FiiO、aptX/NFC対応の小型Bluetoothレシーバー『μBTR』

FiiO_uBTR_01.jpg


海外で見かけたFiiOのレシーバー「μBTR」。
BTR1」「RC-BT」などBluetoothの製品も注力するようになったFiiOが、お次は小型サイズでシンプルなBluetoothレシーバーをリリースした模様。aptX/AACコーデックやNFC対応を主な特徴としているモデルです。

FiiO μBTR
http://www.fiio.net/en/products/94






FiiO_uBTR_02.jpg



FiiO_uBTR_03.jpg



FiiO_uBTR_04.jpg



FiiO_uBTR_05.jpg



FiiO_uBTR_06.jpg



FiiO_uBTR_07.jpg



FiiO_uBTR_08.jpg


通信方式:Bluetooth 4.1、コーデック:aptX/AAC/SBC、バッテリー:内蔵(120mAh)、連続再生時間:9時間、インターフェイス:イヤホンジャック/USB Type-C、サイズ:55x19x9.1mm、重量:13g、という仕様。Qualcomm CSR8645のチップ搭載、TPA6132A2のヘッドホンアンプ搭載、NFC・マルチペアリング対応、ハンズフリー通話対応、レシーバー側のみでの音量調整可能、端末との接続を速やかに行うワンクリック接続機能、LEDインジケータ搭載、クリップ装備、などが特徴。中国での価格は138人民元(約2,300円)。・・・・全長わずか55mmの小型サイズかつ低価格なので音云々に関しては過度な期待をしない方がよさそうですが、むしろこのサイズでこれだけのものが備わっているなら十分すぎる印象。最近はBluetoothケーブルに押され気味とはいえ需要はまだまだあるでしょうし、手持ちのイヤホンを手軽に使えるBluetoothレシーバー派の人には朗報となる新製品かもしれません。




Fiio
売り上げランキング: 2800



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09