「たまゆらの日~ようこそ、あたたかな町へ~」に行ってきた -当日-

01


11/26にOVA第一巻が発売されるアニメ「たまゆら」。広島県竹原市が舞台となっている作品です。
10/10に竹原でのイベント「たまゆらの日~ようこそ、あたたかな町へ~」が開催されました。
一部のイベントは前日からやっていましたので、自分はその前日に行って見れるところを見ました。
お好み焼きや写真展などは昨日行ってます。なので、この10日は残るイベントを見る形になりました。

まずこの日はホテル大広苑に展示されていた等身大パネルを見ました。ぽってが思った以上に小さいです。

「たまゆらの日~ようこそ、あたたかな町へ~」に行ってきた -前日-
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-858.html






02


その後にイベント中心地域である町並み保存地区へ。開店前のお店に行列ができてました。
ここは「たまゆらシール付き竹原土産」を売っていた「竹楽」というお店。
竹楽店長推選の竹原土産にシール(メインキャラ4種類)が貼ってありました。
シールは自分が昨日買った「たまゆらのお酒」のケースに貼られていたものと同じでしたね。
先着100名には特典として、塙かおるバージョンのコースターがもらえました。






03


この竹楽の裏広場は、トーク&音楽イベントの立ち見参加整理券が配布された場所。
昨日の時点で徹夜組がいるなど、Twitterでも話題になっていましたけど
10時に配布の予定が7~8時という早い時間に変更されたようです。
整理券をもらえなかった人も結構いたようで、自分の想像してた以上に人が集まったみたいですね・・・・






04


続いて、たまゆらオリジナルのお好み焼きやデザートが食べれる「ほり川」へ。
自分は昨日食べたのでちょっと様子を覗くだけでしたけど、開店30分前くらいに大行列。
写真より先に曲がり角があるのですが、そこからさらに行列ができていました。
多分40~50人くらい?たまゆら目当てでもなさそうな人達も並んでましたw

ここでは先着100名に岡崎のりえバージョンのコースターが特典、ちなみに昨日ではもらえません。
14時あたりもまだ行列ができていたので、お昼時はお店がフル稼働でしたでしょうね。






05


「たまゆら写真展」が行われている旧笠井邸へ。
ここも行列ができていました。一般の観光客の方も並んでいましたね。自分は昨日行きました。
展示物は素晴らしいものでしたけど、これだけ人が多いとゆっくりじっくりとは見れないでしょうね。
この写真展は10/31まで行われています。






06


町並み保存地区の様子をちょっと見た後、「たまゆらフェリー」を見に港へ。
就航日が10/8とのことでしたので昨日でも見れましたが、天気も悪かったし10:50の便から
先着100名に4人バージョンのコースターがもらえたので、それに合わせて乗りました。
港は町並み保存地区から距離があるので、車など足がない人にはちょっとつらい位置でしたね。
それでも歩いて行ってる人いましたけど。






07


メインキャラ4人がサイド4箇所にラッピングのシンプルなデザイン。
これは関係者でもないと、間近で見ることはできませんでしたね。






08


自分のカメラで目一杯ズームして、こんな感じ。






09


船内でもせいぜいこのような角度でしか見れないですね。
遠くから見ると小さく見えるかもしれませんけど、実際近くで見ると結構大きいサイズです。






10


船内ロビーには前後にテレビが設置されていましたけど、その一つはずっとたまゆらのPVを流していました。






11


ポスターもあちこちに貼られて、中身までもがたまゆら仕様。
そして一日船長に選ばれた”チギブ”こと儀武ゆう子さんが船内アナウンスしていました。
往路では普通のチギブの声、復路は桜田麻音バージョンのアナウンスが流れました。








動画を編集する気力がなかったので、埋め込みサイズを変更。映像はスルーしてくださいw
往路は不意をつかれた感じで撮れなかったので、復路はできるだけちゃんと撮ろうと準備してたら
なんと桜田麻音バージョンでした。動画はテレビの音声も入っているので聞きづらいですけど
どんな感じのアナウンスだったのかはわかると思います。出だしがちょっと切れてましたね・・・
作品内の麻音は口笛がメインといってもいいので、まともにしゃべってるのは貴重かもw






12


航路を背景に、もらったコースターをパシャリと撮影。
大崎上島行きのフェリーですが、いつかサイクリングで行こうと思っていた所なので
意外な形で訪れることになりました。島に降りてはいませんけどw
フェリーを運営している会社・山陽商船のホームページを見ると
たまゆらフェリーはこの日だけでなく、しばらくはこの仕様でやりそうな感じですね。

山陽商船グループ
http://www.sanyo-shosen.jp/






13


港を後にして第1話と第2話の上映会が行われている「たけはら美術館」へ。
自分は家で何度も見ていますが、せっかくなので見てみることに。
これは地元の人向けに行われているような感じで、それっぽい人が多くいました。
定員170名くらいで、上映2回目に行きましたけど満員でした。

ちなみに映像はブルーレイ。席が後ろの方だったので見づらかったですけど
音の臨場感は家では味わえないものでしたので、見てよかったです。
広島の放送局・RCCもなぜかこの上映会の取材に来ていました。11日の地元番組でちょっとやるみたいですね。






14


上映会の受付でもらいましたが、このようなたまゆら仕様の観光MAPも配布されていました。
市役所のでっかい看板を見た時には、随分と市が全面に協力してるんだなぁと思いましたが
地元の人達を見るに結構歓迎ムードという感じでしたね。






15


作品内は竹原の色々な場所が出てくるので、イベントの日に舞台探訪を大がかりにやるのは無理。
トーク&音楽イベントまで時間があったので、町並み保存地区付近を巡ってみようと「普明閣」へ。
第2話の序盤に出てくる赤い建物の場所です。そういえば昨日の雨とは一転してよく晴れていました。






16


ぽってが超危険な体勢で撮影しようとしてた場所。
階段から落ちたりしたら、あんなかわいいSEじゃない音が響きそうですw






17


ここから眺める光景も気持ちいい。場所に関しては特に下調べもしてませんけど
実はこの光景、オープニングタイトルのバックになっていますね。近くにいた人の話で気づきました。






18


作品内で出てくるCafeたまゆらのモデルになっている「茶房ゆかり」。
自分は今回入っていませんけど、雰囲気のあるいいお店のようです。






19


オープニングに出てくる、だるまがいっぱいの神社。
アニメではだるまが大きく見えますけど、実際に並んでるものは小さいです。ねんどろいどぷちレベル。






20


回れるところは回った感じなので、残るはトーク&音楽イベント。
14時すぎには会場になる照蓮寺の前に人が集まっていました。
何百人いたかはわかりませんけど、相当な人数。立ち見の人達は整列がかかってましたけど
結局イベントが16時に開始だったので、整理券獲得のために早朝から動いてる事も考えると
かなり過酷な状況だったのではないかと。ちなみに指定席当選の倍率は10倍以上だったとのこと・・・






21


イベントは当然撮影禁止ですが、数時間前の準備中の時は撮っても問題なかったのでパシャリ。
会場は画像のとおり、指定席のイスのすぐ後ろに立ち見が並ぶというセッティングでした。
イベントの内容は相変わらずメモでもしないと憶えられない・・・しかしメモなんてしてる場合じゃない。
というわけでトーク&音楽イベントについては、他の方のレポートを参考にした方がいいと思います・・・

簡単にまとめると最初にチギブが出てきて、結局最初から最後まで司会進行役に徹底していました。
昨日の前夜祭もそうでしたが、ネットで聞くとおり声の仕事に関してはオールラウンダーですね。
一通り説明や注意事項の後に、あやち(竹達彩奈)、かなち(阿澄佳奈)、ゆかち(井口裕香)
そしてサトジュミチ(佐藤順一)監督の登場。監督は住職姿でしたw

この日は声優4人と監督は「一日○○」の役職に就任されていたとのこと。
あやちは一日市長、かなちは一日教育長、ゆかちは一日消防局長、チギブは一日船長、監督は一日住職w
その後は竹原のイメージや、担当したキャラについてなどのトークが盛りだくさん。
竹原のマスコットキャラを書くコーナーもあって、監督が大人気もなく本気で使えそうなキャラ書いていましたw
そのキャラを書いた色紙は、この後10/31まで行われている写真展に展示されるそうです。

トークイベントの後は音楽イベント。
まずはたまゆらの作中に使われる音楽を手がけた、中島ノブユキ氏のピアノ生演奏。
たまゆらで使われているBGMを数曲演奏しましたが、正直これが一番感動した。
たまゆらの雰囲気がすごく伝わってくる感じでした。
BGMを作者演奏で聴くという機会は、最初で最後かもしれませんね。ほんと良かった。

その後にEDを歌う中島愛さんが登場。中島ノブユキ氏の演奏による「メロディ」を歌いました。
これがなんとアコースティック(ピアノ)バージョン。まだたまゆらのEDでしか聴く機会がありませんから
フルバージョンを聴く前に、特別バージョンを聴くという貴重なライヴ。
まめぐも歌唱力がすごくて聴き入る感じでした。続いてたまゆらの第3話以降のEDになる「夏鳥 」も披露。
哀愁漂うバラード調の曲でした。ピアノのみの演奏でしたので、実際の曲はどんな感じかわかりませんけど
第3話以降に流れるEDも楽しみですね。

最後に全員が集合、挨拶して終わりという内容でした。ほんと楽しかった。
広島でこのようなイベントは二度とないだろうと思ってましたけど、皆がまたやりたいという感じでしたので
OVAの後に続編をやるような事があれば、また合わせてイベントが開催されるかもしれませんね。
関係者から続きをやりたいというようなコメントをちょくちょく聞きますので
まだ第2話までしか公開されていませんけど、OVAの先も期待したいところです。






tmyr


というわけで前日も含めて楽しい2日間でした。スタッフの方もイベントに参加された方もお疲れ様でした。
充実したイベントでしたので、終わった後は少し気が抜けちゃいそうですけど
たまゆらに関してはDVD・ブルーレイの発売に向けて、まだ色々やるみたいですし今後も目がはなせませんね。
とりあえず第3話の放送を期待して待つことにします。




たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)(2010-11-26)
売り上げランキング: 213
おすすめ度の平均: 5.0
5好きな人向けなので…
5ありきたりな「イマドキのゆる~い青春モノ」になるのか、それとも・・・?
4癒される~!
5やさしい気持ちに



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09