【イヤホン】AKG 『N5005』 レビューチェック

AKG_N5005_13.jpg


2018年3月に発売されたAKGのイヤホン「N5005」。
同社フラッグシップモデルの最上級サウンドを継承したと謳うダイナミック型x1基+バランスド・アーマチュアx4基搭載の5ドライバー・ハイブリッドイヤホン。豊富な機能性も大きな特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

N5005 | Bluetoothイヤホン | AKG by HARMAN
http://akg.harman-japan.co.jp/product.php?id=n5005





Banner_01.png



AKG_N5005_14.jpg



AKG_N5005_15.jpg



AKG_N5005_16.jpg



AKG_N5005_17.jpg



AKG_N5005_18.jpg



AKG_N5005_19.jpg



AKG_N5005_20.jpg



AKG_N5005_21.jpg



AKG_N5005_23.jpg



AKG_N5005_24.jpg



AKG_N5005_25.jpg
(via zol.com)





Banner_06.png


[#1]
5ドライバーユニット搭載4ウェイカナルイヤホン「N5005」新発売
https://www.harman-japan.co.jp/info/news/release/20180316_1/



[#2]
やっとK3003から買い換えられるのか
てかBTケーブルも付属とか新しいな



[#3]
N5005良かったよ。
高域のキラキラ感が凄いんで刺さる音なんだろうなー。
N40よりは低域の量は控えめ。
あと出力大きい方がいいね。



[#4]
軽く聴いてきた。駄耳だけど。
装着感はハウジングがでかいので慣れるまで違和感はあるかも。
(4BA+1Dという構成を見れば当然だがN40/30より明らかにでかい)

高音ははっきりと鋭い。
AKGの高音はシルキーで繊細に伸びるややウォームな高音
……といった評価をされがちに思うけど(※個人の感想です)
5005は徹底的にクリアでキレッキレに伸びる高音に感じた。
ちなみにリファレンスフィルタでこれなので
ハイブーストフィルタにしたらどうなっちゃうのって感じ。

イヤピがスカスカだったので低音はチェック不足。
ただハウジングをはめる角度によってはベースが聴こえたので
きちんと装着すれば必要充分かと。

ヴォーカルはやや遠く感じたので音場は広い方かと。
解像度は……ぶっちゃけ10万オーバーレベルのイヤホンなので
わざわざ語る必要は無いと思う。

ZX300(※アンバランス)のハイゲインでも
かなりボリュームを上げないと音量は取りにくかった。
スマホとかだと音量最大がデフォルトに近くなるかもね。



[#5]
N5005、高域の解像度は素晴らしいのだが
イヤーピースがどれもスカスカで、低音がまるで聴こえなかった



[#6]
N5005前回ポタ研で聴いた時には高域強め低域弱めに感じたけど
今回はリケーブルが可能だったから最初から2.5mmバランスで聴いたら
低域も程良く出てて前回聞いた時よりもかなりバランスよく感じたな
まぁそれでも高域キツめ傾向だけど自分は好きな感じだった



[#7]
N5005標準ケーブルは質が高いと言ってたけど
N40と違って無理に変える必要ないな
手持ちのレオニダスに変えても変化なし



[#8]
N5005も置いてあったから色々試させてもらったけど
フィルターでかなり変わるから高域強く感じる人は
バスブースト試してみるといいかも
低域も出るけど音が全体的に柔らかくなる
ミッドハイブーストは凄く鮮烈な感じの音になるけど
ちょっと聴き疲れするなあ



[#9]
ハイブーストは現物みるとフィルターというよりは
ただの防塵メッシュみたいなもんだったからなあ
N5005の素の音が出てると言えるかも



[#10]
N5005届いた。
音の話はしばし聞いてから、それ以外のききたいことがあればどうぞ
ちなみにN05BCはZenpad 3 8.0とつないだところ、aptXのロゴは出た。



[#11]
>>#10
BTユニットはマルチペアリングに対応してますか?
製造国はどこになってますか?



[#12]
>>#11
できないっぽい。
PCと接続→Andoroidタブレットと接続した後、
N05BCの電源断→タブレットのBTオフ→N05BCの電源入で
PCとは接続できなかった。

Made in China。外から2番目の箱の記載。
CN120-3.5はMade in Japan

地味な話だが手持ちのG&V2.5mmバランスケーブルの
MMCXがN5005にささらず使えなかった。



[#13]
>>#12
耳掛け部の湾局はワイヤー入り?
付属の2.5ミリバランスケーブルも同じ線材(ツイスト)で
事前画像見るとこっちも湾局してるみたいだけど
こっちもワイヤーとか入ってるのかな?



[#14]
>>#13
2.5mmと3.5mmは同じで、目で見る限りワイヤーは入っていないが湾曲してる。
湾曲しているMMCXコネクタから数㎝は表面にチューブ(?)が線材に密着してて
これで湾曲を作っているのではと思う。N05BCもワイヤーではないかな。



[#15]
ハイブーストやっぱ次元違うわ
付属のイヤピは全滅だったので
押し入れからK3003の箱出してきてAC3003-Mを装着
高音の抜けは付属のイヤピの方がいい気がするが
まあ耳に合わないので仕方ない

プレイヤー/ポタアンにもよるが
バランスにできるならバランスの方が断然いいと思う
空間がものすごく広い
K3003も音場の広さではイヤホンではトップクラスだが
それよりも広い

bluetoothも一応試したが、音質面では論外(笑)
需要ある人はいるかも知れないが俺は今後使わないと思う



[#16]
>>#15
音質云々の前に遅延が発生するんだよな
iPhoneX+YouTubeで映像と音が微妙に合ってなくてガッカリした
無線に関してはよっぽどBeatsXの方が優秀



[#17]
φ2.5mmバランス+ハイブーストで、K3003と比較した
「K3003は音が籠もって聴こえる」
というありえない感想を持った
恐ろしく高性能



[#18]
>>#17
リファレンスでも十分クリアだと思った
K3003の高域にNシリーズの低域を足した感じで最高
ハイブーストは刺さる刺さる



[#19]
N5005フィルター全部試して結局リファレンスに落ち着いた
ハイやミッドハイは俺の耳にはキツイ
しかし付属のイヤピが耳に合わないのかどれも低音出なくて困る
取り敢えずスパイラルドットにスペーサーで良い感じになった



[#20]
N5005これ、最大の考慮点はイヤーピースだな
同じイヤピでも差し込む深さやら
イヤホンの角度がちょっと変わるだけで音質が極端に変わる
どんなコンディションでもぴったり嵌まるイヤピ見つけないと
ケーブルとか拘っても徒労に終わりそう



[#21]
N5005聴いてみた
バランス+リファレンス+スピンフィットL

高音のきらびやかさでは、K3003に一歩譲るが、
その他音域、解像度、音場などはN5005の方が上と感じる
遮音性や音漏れは同じくらいかな

ケーブルの湾曲部が言うこと聞かないので
耳にフィットさせるのに苦労する
イヤピも付属のものがどれも許容範囲狭いので
こだわった方がいい



[#22]
今日一日N5005と外出してみたが
遮音性はK3003の方が高いね(まあ、K3003も低いけど)
やっぱ、音場広いと遮音性は低くなる
音漏れは、1m以上離れてれば聞こえない...と思う



[#23]
イヤーピース塞いでも割と筐体から音漏れるのねこれ



[#24]
N5005の展示機聴いてきた
エージングも進んでないだろうものを
10分程度アンバランスで聴いただけだが
なるほどこりゃすごいわ
幸い、展示のシリコンイヤピ(たぶんM?)でも俺にはフィットした



[#25]
いろいろ試して、トリプルコンフォートに落ち着いた。
遮音性は電車の中でも及第点。
人の声は通すけど通勤電車ならしゃべる人いないし
車内アナウンスが聞けてむしろちょうど良いかも。



[#26]
N5005土日でじっくり聴いてみたけど
中高域にフォーカスしたレスが多い感じだけど
これ何気に低域も凄くね
フィットしたイヤピなら締まりが利いてて
弾力のある低音が出るし解像度も高い
それでいて量も豊かでふくよかな雰囲気もある
Dドライバの素材何なんだろうなあ



[#27]
ハイブーストめちゃいいね!
イヤピさえフィットすれば低音もズンズンくるし!



[#28]
N5005ようやく試聴してきた。良かった。
良かったがK3003のようなインパクトは無かったなぁ。



[#29]
n5005自分にはミッドハイブーストがちょうど良かった
つか低音域凄くねーか



[#30]
予約してたN5005届いた。
ハイブリッド好きには最高のイヤホンだな。
耳に装着しにくくてイヤピを選ぶところと
3.5mmケーブルに音量調節付いてて無駄というところが残念ポイント。
高音かなり強いので、それが苦手な人にはキツいと思うかな。
なお自分の中ではK10UAを超えて所有では一番と感じてる。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:9.2mm径ダイナミック型+バランスド・アーマチュアx4、周波数特性:10Hz - 40kHz、インピーダンス:18Ω、感度:99dB/mW、重量:11.4g、という仕様。究極のサウンド体験を実現する5ドライバー・ハイブリッド構成、高級感のある光沢仕上げのセラミックボディ、サウンドカスタマイズが可能な4種類のメカニカル・チューニング・フィルター、MMCXコネクタ採用のケーブル着脱式、3.5mmリモコン/マイク搭載・2.5mmバランス接続用のケーブル付属(日本版はさらに純正アップグレードリケーブル・CN120-3.5も同梱)、純正Bluetoothケーブル付属(通信方式:Bluetooth 4.1、aptX/AACコーデック対応、連続再生時間:約8時間)、シリコンイヤーチップ4セット・スピンフィットイヤーチップ3セット・航空機用アダプタ・クリーニングツール・キャリングケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。従来のフラッグシップモデル「K3003」(AA)とは高いレベルで一長一短あって甲乙付けがたいサウンド、ハイブリッドイヤホンとしては最高クラスと評せる出来、4種のフィルターで音は大きく変わる、ケーブルはバランス接続で聴くのが断然良い、Bluetooth接続での音はあくまでBluetoothという感じ、遮音性はお世辞にも良くないし音漏れも多少ある、イヤーピース・ケーブルの交換は相性が結構シビアかもしれない、といった内容。K3003を超える出来と思えるかは人によるようですが、K3003に匹敵すると考えただけでも相当素晴らしい印象。加えて機能性も充実していて申し分ないですし、求めている条件にある程度合致するなら”完結”の存在になるかもしれませんね。「N5005」は現在90,000円台の価格で販売されています。




AKG N5005 イヤホン
posted on 2018.04.24
AKG
売り上げランキング: 2310



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09