【ヘッドホン】ヤマハ 『HPH-W300』 レビューチェック

HPH-W300_01.jpg


2017年12月に発売されたヤマハのヘッドホン「HPH-W300」。
アコースティックチューニングにこだわって音を追求し、薄型デザインで自然な装着感も追求したと謳うBluetoothヘッドホン。無線でも有線と音質の違いが少ないと強調しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

HPH-W300 - ヤマハ – 日本
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/hph-w300/





Banner_01.png



HPH-W300_02.jpg



HPH-W300_03.jpg



HPH-W300_04.jpg



HPH-W300_05.jpg



HPH-W300_06.jpg



HPH-W300_07.jpg



HPH-W300_08.jpg



HPH-W300_09.jpg



HPH-W300_10.jpg



HPH-W300_11.jpg



HPH-W300_12.jpg
(via techbang/sina.com)





Banner_06.png


[#1]
ヤマハ、無線/有線で“音が同じ”にこだわったBluetoothヘッドフォン「HPH-W300」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1086264.html



[#2]
あんまり話題になってないけど、hph w300行こうかと
耳に優しい素直な音で試聴して気に入った



[#3]
w300買おうと思ってたけど
視聴したら側圧強すぎて音質云々どころじゃなくてやめたわ。



[#4]
>>#3
俺も試聴した時に少し側圧強いと思った
メーカー発表とか各社の紹介記事だと
側圧弱めで耳の負担が少ないって書いてあるのにね



[#5]
HPH-W300 買ったった
充電中なので有線で視聴している素人感想(普段はQ701)
ハウジングは耳に少し当たる。密着するので長時間は窮屈かも
音は近め、でもそれぞれの強弱がしっかりでるので音楽してます
ダンス系がなんか楽しい



[#6]
ヤマハのHPH-W300良かった。
3万でワイヤレスとしても使える。ワイヤーで聴きましたが
モニター系の音ながらも聴きやすく、低域も不足感は無し。
装着感、音漏れ、遮音性も大変良くて外で使うのに最適なタイプですね。



[#7]
ヘッドフォン比較中。
MDR-1RBTmk2は重低音重視でロック系が合う。
対してHPH-W300は中高音重視でボーカルや楽器の音が繊細。
同じハイレゾ対応でも性格真逆で、個人的にはHPH-W300が好き
昔からヤマハのアンプやスピーカー好きだから肌に合うんだね



[#8]
W300届いた
良いじゃんか、これ!
高域綺麗だけど柔らかくてキンキンしないし、低音だってちゃんと出てる
有線の音が気に入ったのでMDR1aとath M50x両方要らない気分になった
気に入ったので他社製だけど3mのカールコードを注文しちゃった
家では有線でW300使うわ



[#9]
w300少し側圧tuyomeだけど
パッドが良いのか長時間装着してても痛くはならなかった
パッドが馴染むと丁度良くなるんじゃないかな?
あと全体の造作が見た目より大きいね
オーテクのm50xあたりと変わらない。MDR1aよりデカイ。

YAMAHAのヘッドホン予想外に音良くてびっくりした
DAW用のモニターもMT8にしちゃおっかな?



[#10]
hph w300 小ネタ
USB給電しながらBT接続で音楽聴ける。これは割と便利
電池は大丈夫かなという心配はあるが、とりあえず熱くはなってない
当然のようにマルチポイント接続は出来ない






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.2、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約24時間、充電時間:約3時間、構造:密閉型、ドライバー:40mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 40,000Hz、インピーダンス:32Ω、出力音圧レベル:107dB/mW、重量:297g、という仕様。ハイレゾ音源対応(有線時)の40mmドライバーユニット搭載、左右の音質が同じになるよう設計されたデュアルチャンバー構造、ハウジングをフラットに折りたためるスイベル構造、タップ・スワイプで基本操作が可能なタッチセンサーコントロール、低反発クッション採用のトラック楕円型イヤーパッド、ファブリック素材採用のヘッドバンド、3.5mmステレオミニプラグケーブル・キャリングケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。モニターライクなサウンドで耳にキンキン響く事もなく聴きやすい、高域はキレイで低域も不足感なし、側圧は強めだがイヤーパッドが馴染んでくればちょうどいい感じになる、遮音性は良好で音漏れもしない、有線接続時はモニター用として十分に通用する、Bluetooth接続時でも充電しながら使用が可能、といった内容。同価格帯のBluetoothヘッドホンと比べて機能は必要最低限のものしか備わっていませんが、肝心の音はBluetoothらしからぬナチュラルサウンドが期待できそうな印象。有線接続時の音も好評を得ているようですし、家でも外でも使える1本を求めている人には良き候補になるのではないかと。「HPH-W300」は現在30,000円前後の価格で販売されています。




YAMAHA HPH-W300
posted on 2018.06.08
YAMAHA
売り上げランキング: 6908



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09