーはこれが初採用となるHERO 16Kなので当然初見、外観はG603/G304で使われていたHEROとはサイズも作りも別物。耐久性5000万回となっていたマイクロスイッチはオムロンのD2FC-F-K(50M)、サイドボタンのスイッチもオムロン製。バッテリーは自社名義のリチウムイオンで容量は240mAh。ざっと見て他に気になる部分は基板が妙に独特な形状をしている、それとホイールは軽量を実現するため少し頼りない作りに見えるかなと。実重量は標準の状態で公称どおり80g、裏面のカバーを取り外すと77g、裏面のカバーをPOWERPLAY用のモジュールに取り替えると82g、という結果に。・・・・重量に関しては何ら手を加えずともズバ抜けて軽いレベルですが、裏面のカバーやサイドボタンのパーツを外すだけでも75gくらいにはなりそう。リスクや犠牲を承知の上で軽さだけをとにかく追求するなら、サイドボタンの基板や配線を取っ払えば70gを切るかもしれない。また、ワイヤレスすら犠牲にして有線接続オンリーで使うなら、バッテリーやPOWERPLAYが関わる部分を取っ払う手段もあり。そのあたりの可能性を考えると本当に恐ろしいモデルです。




ロジクール
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09