【イヤホン】B&O PLAY 『EARSET』 レビューチェック

Earset_13.jpg


2018年5月に発売されたB&O PLAYのイヤホン「EARSET」。
”アイコニックデザイン”で人気を博したEARSET 3iがベースとなっているイヤーフックタイプ&インナーイヤー型のBluetoothイヤホン。レトロでメカニカルな構造が目を引くモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

B&O PLAY EARSET | KANJITSU DENKI CO.,LTD.
http://kanjitsu-boplay.jp/earphones/earset.html





Banner_01.png



Earset_14.jpg



Earset_15.jpg



Earset_16.jpg



Earset_17.jpg



Earset_18.jpg



Earset_19.jpg



Earset_20.jpg



Earset_21.jpg



Earset_22.jpg



Earset_23.jpg



Earset_24.jpg
(via dgtle/imp3)





Banner_06.png


[#1]
“ブランドのアイコン” 定番耳掛けイヤホン「Earset」にBluetoothモデル
https://www.phileweb.com/news/d-av/201805/10/44012.html

定番イヤホンがワイヤレス化、B&O PLAY「EARSET」レビュー
https://www.phileweb.com/review/article/201807/27/3109.html



[#2]
やっと待ち望んでたものが出る
フルワイヤレスなら言うことなかったけどまあ十分



[#3]
EARSETはANC無しか、、
それにバッテリー5時間は少な過ぎ。



[#4]
Earset欲しいな、最近カナルは圧迫感感じるわ



[#5]
色々迷ったけどB&Oのearsetにしたわー
ローからハイまで綺麗に出る
開放型もまんざらじゃない気がする



[#6]
B&O Play Earset Bluetoothが発売されたのを今知る。
このデザインはA8の頃から好きなので買いたいが
駆動時間5時間はちょっと短め。



[#7]
B&O Earset使い始めてますよ。
BTはAACにしか対応してないのは承知済み。
音よりは装着感を期待しての購入だけど、やっぱイイね。
もちろん音もチューニング悪くない。
プレイヤ側のイコライザでローバンド下げてるけど。
やっぱその方が好みなのだ。



[#8]
B&Oのearset、あの形で完全ワイヤレスになるか
バッテリーの持ちが長くなれば最高なのだけども
環境音との混ざり方と音質と着け心地ではXEA20に圧勝してるなぁ



[#9]
B&O earset デザインはデンマークですが製造は中国です。
何となく聴きながら作業をしていてふと気づくと結構いい音で鳴っています。
メインにする気はありませんが
BGMとしてIEMを聴きなれた耳にもそんなに寂しくない音です
自分的には当たりだと思っています。

ただ注意としては有線のearsetから共通ですが
ドライバー部に付けるフォームチップを
ある程度の時間で交換しなくてはならない事。
また眼鏡に干渉はやはりある程度するので
眼鏡着用の方は試してみて購入を考えた方がいいと思います。



[#10]
B&O EARSET、実用的です。それだけではない。
歩きながら聴くのにこれ以上の音質が必要か?と思うくらい結構いいです。
そこそこレンジも取れて音も広がる。魅力的な音だとも思います。
ただし結構音源の質には反応する感じです。



[#11]
バング&オルフセンの青歯イヤフォンEARSETを衝動買い。
有線の使ってた頃、これで無線バージョン出たらなぁ…思ってたので即決でした。



[#12]
B&OのEarset買った。音質は安定の華やかで開放感あるA8サウンドで満足。
違うイヤフォン使っても結局戻ってきてしまう魅力がある。
ただしハウジングがバッテリーの為か
A8 (3i) と較べて大きくなってちょっと気になるかも。
慣れの問題か使って判断か。



[#13]
B&OのEarset聴いてみたらインイヤーも気持ちいいものだなあと…
A8は発売間もない2000年頃に使ってたんだけど
あのイヤーホックはやっぱり良く出来てて
落ちる心配もないしアリだなと

トゥルーワイヤレスのE8とはとても良い対比になっていて
解放的で明るいEarsetに対し
しっかり遮音して音に意識を向けられるE8という感じ



[#14]
SONYのWF1000XからB&OのEARSETに乗り換え
解像度、高音の暖かさ、低音の締まり、音場の広さ、中域の厚さ
など今まで聴いたBluetoothイヤホンの中で音質は一番好きかも
開放型の音ダダ漏れは愛嬌か






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.2、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:5時間、充電時間:約2時間、ドライバー:14.2mm径ダイナミック型、周波数特性:20Hz - 20kHz、インピーダンス:32Ω、重量:30g、という仕様。ネオジウムマグネット採用の14.2mmダイナミックドライバー、アルマイト加工したアルミニウムボディ、イヤホン部の角度・軸の高さやイヤーフック部の向きを調整できるアジャストメント機構、インラインリモコン/マイク搭載、Siri/Googleアシスタントサポート、などが特徴。カラーはグラファイトブラウン・ブラック・ホワイトの3色。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音から高音までキレイに鳴る&音場も広く開放的なサウンド、筐体は少し大きめだが装着感は従来と変わらず良好、再生時間の短さが唯一にして最大の欠点、といった内容。音質や装着感は高い評価を得ているようですが、このタイプで今時5時間しか持たないのは確かに短いので、そこを許容できるかがポイントの一つとなりそう。あと、Bluetoothイヤホンとして多機能というわけでもないのに結構な高額品ですから、”アイコニックデザイン”に惚れ込むくらい魅力を感じるなら・・・・でしょうか。「EARSET」は現在28,000円台の価格で販売されています。




B&O Play
売り上げランキング: 3426



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09