【キーボード】ロジクール 『G512 (GX Blue)』 画像など

G512_GX_Blue_01.jpg


2018年7月に発売されるロジクールのキーボード「G512 (GX Blue)」。
2種類のRomer-Gキースイッチ採用を特徴としていたゲーミング・メカニカルキーボードに、まったく別物のキースイッチ”GX Blue”を採用したのがこのモデル。画像は海外向けの英語配列版ですが、ちょっと見てみます。

ロジクールG512メカニカル ゲーミング キーボード
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g512-mechanical-gaming-keyboard






G512_GX_Blue_02.jpg



G512_GX_Blue_03.jpg



G512_GX_Blue_04.jpg



G512_GX_Blue_05.jpg



G512_GX_Blue_06.jpg



G512_GX_Blue_07.jpg



G512_GX_Blue_08.jpg



G512_GX_Blue_09.jpg



G512_GX_Blue_10.jpg



G512_GX_Blue_11.jpg



G512_GX_Blue_12.jpg
(via weistang/it168)

キースイッチ:GX Blue、キー耐久性:7000万回、押下圧:45g、アクチュエーションポイント:1.9mm、キーストローク:4mm、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅455x奥行きx132x高さ35.5mm、重量:962g、という仕様。クリッキーな打鍵感のGX Blueキースイッチ採用、フルカラーのキーバックライト搭載、キーバックライトのカスタマイズやゲームのアクションと連動が可能なLIGHTSYNCテクノロジー対応、航空機グレードのアルミニウム合金製トップカバー、USBハブ搭載、オンボードメモリ内蔵、フルプログラマブル機能、26キーロールオーバー対応&アンチゴースト、などが特徴。

GX Blueキースイッチの正体は最新のkailh青軸で、特性は一般的な青軸と同等と見ていい模様。しかしロジクールが今になってkailhを採用してきたのは少々驚き。以前はRomer-Gを出した後にCherry MXを再び採用する時期もありましたが、種類を増やした事でRomer-G一本化の製品展開になるかと思いきや、また意外な方向でバリエーションを追加する形に・・・・。見方によってはRomer-Gの青軸タイプがまだ用意できなかったので、キー耐久性が同じ数値のkailh製で代用するという苦肉の策とも取れるでしょうか。「G512 (GX Blue)」は現在15,000円台の価格で予約受付中です。

<関連記事>
【キーボード】ロジクール 『G512』 レビューチェック

http://watchmono.com/blog-entry-8743.html




ロジクール
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09