【スピーカー】ソニー 『SRS-XB31』 レビューチェック

SRS-XB31_01.jpg


2018年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB31」。
SRS-XB41」の下位モデルとなるポータブルBluetoothスピーカー。XB41よりもひと回り小さいサイズですが、IP67の防水/防塵設計やLEDライティング機能などの特徴は共通の内容。ちょっとチェックしてみます。

SRS-XB31 | アクティブスピーカー | ソニー
https://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB31/





Banner_01.png



SRS-XB31_02.jpg



SRS-XB31_03.jpg



SRS-XB31_04.jpg



SRS-XB31_05.jpg



SRS-XB31_06.jpg



SRS-XB31_07.jpg



SRS-XB31_08.jpg



SRS-XB31_09.jpg



SRS-XB31_10.jpg



SRS-XB31_11.jpg



SRS-XB31_12.jpg
(via it168/imp3)





Banner_06.png


[#1]
光って叩けるソニー重低音スピーカー「EXTRA BASS」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1118507.html



[#2]
SONYのSRS-XB21・31・41を試聴
それぞれJBLならFLIP、CHARGE、XTREMEに相当すると思うけど
XB21・31を買うならコスパを考慮してJBLの方が上かなぁ



[#3]
丁度アウトドア用にポータブル探しててXB31見て買いに行ったけど
色々聴き比べた結果低音と音圧が段違いすぎてXB41買ってしまった



[#4]
SRS-XB31ちょっと遅れたがやっと到着
重低音は感動的だわ



[#5]
思ってた以上に綺麗に光るなSRS-XB31



[#6]
SRS-XB31なかなか良いな
低音すごくてポータブルスピーカーなめてた



[#7]
ポータブルスピーカーのSRS-XB31
たかが15,000円のスピーカーと思ってたら音質の良さに驚く



[#8]
SRS-XB31、このサイズとは思えない迫力。音がペラくない。
光らせるとパリピっぽくなるのでイルミネーションはオフにしてる。



[#9]
SRS-XB31買っちゃった。XB41が本命だったけどランクダウン。
でもお手頃価格でサイズもコンパクト。旅のお供に連れて歩ける。
音質も概ね満足。室内で聴くには低音効きすぎなので調整必須かも。



[#10]
部屋で音鳴らすのにソニーSRS-XB31を買ってみた。音は申し分ない。
外に持ち出す時に使うポーチが付属してたら良かった。
あとウォークマンから色々設定出来れば尚良い。
基本スマホ使用をメインとしてるのは分かるけど。



[#11]
様々な色に光るエッジ部分がカッコいいのでSRS-XB31を衝動買いしました。
30Wの消費電力ゆえ音量を1上げるとうるさいのが少し煩わしいのですが
防水なので風呂用スピーカーとして重宝する点で買って良かったと思います。



[#12]
SRS-XB31
部屋とかお風呂を真っ暗にして使うと
筐体の輪郭のライトが曲に合わせてさまざまな色に変わって
ストロボがバシバシ光るのが壁に反射するし
重低音がすごく気持ち良くてちょっと異空間にいる感じになるから
最近した買い物の中で一番いいかも



[#13]
XB31
ライブサウンドが野外や車載にちょうど良いドンシャリ。
何でもそれなりに聞けるオールラウンダー

真正面で聞くとうるさいかもしれないけど
上下左右どちらへでも少しずらすと良い。

車載の場合はカーブなどで横滑りするので注意。
対策は思案中。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:LDAC/AAC/SBC、出力:30W(15W×2)、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、連続再生時間:約24時間、サイズ:幅231x奥行き81x高さ87mm、重量:約890g、という仕様。48mm径のフルレンジスピーカーユニットx2基+デュアルパッシブラジエーター搭載、IP67の防水/防塵設計&高耐久性のファブリックボディ、ラインライト・ストロボフラッシュが曲に合わせて光るLEDライティング機能、本体を叩く事で15種の効果音が出せるパーティーブースター機能、低音を強化するEXTRA BASSモード、フルデジタルアンプ・S-Master、圧縮音源を補間するDSEE、デジタル信号処理で高音質化を図るClearAudio+、端末を最大3台まで同時接続が可能なマルチデバイスコネクション、スピーカーを最大100台まで同時接続できるワイヤレスパーティーチェーン、NFC対応、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。XB41に比べて低音の迫力が劣るなどサイズ相応の差がある、比較抜きで見れば低音は効きすぎるレベルでサイズから考えられない迫力に驚く、どんな曲でもそれなりに聴けて室内も野外も問わないオールラウンダーな出来、LEDライティング機能は動的な光り方で面白い(邪魔なら消せる)、お風呂用スピーカーとしても良し、といった内容。発売当時の価格だとJBLの「JBL CHARGE3」(AA)よりコストパフォーマンスは劣るのではないかという声もありましたが、その発売当時から適度に値下がっているので今は同等くらいの印象。上位モデルと変わらずソニー独自の技術や機能も一通り備えていますし、サイズはむしろ小さい方がいいという人は下位のこちらを選ぶのも有りではないかと。「SRS-XB31」は現在14,000円台の価格で販売されています。




ソニー(SONY)
売り上げランキング: 111



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09