SHANLING、さらに小型化&進化したBluetooth対応DAP『M0』

SHANLING_M0_01.jpg


海外で見かけたSHANLINGのプレイヤー「M0」。
コンパクトサイズでありながらDSD音源再生やBluetooth接続対応で注目を集めた「M1」よりも小型となるハイレゾプレイヤー。LDACコーデック対応などBluetoothの面では進化もしている新型モデルです。

M0便携音乐播放器
http://www.shanling.com/Product/Detail?id=f009f9f9c6304359a99bc7d0d51a7d46






SHANLING_M0_02.jpg



SHANLING_M0_03.jpg



SHANLING_M0_04.jpg



SHANLING_M0_05.jpg



SHANLING_M0_06.jpg


1.54インチのタッチパネルディスプレイ、ESS製のDACチップ・Sabre ES9218P採用、DSD音源対応、LDAC/aptXコーデック対応(通信方式:Bluetooth 4.1)、DACとして使う事ができるUSB DACモード、最大512GB対応のMicroSDスロット搭載、USB Type-C端子採用、連続再生時間:約15時間、サイズ:40x45x13.5mm、重量:38g、主な仕様・特徴は以上。M1よりも約38%の小型化を実現したと謳っており、実機を並べた状態を見ると確かに小さくなっている(厚さは0.7mm増加)。進化しているといっても一部だけでグレードダウンしている部分も当然ありそうですが、Bluetooth接続の内容と再生時間が長くなっているのは魅力的。中国にある直販ショップでの価格はM1よりも若干安い598人民元(約10,000円)。仮に日本で発売されるならM1の実売価格から考えてそこまで上乗せはされないと思いますし、小さくても実用十分なDAPを求めている人には期待の一品になるでしょうね。

<関連記事>
【DAP】SHANLING 『M0』 画像など

http://watchmono.com/blog-entry-8595.html




SHANLING
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09