2018年7月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

Mouse-Keyboard1807_01.jpg


月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全てを取り上げるのは無理ですが、個人的に気になった新製品をざっとピックアップしてみます。今月はRazerのフラッグシップなメカニカルキーボード「Razer Huntsman Elite」が一応発売されていますが、RAZER STORE限定先行販売なので来月に回してのラインナップです。

2018年6月に発売されたマウス・キーボードを見てみる
http://watchmono.com/blog-entry-8722.html






Mouse-Keyboard1807_02.jpg


7/20に発売されたCOUGARの「MINOS X5」。
PixArt PMW3360センサー&D2FC-F-K(50M)マイクロスイッチ採用に、ポーリングレート:最大2000Hzも特徴としているゲーミングマウス。重量も90gを切っていて総合的に十分な内容。あとは8,000円弱という価格をどう見るかですね。

【マウス】COUGAR 『MINOS X5』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8124.html




COUGAR Minos X5 Gaming Mouse
posted on 2018.07.22
COUGAR
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1807_03.jpg


7/30に発売されたKingstonの「HyperX Pulsefire FPS Pro」。
同ブランの第一作目のゲーミングマウスをグレードアップした”Pro”モデル。PixArt PMW3389センサー採用とRGB LED搭載、それとロゴデザインとケーブルが若干変わっている内容。第一作目は既に古さが否めないスペックだったので、良きリニューアルです。

Kingston、強化された王道ゲーミングマウス『HyperX Pulsefire FPS Pro』
http://watchmono.com/blog-entry-8667.html




HyperX Pulsefire FPS Pro
posted on 2018.07.30
キングストンテクノロジー
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1807_04.jpg


7/19に発売されたROCCATの「Kone Pure Owl-Eye White」。
2017年に出たプロユースタイプのゲーミングマウス、そのカラーバリエーションモデル。スペックは何も変わっておらずトップカバーがホワイトになっただけですが、このカラーリングを好む人はそれなりにいそう。

ROCCATのゲーミングマウスの『Kone Pure 2017』のホワイトモデル
http://watchmono.com/blog-entry-8633.html




ROCCAT KONE PURE OWL-EYE White
posted on 2018.07.30
『OWL-EYE』搭載RGBゲーミングマウス
楽天ビック





Mouse-Keyboard1807_05.jpg


7/26に発売されたマイクロソフトの「Precision Mouse Black」。
同社の現ラインナップではハイエンドクラスでありフラッグシップであるBluetoothマウス、そのカラーバリエーションモデル。その名のとおり”Black”になっただけですが、”Surface”カラーよりかは万人向けと言えるでしょうか。

【マウス】マイクロソフト 『Precision Mouse Black』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8804.html




マイクロソフト
売り上げランキング: 612




Mouse-Keyboard1807_06.jpg


7月中旬に発売された上海問屋の「DN-915208 / DN-915207」。
1,300円を切る非常に手ごろなワイヤレスのエルゴノミクスマウス。この手の製品は安いモデルが結構存在しますが、こういう丸っこい形状はあまり見ないタイプ。そういえば結構前にマイクロソフトがこんな形のやつを出していたような。

静音仕様の無線式エルゴノミクスマウスが1,199円、上海問屋から - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1132393.html




上海問屋 DN-915207
posted on 2018.07.30
静音エルゴノミクスワイヤレスマウス
上海問屋





Mouse-Keyboard1807_07.jpg


7/20に発売されたThermaltakeの「TT Premium X1 RGB」。
Tt eSPORTSではなくTT Gamingという新設ブランドから登場したゲーミング・メカニカルキーボード。高級路線を狙ったようなコストをそれなりにかけているモデルで、Tt eSPORTSのメカニカルより若干高い価格設定になっています。

【キーボード】Thermaltake 『TT Premium X1 RGB』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8375.html




TT PREMIUM X1 RGB
posted on 2018.07.22
Thermaltake
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1807_08.jpg


7/5に発売されたロジクールの「G512-CK」。
2種類のRomer-Gキースイッチ採用を特徴としていたゲーミング・メカニカルキーボードに、あえてkailh青軸を採用してきた別バージョン。Romer-G一本でいきそうな流れだったので、この登場は良くも悪くも意表を突かれました。

【キーボード】ロジクール 『G512 (GX Blue)』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8700.html




ロジクール
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1807_09.jpg


7/20に発売された上海問屋の「DN-915446」。
kailh製のロープロスイッチを採用したMOTOSPEED製の薄型メカニカルキーボード。そこの製品をそっくりそのまま持ってきているので日本向けの仕様ではありませんが、中華系の薄型メカニカルも日本で容易く入手できるようになりました。

【キーボード】上海問屋 『DN-915446』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8780.html




Kailhショートスイッチ採用
上海問屋





Mouse-Keyboard1807_10.jpg


7月上旬に発売されたZOMOの「Kitty Paw White Pink Key Cap」。
日本ではVarmilo名義で出回っている肉球デザインのキーキャップ。1個4,000円近くもする高額品ですが、それでも結構売れているようで・・・・。ZOMOの立体的なキーキャップは他にも豊富に出ていますから、日本での取り扱いは今後増えるかもしれません。

【キーキャップ】ZOMO 『Kitty Paw White Pink Key Cap』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8757.html




CHERRY MXスイッチに対応
Varmilo(アミロ) × ZOMO(ゾモ)



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09