Audioengine、aptX HD対応のブックシェルフ型スピーカー『A5+ Wireless』

AudioEngine_A5__Wireless_01.jpg


海外で見かけたAudioengineのスピーカー「A5+ Wireles」。
主にアクティブスピーカーやパッシブスピーカーを手がけているメーカーの最新ブックシェルフ型モデル。注目すべき点はこの類でおそらく初となるaptX HDコーデックに対応したBluetooth接続機能を備えているところです。

A5+ Wireless Speakers — Audioengine
https://audioengineusa.com/shop/wirelessspeakers/a5-wireless-speakers/






AudioEngine_A5__Wireless_02.jpg



AudioEngine_A5__Wireless_03.jpg



AudioEngine_A5__Wireless_04.jpg



AudioEngine_A5__Wireless_05.jpg



AudioEngine_A5__Wireless_06.jpg



AudioEngine_A5__Wireless_07.jpg
(via on.cc/spill)

スピーカー:3/4インチツイーター+5インチウーファ、最大出力:150W、周波数特性:50 - 22,000Hz、入力端子:3.5mmステレオミニ/RCA、通信方式:Bluetooth 4.0、コーデック:aptX HD/aptX/AAC/SBC、サイズ:幅180x奥行き230x高さ27mm(右側の奥行きは200mm)、重量:7kg/4.4kg、という仕様。シルクツイーター+ケブラーウーファのスピーカーユニット、木製キャビネット採用、パワーアンプ内蔵、Bluetooth接続対応&Bluetoothアンテナ搭載、高音質コーデック・aptX HD対応、専用リモコン付属、Black Satin・Hi-Gloss White・Solid Natural Bambooのカラーラインナップ、などが特徴。北米での価格は499ドル(Bambooのみ569ドル)。・・・・日本では一切展開していないメーカーなので馴染みは薄くネームバリューもどれくらいなのかピンときませんが、現ラインナップに載っているBluetooth接続ありのブックシェルフ型モデルはどうやらすべてaptX HDコーデックに対応している模様。いずれもアンテナを外付けするほど手の込んだ作りですし、ワイヤレスでも良い音が期待できそう。この手のスピーカーも本格的なBluetoothが普及していくかもしれませんね。




Audioengine A5+
posted on 2018.08.02
Audioengine
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09