Razerのゲーミングマウス『Razer Mamba HyperFlux』の分解画像

Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_01.jpg


海外で発売されているRazerのマウス「Razer Mamba HyperFlux」。
専用のマウスパッドと組み合わせる事でバッテリーフリーのワイヤレス接続と軽量ボディを実現したゲーミングマウス。中身が一体どうなっているのか気になっていましたが、分解を試みたレポートが早速あったので見てみます。

【マウス】Razer 『Razer Mamba HyperFlux + Razer Firefly HyperFlux』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8366.html






Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_02.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_03.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_04.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_05.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_06.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_07.jpg



Razer_Mamba_HyperFlux_Demolition_08.jpg
(via weistang/inwaishe)

分解の手順はソールを剥がしてそこにあるネジを外す、いつもどおりと言えるやり方。主要パーツは同社の上位クラスでおなじみのものが使われており、センサーはPMW3389DM-T3QU、マイクロスイッチはRazer Mechanical Mouse Switch(D2FC-F-K(50M)-RZ)。他の部分へ目を向けるとマウスでは見慣れないコンデンサが備わっており、どうやらそれはEDLC(電気二重層コンデンサ)の模様。また、基板より下層の部分にはこれまた見慣れないコイルがあり。電気云々に詳しくない自分でもその見慣れない部分を見れば、バッテリーを積まなくてもどのようにして動くのかなんとなくわかる。ちなみにこのモデルは有線接続対応なのでワイヤレスの機能を捨てる=上記のパーツを取り外せば90g以下にする事もできそうですが、さすがにそんな馬鹿げた事をやる人はいないでしょうね。ゲーミングマウスの軽量ブームが巻き起こっている昨今、ワイヤレスでこの重量を実現しているのは魅力的ですから、真似するところが今後出てくるのかも注目です。




Razer Mamba 2016
posted on 2018.03.13
Razer
売り上げランキング: 60



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09