2018年1月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

Mouse-Keyboard1801_01.jpg


月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全てを取り上げるのは無理ですが、個人的に気になった新製品をざっとピックアップしてみます。今月はかつて絶大な支持を得ていたレジェンドマウスの復刻版がついに日本でもリリース。その他も新型より復刻版・リニューアル版が注目を集めそうなラインナップです。

2017年12月に発売されたマウス・キーボードを見てみる
http://watchmono.com/blog-entry-8191.html






Mouse-Keyboard1801_02.jpg


1/26に発売されたマイクロソフトの「Classic Intellimouse」。
廃盤後も支持が厚すぎてクローン系も数多く輩出されたIntelliMouse Explorer 3.0の復刻版となる有線マウス。特に注目しているのは一般層よりゲーマー層ですが、Surface用の周辺機器として扱われているせいもあってか、そちらの用途に適しているわけではない模様。割り切りが必要のようです。

【マウス】マイクロソフト 『Classic Intellimouse』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7989.html




マイクロソフト
売り上げランキング: 21





Mouse-Keyboard1801_03.jpg


1月上旬に発売されたSteelSeriesの「Sensei Raw Optical Frost Blue」。
既にモデルチェンジされたSenseiシリーズの旧型、それも廉価版のRawをリニューアルしたゲーミングマウス。スペックはミドルクラス級だけれども新型の形状が合わないという人には、再びこの型を選べるようになったので歓迎すべき復刻版だと思う。ただ、日本の価格設定は高く、せめてRival 300Sくらいの実売価格にならないと割高感が否めないですね。

【マウス】SteelSeries 『Sensei Raw Optical Frost Blue』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8210.html




SteelSeries
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1801_04.jpg


1/26に発売されたBenQ ZOWIEの「EC1-B / EC2-B」。
2017年10月に出たEC-Aシリーズと同じIE 3.0クローンの形状、しかしこちらのセンサーは現在のトップグレードであるPixArt PMW3360を採用したゲーミングマウス。ZOWIEはメーカーのコンセプトを徹底して変えず、ユーザーのニーズに応えた製品を出し続けているところが好印象。路線を変えて迷走している某メーカーも見習ってほしいです。

EC1-B - Gaming Gears | BenQ Japan
http://www.benq.co.jp/product/gaminggears/ec1-b/




ベンキュージャパン
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1801_05.jpg


1月未明に発売されたSwiftpointの「Swiftpoint Z」。
操作性があまりにも特殊すぎて実機に触れないと把握できそうもない、そんな入力機能をいくつも備えたゲーミングマウス。日本での製品展開は最初クラウドファンディングでしたが、今月に入っていつの間にか市販されていました。

Swiftpoint、特殊な操作が色々できるゲーミングマウス『Swiftpoint Z』
http://watchmono.com/blog-entry-7842.html









Mouse-Keyboard1801_06.jpg


1/23に発売されたKingstonの「HyperX Alloy Elite RGB」。
LEDライトバーや専用メディアキーなど付加機能をところどころ備えたゲーミング・メカニカルキーボードのRGB仕様モデル。良く言えばこの類でポイントをしっかり押さえている内容、悪く言えば後発ゆえに目新しさがない一品。あと、発売直後というのもありますが価格的に強気なところはちょっと引っかかります。

【キーボード】Kingston 『HyperX Alloy Elite RGB』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8213.html




HyperX Alloy Elite RGB
posted on 2018.01.30
キングストンテクノロジー
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1801_07.jpg
(via AKIBA PC Hotline!)

1月中旬に発売されたGAMDIASの「HERMES P2」。
光学式/青軸系のキースイッチを採用しているフルサイズのゲーミング・メカニカルキーボード。実機を見て悪い意味で驚いたのは、英語配列を無理やり日本語配列にしたようなキーレイアウト。今時10,000円超の製品でこれをやっちゃいけないと思いますよ、安物ならまだしも。

Hermes P2 Optical Switch Mechanical Keyboard | 株式会社アイティーシー
http://www.itc-web.jp/product/hermes-p2-optical-switch-mechanical-keyboard




HERMES P2 JPN
posted on 2018.01.30
GAMDIAS
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1801_08.jpg


1月上旬に発売されたAUKEYの「KM-G9」。
比較的低価格の製品をオンラインセールで展開しているメーカーのメカニカルキーボード。既視感があるのでどこかの中華メカニカルをベースにしたと思われるテンキーレスモデル。最初から4,000円を切っている安さは魅力となりそうですが、逆に言えば安さしか魅力がない一品ですかね。

AUKEY | 青軸メカニカルキーボード
https://jp.aukey.com/products/87-key-mechanical-keyboard-km-g9




AUKEY
売り上げランキング: 118



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09