【イヤホン】オーディオテクニカ 『ATH-CKS1100X』 レビューチェック

ATH-CKS1100X_01.jpg


2018年5月に発売されたオーディオテクニカのイヤホン「ATH-CKS1100X」。
ATH-CKS1100」の後継機でSOLID BASSシリーズの現ラインナップでは最上位モデルとなるダイナミック型イヤホン。従来よりも小型化を謳っている反面ドライバーはシングル構成に変更されていますが、ちょっとチェックしてみます。

ATH-CKS1100X | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=3017





Banner_01.png



ATH-CKS1100X_02.jpg



ATH-CKS1100X_03.jpg



ATH-CKS1100X_04.jpg



ATH-CKS1100X_05.jpg



ATH-CKS1100X_06.jpg



ATH-CKS1100X_07.jpg



ATH-CKS1100X_08.jpg
(via twitter)





Banner_06.png


[#1]
オーテク、リケーブル対応の新世代SOLID BASSイヤフォン「ATH-CKS1100X」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1119164.html



[#2]
cks1100xどうなのかな・・・
前作はデュアルで、ある意味SOLID BASSぽくなくてよかった。
今回はシングルだし普通のSOLID BASSなのかな。



[#3]
cks1100からの乗り換えはあんまりいなそうだよな



[#4]
CKS1100X試聴してきたけど
CKSらしい低音ドゥルドゥル感あるのに中高音の雑な感じが薄れてて好印象
しかし俺の耳にはうまいことフィットしてくれそうになかった



[#5]
1100X試聴してみたけど耳に馴染んだ1100がSBシリーズにおいて
どれだけ異端児だったかを思い出させられたな
購入するかはまだ決めてないけど

Xは普通にドンドンシャリシャリだから
1100でコレジャナイ感あった人には良いんじゃない?
コンパクトで収まりも良いし

購入するなりして耳が慣れてくれば
また違った感想も出てくるのかも知れないけど
1100みたいな中高音の上品さは大分抜け落ちてる感じ
解像度自体に大きな違いは感じなかったかなあ



[#6]
つまり1100ユーザーが乗り換えるほどではないってことか



[#7]
>>#6
1100の後継機として1100Xを買うのは的外れだとは言えるな
飽くまでSBシリーズ新作として見るべき

個人的には装着感(シュア掛け含む)に関して1100Xは
SBとしては凄い良好だから1100好きだけどX買おうか迷ってる



[#8]
ATH-CKS1100X、前作より全然付けやすそう



[#9]
オーディオテクニカの新作CKS1100Xだけど
正直なところ前の1100の方が篭りが無くて音の広がりがいいし
音の分離感もいいと個人的に思った。



[#10]
ATH-CKS1100Xを聴いた
なかなかに好みのバランスだった
カナル型の最上位機種ATH-CKR100は
高音寄りでストライクゾーンが極端に狭いので
他社との比較ではむしろこちらの方がフラットで一般向けと言える



[#11]
ATH-CKS1100X
やはり前作CKS1100とは全く違う音作り。
どちらかというとCKS990に近く、こっちを正統進化させました的な印象。
アタックと量感が凄まじい割にちゃんと中高音も伸びてるのは流石。
たった数分の鳴らし込みで篭りが晴れてきたので
結構エージングで変化するかもしれない。



[#12]
ATH-CKS1100Xをスパイラルドットに付け替えて聴いてるけど
ドスドス鳴ってた低音が軽減されて聴きやすくなったし
高音は刺さらない良い塩梅で鳴ってるし
何より装着感が向上したのは大きなメリット






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:11mm径ダイナミック型、出力音圧レベル:106dB/mW、再生周波数帯域:5 - 40,000Hz、最大入力:100mW、インピーダンス:11Ω、重量:約9g、という仕様。新開発の11mm径SOLID BASS HDドライバー、ハイレゾ音源対応の高解像度再生、不要な共振を低減する切削無垢アルミニウムエンクロージャー、A2DCコネクタ採用のケーブル着脱式、L/Rch独立のスタッカード撚り線ケーブル、イヤーピース4セット・ケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。前作のCKS1100Xとは音も筐体もまったく別物なので後継機として扱わない方がいい、音はSOLID BASSシリーズらしいドンシャリ極まるサウンド、筐体はコンパクトになって収まりは良くなった、低音が強すぎると感じるなら特定のイヤピースに交換すれば抑えられていい感じに聴きやすくなる、SOLID BASS本来の音を求めていたのなら前作よりもこちらを選んだ方がいい、といった内容。

CKS1100の方はSOLID BASSシリーズを名乗らない方がいいくらい上品な音作りになっていると評されていたので、見方によってはようやく正統な最上位モデルが出たという印象。その前作を気に入っていた人が乗り換えるメリットは確かにないと思いますが、逆に気に入らなくて今まで避けていた人は見直すきっかけになるのではないかと。「ATH-CKS1100X」は現在21,000円台の価格で販売されています。




オーディオテクニカ(audio-technica)
売り上げランキング: 3154



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09