Razer 『Razer Tartarus V2』 レビュー ~ソフトウェア~

Tartarus_V2_Review_31.jpg


2017年12月に発売されたRazerのキーパッド「Razer Tartarus V2」。
Mecha-Membraneキースイッチ採用など新たな要素もあれば、スクロールホイール搭載という復活的な要素もあるゲーミングキーパッド。ソフトウェアは最新バージョンのRazer Synapse 3を使用しますが、今回はそのRazer Synapse 3について触れていきます。

Razer 『Razer Tartarus V2』 レビュー ~外観・構造~
http://watchmono.com/blog-entry-8176.html






Tartarus_V2_Review_32.jpg


まずやる事は公式サイトから実行ファイルをダウンロードしてインストールする。で、導入時に最初表示されるのは上のとおりで、特に何か難しい選択もなく順を追っていけば完了します。






Tartarus_V2_Review_34.jpg


インストール中にRazer Synapse 3の機能紹介が6ページほど表示される。「完全新規のユーザーエクスペリエンス」「いつでも、どこでもカスタマイズされたデバイス設定を利用可能」「新しく実装されたRAZER HYPERSHIFT 機能」「カスタマイズ性 無限大」「高度なマクロ機能」「新たに実装したRAZER CHROMA ライティング機能」・・・・そのまま引用すると以上のとおり。自分の場合ここでインストールが停滞する事があり、再度入れ直したらスムーズに進みました。






Tartarus_V2_Review_35.jpg


インストール完了。続いてやる事はRazer IDの登録もしくは作成。






Tartarus_V2_Review_36.jpg


サインインは旧バージョン=Synapse 2.0で使っていたアカウントがあるなら、それを引き続き利用する事が可能。ただ、アカウントは引き継げてもマクロは引き継げていなかったので、また新たに登録しなければならないと思います。






Tartarus_V2_Review_37.jpg


サインインを完了すると今度はSynapse 3の簡単な説明があり、それが終わればようやく設定画面に。






Tartarus_V2_Review_38.jpg


設定画面(SYNAPSE)。トップ画面のここで表示されるのは接続しているデバイスや導入しているモジュール、あとは公式サイトにアクセスする項目諸々。モジュールはライティング機能=Chromaやマクロ機能といった基本機能が該当しており、要は基本機能や追加機能が使えるって事ですかね。現段階では何とも言えない。






Tartarus_V2_Review_39.jpg


設定画面(キーパッド~カスタイマイズその1)。ここではTartarus V2だと本体の画像が表示され、設定したいキーのところでクリックすると設定項目が新たに左側へ表示される。






Tartarus_V2_Review_40.jpg


設定画面(キーパッド~カスタイマイズその2)。キーの設定項目はマウス・キーボード・ジョイスティックの各入力、マクロ、キーマップ・プロファイル・ライティングモードの切り替え、プログラム起動や基本的なショートカットなど随分と豊富な内容。ざっと見て少しいじれば直感的にカスタマイズできるようになるのではないかと。この中で旧バージョンにはなかった画期的な機能は”RAZER HYPERSHIFT”。割り当てたキーを押したままの時にだけ別のキーマップが起動する機能ですね。親指で押すどれかのキーに割り当てておけば、盤面にある19キー+ホイールの入力機能が実質2倍になるわけですから、使い方によっては可能性が広がります。






Tartarus_V2_Review_41.jpg


設定画面(キーパッド~ライティング)。ここはキーバックライトのオン/オフや輝度調整、それとCHROMAの項目でカスタマイズしたライティングモードを選択するところ。






Tartarus_V2_Review_42.jpg


設定画面(プロファイル)。ここはプロファイルを作成するところで、特定のゲームを登録しておけばその起動時にプロファイルが自動で切り替わるって事もできるのではないかと。自分は今のところいじる必要性がないのでここはスルー。






Tartarus_V2_Review_43.jpg


設定画面(CHROMA)。キーバックライトのカラーや発光パターンをカスタマイズするところ。初代Tartarusは発光パターンを選択できても1キーごとのカスタマイズはできなかったと思いますが、これはできるようになっている。縦一列だけ光らせたり発光パターンをバラバラにする事も可能。それゆえに設定の仕方がやや複雑になっていて、把握するまでに時間を要するかもしれない。でもメカニカルではなくメンブレンでこれほどカスタマイズできるようになったのか・・・・と感心する部分です。






Tartarus_V2_Review_44.jpg


設定画面(マクロ)。自分はもう複雑なマクロを必要とする使い方をしていないので完全に把握していませんが、できる事は大体できるんじゃないかなーとサッと触れてみただけでも思える内容。ここも設定の仕方がやや複雑なので慣れが必要かと。






Tartarus_V2_Review_45.jpg


基本設定。右上にある設定マークをクリックするとこの画面が表示されて、言語や起動の設定を行う事が可能。インストール時から日本語で表示されますし、確認の際に見るくらいですかね。






Tartarus_V2_Review_46.jpg


・・・・Tartarus V2を使いはじめてまだ1週間くらいですがRazer Synapse 3に対しての感想は、機能面で旧バージョンよりも可能性が広がっている、ただし気になる点もいくつかあって現時点では”BETA版”だという事も考慮しないといけないと思う。どこが気になるかと言えばソフトウェア類を利用する際はRazer Synapse 3だけでなくRazer Centralなるものも必要としていて、これらが意外にメモリの使用量が多い。あと、PCを立ち上げる時にその2つを要するせいか起動の時間が遅く、その後にそれらがTartarus V2を認識するまでも時間がかかっていて、ややストレスを感じる。もう一つ加えると旧バージョンではできたオフライン設定ができなくなり、常時オンライン接続が前提になっているっぽい。まだまだ発展途上という感が否めないですね。っていうかBETA版をリリースしてから結構経ちますし対応機も結構増えているのですから、正式版をいい加減出してほしいところです。

<続き>
Razer 『Razer Tartarus V2』 レビュー ~初代・Nostromoとの外観比較~

http://watchmono.com/blog-entry-8202.html




Razer Tartarus V2
posted on 2018.01.02
RAZER
売り上げランキング: 3



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09