【イヤホン】HAVIT 『HAVIT G1』 レビューチェック

HAVIT_G1_01.jpg


2018年5月に発売されたHAVITのイヤホン「HAVIT G1」。
オンラインセールのみで展開しているHAVITの完全ワイヤレスイヤホン。ここ1年くらいで急激に増え続けている低価格帯の一つであり、日本ではなぜか他国よりも安く販売されていたりするモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

HAVIT G1 Series TWS True Wireless Earbuds - HAVIT Online
https://www.prohavit.com/products/g1-series-tws-true-wireless-earbuds/





Banner_01.png



HAVIT_G1_02.jpg



HAVIT_G1_03.jpg



HAVIT_G1_04.jpg



HAVIT_G1_05.jpg



HAVIT_G1_06.jpg



HAVIT_G1_07.jpg



HAVIT_G1_08.jpg
(via Amazon)





Banner_06.png


[#1]
俺自身がオーダーしたHavit G1ってヤツ
どっかで見たことあるケースなんだよなー、と思って調べたら
KickstarterにあったhGROOVだった

Havitのofficialによると
Hakii hGroovと協力して作った改善量産モデルってことらしい



[#2]
Havit G1届いた。長文レポ

まず外音取り込みについては
マニュアルにも全く記載がないのでおそらく誤記載
以下、親機はiphone6s(bt5関係ねーじゃん)

・フィット感
イヤーピースSML、イヤーフックSML付属
ステムが短いこともあって、付属のイヤーピースはどれも合わなかった
奥まで突っ込むんじゃなくて普段より大きめのイヤピで浅めに蓋する系
手元にT400(だったと思う)を短く切ったヤツがあったので入れてみたら低音得られた
SpinfitはCP100Zだけ手元にあったんで強引に装着するも、やっぱ奥まで入らないので
隙間あいて低音スカスカ。大きめのサイズかダブルフランジならいいのかも

・ペアリングと接続
電源入れる。スマホのbt設定で機種選択でペアリング。そんだけ。
一度ペアリングしちゃえば、ケースから取り出すと自動電源ON&自動接続
ロゴにLEDが仕込まれてて、接続等の動作中だけ点滅。接続後消灯。

・ケース
収納部はマグネットあり。蓋もマグネットで閉まる。
これケーブルひっかかって鞄の中で開いちゃうとか
ポケットの中でズレて開くとかあるかも
充電中はケースのロゴが点滅。フル充電されると消灯

・接続安定性
まだ室内使用だけなんだけど、期待できる安定感
尻ポケ余裕。
リビングの端にスマホ置いてキッチン行っても途切れず、壁挟む寝室でも問題なし
左右の安定性みようと、親機ぽい右ユニットとスマホをリビングの端に置き
左ユニットだけ装着した状態で離れてみたが
7mくらい離れてようやく寸断が起きた
逆に左ユニットを置いて右だけで離れても切れない。
まあこっちが親なら当たり前か

・音質
思ったよりいい。低音やや強めのドンシャリ傾向。
やたら盛ってる感じでもなく好印象
ローが強めのわりにこもる感じはあんまりなくて
ベースの輪郭わりと聞き取りやすい
他のTWS知らんけど左右ケーブルでつながったワイヤレスの同価格帯くらいというか
有線4~5千円くらいの感じの印象

今のとこの感想としては、無印リバでもいいんだけど
形とロゴがなあって人にはいいと思う



[#3]
追記
マニュアルは多言語対応だが日本語めちゃくちゃ
英語ページじゃないとわからんレベル
あとCP100Z付けた時に耳奥まで強引に押し込んだところ
低音めちゃ出てたので耳の形とイヤピの組み合わせによっては
低音モリモリになるのかも



[#4]
レポ続き
音量iPhoneの真ん中で聴き続けた結果、3時間50分くらいで落ちた
バッテリー警告等はなにもなし
ケースで10分くらい充電させたら表示上40%くらい回復
その後どれくらいもつのかまで試せてない

基本スマホ鞄でだったが駅構内うろついたりしても寸断ゼロ
ビックカメラ寄ってspinfit買ったんだけど、店内でも寸断せず
購入後装着のためにタリーズに入った時一瞬両耳切れてすぐ復帰
切れたのはこの時だけ。片側寸断もなし
ただ地方都市なので都内とかだとまた違うかも

買ったspinfitはcp240。ちょっと低音出過ぎ感あるかな。
(フラットから弱ドンシャリくらいが好みなので)
ダブルフランジ装着したままでもグニャっとさせればケース収納可能

音質傾向について
途中、試しに音量最大にしてみたら
むしろフラット~カマボコくらいに激変(耳のせいかも?)
音量戻してもそのまま。しばらく鳴らしてるとまた印象変わるかも
あと耳次第だろうけど6gって重さもあってちょっと耳痛くなった



[#5]
havit g1結構音ええで
BOSEの持ってるやつに聴かせたら、音質対して変わらん言うとった

安定してるし音もクリアだし8kのままだったとしても人に勧められる
でもamazonレビューで左右のリンクが途切れがちってのが出てるんで
環境によるのかも



[#6]
>>#5
ホワイトノイズはどれくらいか教えてくだされ



[#7]
>>#6
youtubeの無音動画だと
ピアノ音鳴ってる時はボリューム最大でわずかに聴こえる
無音ってとこでは一切出ない
普通に音楽聴いてる限りにはホワイトノイズ感じない



[#8]
長文すまんがHavit G1の俺が感じる若干イマイチな点を一応

ボタン操作
ボタンはクリック感あって誤操作はあんまりないが、ちょっと固い
hGroovの映像みたいに指先でタップとかは実際無理

曲操作
日常使いでは別に問題ないけど、長押しなのでランニング中にやりにくい
Siri呼び出しと逆ならよかった
ただ走ってる最中でもSiriがちゃんと聞き取ってくれるのでSiri使って曲操作してる
→ケーブル付きBTイヤホンだとラン中のSiriはたいてい聞き取ってくれない

装着性
情報なかったこともあって、イヤピやフックの選択含めて慣れるまで手間取った

汚れ
白はマットな質感が綺麗なんだけど、若干汚れがつきやすく目立ちやすい
酸素系洗剤つけて陽に当てとくといいらしいんだがちょっと怖くてやってない



[#9]
あと追加情報

havitに確認したところ、ケースもipx5相当の防水らしい
プールサイド持ち込みとかで水被っても安心なのはいい

通話時の音声は親機側だけ

片耳使用はわりと優秀
右だけ取り出せば普通に片耳使用できるのは前にどっかに書いたが、
左はG1-monoだかってのを一度ペアリングしておけば次以降左だけの片耳使用も可
これ、一度そのペアリングしちゃうと
両耳使用の際ケースから左→右の順で取り出すと
誤認識されそうでやってなかったんだが、別に問題なかった

遅延については、iPhone+Youtubeアプリ(補正かからない)では
トーク系なんかは注意して見ない限り気にならない
MVなんかはボーカルの口元は気にならないけど
楽器だとズレがわかる、みたいな感じ
俺ゲームやらないんで感覚わからんけど
音ゲーとかはつらいのかもしれない



[#10]
havit買った!TWSは初めてで
BluetoothイヤホンはSoundPEATSのQ15ってやつしか持ってなかったんだけど
音も遮音性も全然こっちのがいいね。てか思ったより全体的な作りが良くてびっくり。
本体は主張しないデザイン&いい感じのサイズ、作りも悪くない。
充電器も手のひらに収まるサイズで、磁石で気持ちよくカパッて入る。
2時間くらい外歩いてきたけど音飛びとか途切れは1回も無かったね。



[#11]
Havit G1 を電車通勤で使っている人いますか?
電車内での接続性はどうでしょうか。



[#12]
>>#11
地方の混雑電車では基本切れない
日によって稀に切れることもある、な感じ
都内の体密着する満員電車とはレベル違うと思うけども



[#13]
乗車率200%超える地下鉄路線でも切れてもすぐ復旧するで。
20分電車に揺られてるけど
そのうちベアリング切れる時間は2ー3秒程度やで。



[#14]
Havit G1をレビューした者として一応釘刺しておくけども
接続安定性について、同チップ使ってる他機種と比べて
格段に優れてるってことは多分ないと思うよ
遅延とか片耳使用の感じとかも
多分同チップのヤツならおそらく大差ないと思う

個人的に、G1のが優れてると思うのは
カナルぽくない軽い装着感でありつつ激しい運動でも落ちる気配が全然ない
サウンドチューニングの美味さ(特に低音部)
の2点だと思う

でもこれ、前者はComplyとか付けちゃえば台無しだし、後者は好みもある
だから小型で目立たないのがいいって人が
気にしながら使うこともないんじゃないかと

まあ、本体やケースの形状とかLEDの処理とか
全体的に真面目に作り込んでる感があるんで
なんとなく気に入ってんだけどさ



[#15]
havit低音は出てる気がするけど高音がかなり籠もってない…?
まあ値段が値段だから仕方ないけど



[#16]
>>#15
高域きれいだと思うけどな
むしろ装着うまくいかなくて低音出ないって人が
そのうち現れそうだと思ってたんだが

イヤピ別のに変えてたりする?
ステム径太いからComplyとか高域かなり乱すよ
色々試したけど付属のかほぼ同形状のSpiralDotをおすすめする



[#17]
>>393
そういえばイヤーピース別のに変えてたわ
付属のにして聞いてみる。サンクス



[#18]
havit g1到着!
6,000円には思えない作りだね
30分位聴いてみたけど確かに高音は籠もる感じがある
低音はいい感じかな
ランニング用だけど、朝の満員電車をクリア出来たら大満足だわ



[#19]
havitG1届いた
当然ではあるが有線と比べてVoはこもり気味なのと
キック等の低音は気持ち軽いかも

高音~中音は思ってたよりしっかり出てるし
軽めのインスト曲がよく合うね

BTイヤホンは音が酷いと聞いてたけど
この値段でこのレベルなら十分許容範囲
良い買い物をした



[#20]
HavitG1
来月のオーテクのつなぎにしようとしたけど、結構いいねこれ。
ただ、耳への装着がいい感じにならず模索中。
外側のはめ込むLサイズかMサイズなのだが
両方共うまくフィットせず隙間ができているようで
低音が聞きにくい時がある。
内側のイヤピはMサイズだがこれが合っていないんだろうか。



[#21]
>>#20
これ最初ほんと装着難しいよね
一般的なカナルみたいにイヤピを奥に突っ込もうとするとうまくいかないし
フックで耳に押し付けると、装着感悪くなって耳痛くなる
Complyはコイツに全然合わないのでお勧めしない



[#22]
znt airfitsとhavit G1で迷う
どっちがいいか後押ししてくれ



[#23]
>>#22
満足感が高いのは多分G1
目立たないのがいいならAirfits



[#24]
havitG1届いたけど着けるの慣れるのに時間かかりそう
色々試してる内に耳痛くなった



[#25]
>>#24
イヤピやフックより下部の膨らみで固定するつもりで装着するいいと思う
ぶっちゃけフックかけなくてもヘドバン可能なくらい安定する



[#26]
ウイングチップが固めだからしっかりサイズがあってないと痛くなるね
もしくは耳との相性が悪かったか...僕も長時間つけてると痛くなる
慣れるといいんだけどね



[#27]
ちょっと不自然に良いレスが多いG1だけど俺も買ってみた
結果前に買った同じ価格帯のイヤホンよりもかなり良かったわ



[#28]
G1届いたから軽く動作テストした。
他のイヤホンでもそうだが付属のピースでは密閉性が悪く低音がスカスカになる。
別に買ったウレタン系の大きめのイヤーピースに変えたら音良いなこれ。

他のTWSじゃイヤーピース変えたらケースに入らず充電もできない機種も多いが
G1は多少でかいイヤーピースでもケース格納できるところが
最大の利点じゃないかと思った。



[#29]
Havit G1だけど
イヤホン本体のローバッテリーの警告音がわかりにくい(わからん)
それと他のイヤホンもそうなんだろうけど充電ケースのバッテリー使い切ると
本体の電源がオンになって勝手にペアリングしてしまう
どのくらいバッテリーが持つかテストしてたから充電してなくて
電話がきたときにペアリングされてた事に気付かなくて
相手の声が聞こえなくて焦ったわ

あと充電ケースのバッテリー使い切ってると
イヤホン本体を収納しても電源がオフにならないんだね
給電されてるかで判定してるようだけど、もうひと工夫欲しい
いままで所持してたTWSイヤホンは長く使う事がなかったから
そこまで調べたりしてなくて気付かなかったわ



[#30]
>>#29
G1はケース自体の電池残量がさっぱり分からないのが難点だよね



[#31]
>>#30
今回は敢えてバッテリーを使い切った訳だけど
勝手に電源が入るとは考えてなかった
一応10%以下でわかるようにはなってるけど
充電1回分(20%くらい)でわかるようにしてほしかったかな



[#32]
G1にクリスタルチップスのイヤーピース付けたら低音モリモリ出てわろた
イヤーピースだけでこんだけ変わるもんなんですね
イヤーピース付けたままでちゃんと充電BOXにも入るし
でも、3個入りとはいえ本体の半額ほどしたけど…



[#33]
気になった事があってHavitとやり取りしてたんだけど、
分かったことがいくつかあるから追加報告するよ

現在販売してる物は初期版と改善版が混在しているらしい
本来の仕様だとイヤホン本体はバッテリー残量10%以下で5分間隔で提示音と点滅
充電ケースはバッテリー残量10%以下で速い点滅があるはずでした

初期版の現状は、イヤホン本体のバッテリーが尽きる数分前にポロンと1回だけ提示音
充電ケースはバッテリーが尽きる5分前くらいから速い点滅になります
気付いた頃にはバッテリー残量0の状態になってると思われる

改善版は、充電ケースのバッテリー残量が10%以下で
LEDの色がホワイトからオレンジに変わり速い点滅になるそうです
イヤホン本体も本来の仕様通りの働きになるそうです






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約3.5時間、スタンバイ時間:約80時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:5.8mmダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、インピーダンス:16Ω、感度:90±3dB、重量:6g、という仕様。人間工学に基づいたデザイン&イヤーフック装備、IPX5の防水設計、片方だけでの使用可能、ケースから取り出すだけで起動&接続する自動パワーON機能、最大5回分の充電可能な専用ケース、イヤーピース3セット・イヤーフック3セット付属、などが特徴。カラーはブラック・ブラック/レッド・ホワイトの3色。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ベースはKickstarterで出資を募っていたhGroovでそれを量産型に改善したものとのこと、音質は価格の割に良いが低音高音云々はイヤーピースや装着具合で結構違ってくる、接続の安定性は途切れる事も少ないし悪くないと言える、音の遅延はそれなりにある、片方だけでの使用は良好、専用ケースはバッテリーを使い切るとイヤホンが勝手に起動する難点がある、別途のイヤーピースに交換してもケースに収納できるのは何気に長所、初期ロット品からの改善版が存在しているようだが現状では混在していて購入側が選別するのは難しい、といった内容。

この「HAVIT G1」は現在5,999円の価格で販売中。公式サイトでは79.99ドルの価格になっており、各国の販売サイトを巡っても特に割引はされていないので、日本でだけなぜか安くなっている状況。10,000円を切る低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンはあくまで低価格帯の製品として見ればの評価になるでしょうし、これも割り切らないといけない部分はありそうですが、上記のとおり綿密に語られているのを見ると実用性は至極まともな印象。安いからといって侮ってはいけない感じでしょうか。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09