【ヘッドホン】final 『D8000』 レビューチェック

final_D8000_01.jpg


2017年11月に発売されたfinalのヘッドホン「D8000」。
新開発の技術・エアフィルムダンピングシステム(AFDS)搭載を特徴とした平面磁界型ヘッドホンで、従来の平面磁界型とは一線を画した新しいサウンドと謳っているハイエンドモデル。ちょっとチェックしてみます。

D8000 | final
http://snext-final.com/products/detail/D8000





Banner_01.png



final_D8000_02.jpg



final_D8000_03.jpg



final_D8000_04.jpg



final_D8000_05.jpg



final_D8000_06.jpg



final_D8000_07.jpg



final_D8000_08.jpg



final_D8000_09.jpg



final_D8000_10.jpg



final_D8000_11.jpg



final_D8000_12.jpg
(via schezade)





Banner_06.png


[#1]
空気の層の摩擦を活用したAFDS搭載の平面磁界型ヘッドフォン「D8000」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1086903.html


空気の層を使う、finalの新平面磁界型ヘッドフォンはどんな音?
“伝説のエンジニア”の助言で実現
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1087175.html



[#2]
手持ちのHE1000と渡り合えるくらいの出来なら買う
早く聴きたいぜ



[#3]
ヘッドホンスタンド良いね
ソノラスをスタンドに置くと
地面スレスレにケーブルくる感じだったから
改善される事を期待



[#4]
値段高いけどAUDZEやHIFIMANはこれぐらいか
もっと高い値段の平面型を出してるから
LCD-4やHE-1000より良い音質と特性なら
海外のハイエンド使用者から注目されるかもね



[#5]
D8000発送通知来た!
ショールームでガッツリ視聴して購入決めたから
イメージはちゃんとついてるけど自宅で聴くのは
また違うからね~ワクテカが止まらない!



[#6]
>>#5
ちなみにショールームでの感想を聞きたい



[#7]
>>#6
今メインのHD800Sとの比較なんだけど
D8000の方が気持ち低域の量感多めで制動効いた締まった音
平面駆動なのにダイナミック的な低音

サウンドステージは広いというか
遠い音は遠く近い音は近く鳴らし分けれる
HD800Sは広いけど割と全部一歩引いちゃう感じ

D8000はオンマイクのボーカルが超リアル
オフマイクで録ってるクラシックギターなんかは
部屋の広さが見えるような錯覚を覚えた

ショールームに比較機としてHD800Sとerher flow置いてあって
世間的に評価高いこの辺と比べても負けてない、むしろ勝ってる
ポイントの方が多いと思った。からその場で
購入決定してきました



[#8]
届いてある程度聞き込みできたのでインプレ。

やっぱりイイ。凄くイイ。
低域超タイトで量でごまかさないで質感で聴かせる。
ウッドベースの音程とか胴鳴りがハッキリ分かる。
クセとか味付け臭はないけど何とも有機的というか色気のある音。

手元にあったBELDEN 1804Aでリケーブル試してみたところ全然合わず。
付属ケーブルのクオリティけっこう高いというのと
ある程度線径あった方がマッチするんじゃないかと思う。

ヘッドフォン側プラグは段付き3.5mmがいけるんで
リケーブル難易度は低め。

自分の中ではHD800Sがここ最近のベストだったけど
D8000と比べると全体的に薄っぺらい感じがして
音像・距離感が人工的というかウソっぽく感じてしまう。



[#9]
低音の質感がいい他のヘッドホンっていうとUtopiaが思い浮かぶけど
それと比べてどうとかもしよかったら教えてくれませんか?



[#10]
>>#9
Utopiaは聴いたことないんだゴメン。
でも海外メーカーのハイエンドクラスと
真っ向勝負できるレベルだと思うよ。

値段は・・・ 納得感はありますよ
本体はもちろんケーブル、スタンドまで手抜かり無しで
所有欲満たしてくれます。



[#11]
D8000の出来が異次元だけど
唯一怖いのがD9000を出されることだな
まあ60万とかになって買える気はしないが



[#12]
もうちょいコンパクトで軽量だったら完璧すよD8000



[#13]
d8000を買うか、後継を待つか迷うなぁ
やっぱり重さがネックだわ
本当にそれだけが引っかかる部分なんだけど
あの低域を鳴らすには仕方ないんだろうか



[#14]
D8000聴いたら欲しくなってきたー
でも先立つものが…



[#15]
聴いてきたの3回目だけど
相変わらずD8000が突出して凄すぎたので本物だと思うわ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:平面磁界型、感度:98dB/mW、インピーダンス:60Ω、ケーブル長:1.5m/3m、重量:523g、という仕様。平面磁界型の繊細な高域とダイナミック型の量感と開放感のある低域を実現したエアフィルムダンピングシステム、アルミマグネシウム合金切削の筐体、新開発の開放型イヤーパッド、3.5mmミニプラグ・6.3mm標準プラグの着脱式ケーブル付属、新開発ヘッドホンスタンド付属、日本の自社工場生産、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。平面磁界型なのにダイナミック型みたいな低音かつ質感はかなり高い、音にクセや味付けはないのに色気はある、ボーカルは超リアルでギターは演奏の空間がわかるような感覚、SENNHEISERの「HD 800 S」(AA)を凌駕する出来、重量が唯一にして最大の欠点、ケーブルは付属品のもので十分、ケーブルやヘッドホンスタンドの付属品も含めて価格に納得できる作り、といった内容。

この「D8000」は現在388,000円の価格で販売中。普通の感覚だと価格的にとても手が出せないヘッドホンですが、個人的に上記のHD 800 Sでも相当なハイクオリティを一聴しただけで体感できたのに、それをはるかに凌ぐ出来になっているという評価を見ると一体どんな音なのかまったく想像つかないのが正直なところ。場所によっては頂点の域に達していると評する人もいましたし、試聴できる機会があるならしてみたいものです。




final
売り上げランキング: 17447



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09