2017年に気になったものをブログの中からチェックしてみる

watchmono2017_01.jpg


早いですね、もう年末で大晦日です。1年を振り返ってみるとおかげさまでこれといったトラブルもなく、ブログを毎日のように更新する事ができました。記事数を見れば1,000を軽く超えていますから、今年もよく書いたものだなと我ながら感心したり。・・・・というわけで例年どおりチェックした中から個人的に気になったものを各ジャンル別にピックアップしてみます。

2016年に気になったものをブログの中からチェックしてみる
http://watchmono.com/blog-entry-7103.html






watchmono2017_02.jpg


キーボードその1・・・・Vortexの「CORE」。
Pokerシリーズなどコンパクトサイズのメカニカルキーボードで名の知れたVortexが、40%レイアウトという(市販品では)史上最小クラスを出してきた時は正直驚きました。個人的に60%レイアウトがギリギリ使いこなせる実用ラインだと思っていたので、それからさらにキーを削ったこれは”域”を超えてしまっている。自作だとこれよりすごいものもあったりしますが、製品でこれを上回るものが出るのか、さすがにこれが下限となるのか、そのあたりも今後注目です。

【キーボード】Vortex 『CORE』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8017.html






watchmono2017_03.jpg


キーボードその2・・・・東プレの「REALFORCE R2」。
日本が誇る東プレの静電容量無接点方式キーボードが16年ぶりにリニューアル。この部門も以前より製品の展開が活発になってきているので、大御所と言えるメーカーもさすがに動いてきたのかなーと。現時点でまだ日本語配列版しか出ていませんから、海外で注目されるのは来年に持ち越しですね。

【キーボード】東プレ 『REALFORCE R2』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8077.html






watchmono2017_04.jpg


マウスその1・・・・マイクロソフトの「Classic Intellimouse」。
発売から今日まで層を問わず根強い支持を得ていた有線マウスのIntelliMouse Explorer 3.0、その復刻版が今年登場したのはこれまでの経緯を考えると大事件だったかもしれません。近年のマイクロソフトはSurface向けの製品ばかり出していましたが、まさかそのSurface向けでIE3.0の復刻版が出るとは・・・・。ちなみに日本では来年1月下旬に発売されると情報が出ています。

【マウス】マイクロソフト 『Classic Intellimouse』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7989.html






watchmono2017_05.jpg


マウスその2・・・・ロジクールの「G903」。
ワイヤレス・ゲーミングマウスでも地位を確立したロジクールが次に導入してきた新要素は、まだどこも実現していなかったワイヤレス充電システム。ワイヤレスの短所だったバッテリーの短さを気にせず済むわけですから、改めて考えると画期的の一言。今のところ対応機は限られていますが、ロジはゲーミングデバイスもワイヤレスをメインにしていきそうなので選択肢は増えていくでしょうね。

【マウス】ロジクール 『G903』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7737.html






watchmono2017_06.jpg


マウスパッド・・・・ロジクールの「POWERPLAY Wireless Charging System」。
上記のワイヤレス充電はこのゲーミングマウスパッド兼充電システムがあってこそ成り立つもの。パッド上に置いておけば充電されるので、これほど素晴らしい技術はない。・・・・でも価格的に敷居はかなり高く、しかし替わりとなるものが他にありませんから、何かしらの形で増やしてほしいところです。

【マウスパッド】ロジクール 『POWERPLAY Wireless Charging System』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7853.html






watchmono2017_07.jpg


トラックボール・・・・ロジクールの「MX ERGO」。
トップセラーでロングセラーのM570を出してから7年以上も動きがなかったロジクールが、ようやく新型のトラックボールを今年に入ってリリース。現在も10,000円を超えている高額品なのでM570ほど気軽に購入できませんが、またしばらくはこの部門でトップを張っていく存在でしょう。そしてこの新型が出たのはトラックボールの停滞を打破したエレコムが影響を与えたのではないかと思ったりもします。

【トラックボール】ロジクール 『MX ERGO』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8086.html






watchmono2017_08.jpg


キーパッド・・・・Razerの「Razer Tartarus V2」。
去年の終わりにMecha-Membraneキースイッチ採用のTartarusが出てくれれば大歓迎だと書いていましたが、ついに出てくれました。ただし名はTartarusでも実質はNostromoの後継機、それでも左手用デバイスの新型が登場したのは素直に嬉しい。従来に比べると気になる点がいくつかあるとはいえ、慣れればメインとして使っていけそうな感じ。あとはこれに続いてOrbweaverのV2も来年出る事を期待したいですね。

Razer 『Razer Tartarus V2』 レビュー
http://watchmono.com/blog-entry-8176.html






watchmono2017_09.jpg


液晶モニターその1・・・・サムスンの「C49HG90 (CHG90)」。
アスペクト比18:9のウルトラワイド液晶モニターをさらに超える、アスペクト比32:9のスーパーウルトラワイド液晶モニターがサムスンから登場。このタイプはインチアップくらいしか新たな動きはないだろうと思っていたので、よりロングサイズのものを投入してきたのは衝撃的でした。この正規品が日本で発売される事は今後もないと思いますが、他社も出すという情報が流れているので入手の機会はそちらでありそうです。

【モニター】サムスン 『C49HG90 (CHG90)』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7785.html






watchmono2017_10.jpg


液晶モニターその2・・・・BenQ ZOWIEの「XL2546」。
ゲーミングモニターはリフレッシュレート240Hz駆動を実現するなど進化しつつあり、機能面も様々なものが投入されつつある状況。その中でもZOWIEを傘下に収めて”復権”したBenQの製品を見ると、またこの部門でトップに君臨しそうな勢いが出てきたなと思ったりもします。完全一強だった時に比べてライバルは多数いますから、今後もハイペースで展開していくのではないかと。

【モニター】BenQ ZOWIE 『XL2546』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8080.html






watchmono2017_11.jpg


USBモニター・・・・ASUSの「ZenScreen MB16AC」。
スマートフォンやタブレットの普及でノートPCの存在価値が日増しに下がってきており、そのお供として使われるのがメインのUSBモニターもそろそろ過去の遺物に・・・・・。しかしASUSとAOCだけはまだ製品展開を続けていて、特にこのモデルは新要素をいくつも取り入れていて、ニッチでも手を抜く事なく進化したものを出す姿勢は好印象です。

【モニター】ASUS 『ZenScreen MB16AC』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7602.html






watchmono2017_12.jpg


モニターアーム・・・・DELLの「MDA17」。
液晶モニターを支えて動かす事もできれば十分なアイテムなので、良くも悪くも人気製品の立ち位置が揺るがないモニターアームですが、今年はデュアルディスプレイ用のクロスバータイプが出てきたので一応新たな動きはありました。該当機種はこれとErgotronの2つあって、どちらが良いかと言えば価格的にも手が出しやすいこちらですかね。

DELL、クロスバー採用のデュアルモニターアーム『MDA17』
http://watchmono.com/blog-entry-7664.html






watchmono2017_13.jpg


イヤホンその1・・・・AUDEZEの「LCDi4」。
今年もイヤホンを色々とチェックしましたが、その中でも発売時は300,000円を超えていたこの平面駆動方式モデルをピックアップ。自分の耳に合わせてオーダーするカスタムIEMではなく市販品で300,000円超ですから、一体どんな音がするのやら・・・・。でも専門的な場所に行かないと試聴できないものですし、進化を発揮させるには相応の環境が必要でしょうし、自分には未知の領域ですね。

【イヤホン】AUDEZE 『LCDi4』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7924.html






watchmono2017_14.jpg


ヘッドホン・・・・SENNHEISERの「HD 599」。
通称”プリン”の名で親しまれていたヘッドホンの後継モデル。発売したのは去年の2016年11月でしたが、今年チェックしたり試聴したりの中で自分の身に合っていたのはこれかなーと。シリーズの上位機を聴いてみてこりゃすげーと思いつつも高すぎて手が出ませんから、このあたりが色々な面で妥当かなと。

【ヘッドホン】SENNHEISER 『HD 599』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7152.html






watchmono2017_15.jpg


Bluetoothイヤホンその1・・・・ソニーの「WF-1000X」。
この部門で今年急激に普及したのは完全ワイヤレスのタイプ。大手メーカーも続々参戦してきたり中華の安物が乱発したり、振り返ってみると異常とも言えそうな賑わいでしたが、その中で注目機を一つ挙げるとすればソニーのNC搭載モデルでしょうか。肝心の性能が案外な評価だったとはいえ完全ワイヤレスにNC機能を搭載してきたのはなかなか斬新でした。

【イヤホン】ソニー 『WF-1000X』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8104.html






watchmono2017_16.jpg


Bluetoothイヤホンその2・・・・ソニーの「WI-1000X」。
完全ワイヤレスほどではないけれども今年も着実に進化を見せていたネックバンドタイプで一つピックアップするなら、ソニーの全部入りモデル。真っ当なNC機能を搭載していたりコーデックはLDAC/aptX HDに対応していたり、本当に全部入りの内容。機能性も重視するなら筐体に余裕があるネックバンドタイプの方がいいでしょうね。

【イヤホン】ソニー 『WI-1000X』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8044.html






watchmono2017_17.jpg


Bluetoothヘッドホンその1・・・・ソニーの「WH-1000XM2」。
今年も様々な機種が登場したBluetoothヘッドホンで、音質を重視するなら他のモデルに軍配が上がるかもしれませんが、総合的な内容で勝負するならソニーの第二世代モデルがやはり一番ではなかったかと。自分も発売前にソニーショップへ出向いて同時期の新製品を一通り聴いて、一番いいと思ったのはこれでした。

【ヘッドホン】ソニー 『WH-1000XM2』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8053.html






watchmono2017_18.jpg


Bluetoothヘッドホンその2・・・・B&O PLAYの「BeoPlay H9」。
上記に次いでピックアップするなら様々な面でトップクラスと言えるB&O PLAYの最上位モデルですかね。競合機と比べて部分的に劣るところはありそうですが、音はもちろんとしてデザインも際立っている一品。高いだけあります。

【ヘッドホン】B&O PLAY 『BeoPlay H9』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7215.html






watchmono2017_19.jpg


スピーカー・・・・FOSTEXの「PM0.4c」。
TV用のスピーカーはあれこれチェックしていましたが、PC用のスピーカーで挙げるなら自分が購入したこれくらい。そういえばレビューの続きを書いていない・・・・タイミングができればまたやります。とりあえず今言える事はPC用としてなら使い勝手も悪くない、価格に見合ったモニターライクなスピーカーです。

FOSTEX 『PM0.4c』 レビュー
http://watchmono.com/blog-entry-7441.html






watchmono2017_20.jpg


Bluetoothスピーカー・・・・JBLの「JBL PULSE 3」。
ボトル型orボックス型のポータブルタイプは防水性とLED搭載が今年のトレンドでしたが、その2つを両立していたのはPULSEの第三世代モデル。防水性能は現状の最高クラスでLEDの発光具合は他がかすんで見えるほど鮮やか。発売直後に展示品を見る機会があって、イルミネーションがあまりにユニークでしばらくその場で笑っていました。

【スピーカー】JBL 『JBL PULSE 3』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7794.html






watchmono2017_21.jpg


サウンドカード・・・・クリエイティブの「Sound BlasterX AE-5」。
新製品が出そうで出なかったサウンドカードで今年唯一と言える存在がこのモデル。ゲーマー向けらしい作りになっていますが、音楽再生でも十分に良かったと好評を得ていたもの。過去の製品から考えるとクリエイティブはクラス展開していますから、今後この上位機を出す可能性に期待したいところです。

【サウンドカード】クリエイティブ 『Sound BlasterX AE-5』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7897.html






watchmono2017_22.jpg


PCメモリ・・・・Corsairの「VENGEANCE RGB」。
PCパーツの光りモノ化が進行しつつある昨今、メモリもRGBで光るタイプが今年一気に登場しましたが、その中で一つ挙げるとすればメモリ自体の評価も高いCorsairの製品ですかね。メモリも電源も光るようになって残るは・・・・SSDくらいでしょうか(もしかしてもうある?)。

【メモリ】Corsair 『VENGEANCE RGB』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7449.html






watchmono2017_23.jpg


PCケース・・・・Phanteksの「Evolv Shift X」。
ここ1年でPCケースは強化ガラスパネルやフラットデザインが増えてきましたが、どこもかしこも採用してきているので外観の面で差別化を図るなら変形タイプにするしかない状況。それに該当するもので印象的だったのはこのスリム&ロングタワーモデル。デスクの上にも下にも置けそうにない縦長サイズ、でもそこに魅かれます。

【PCケース】Phanteks 『Evolv Shift X』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-8154.html






watchmono2017_24.jpg


スマートフォン・・・・Xiaomiの「Mi MIX 2」。
スマホを取り上げるとしても中華や海外の製品に偏っていましたが、3辺フレームレスデザインで注目されたMi MIXの第二世代モデルは一番魅力的でした。ベゼルは太めになったけれどもスペックは申し分ない内容で、通信的にグローバル仕様なところも良し。今から買うなら価格に差があっても初代よりこちらですね。

【スマートフォン】Xiaomi 『Mi MIX 2』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8062.html






watchmono2017_25.jpg


タブレット・・・・Amazonの「Kindle Oasis (2017)」。
スマホに比べるとタブレットはあまり取り上げておらず、その中でピックアップするとしても正確には電子書籍リーダーとなるこれくらい。完全防水で実用性はシリーズ一番との評価でしたし、読書好きなら1台持っておきたくなる端末でしょう。

【端末】Amazon 『Kindle Oasis (2017)』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-8056.html






watchmono2017_26.jpg


テレビ・・・・ソニーの「BRAVIA X9000E」。
4K HDR対応やら新しい映像エンジン搭載やらこの部門も技術や機能が進化しつつあって、上を見るとキリがないくらい魅力的な新製品が次々に出ていましたが、自分にはこれで十分だと思ったのはこのミドルレンジのモデルでしょうか。それにしても最近のテレビは本当にスリムでスタイリッシュですね。

【テレビ】ソニー 『BRAVIA X9000E』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7948.html






watchmono2017_27.jpg


OAチェアその1・・・・ハーマンミラーの「アーロンチェア リマスタード」。
長らく定番の存在となっていた高級オフィスチェアのアーロンがついにリニューアル。旧型でも高額の部類だったのにそれよりも高い設定でなかなか手が出せないものですが、10年は持つと評されていたアーロンの新型ですから自分が次に買うとすれば間違いなく候補の一つです。

【チェア】ハーマンミラー 『アーロンチェア リマスタード』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7792.html






watchmono2017_28.jpg


OAチェアその2・・・・オカムラの「Contessa Ⅱ (コンテッサ セコンダ)」。
上に同じく高級オフィスチェアの代表格となるコンテッサのリニューアル版も今年に入ってリリース。初代はところどころマイナーチェンジされていたようなので劇的に変わったわけではないようですが、今から新調するならアーロンとこれのどちらかにしたいですね。

【チェア】オカムラ 『Contessa Ⅱ (コンテッサ セコンダ)』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-7972.html






watchmono2017_29.jpg


アニメ・・・・10~12月に放送されていた「ブレンド・S」。
今年もアニメは結構な本数を見ていましたが、このブログで取り上げる事は実在する機器が何かが作中に出てきた時くらい。その中で印象的だったのはブレンド・SでロジクールのG13を使っていたシーン。今となってはゲーム用としてより作業用としての方が需要ありそうなデバイス、それを同人の作業で使っていたのはなんというか説得力がありましたし、手捌きの描かれ方も素晴らしかったです。ちなみに今年一番好きなアニメはうらら迷路帖です。

TVアニメ『ブレンド・S』で、美雨が使っていたキーパッド
http://watchmono.com/blog-entry-8006.html






watchmono2017_30.jpg


自転車・・・・Northwaveの「SONIC 2 PLUS」。
今年もロードバイクをちょくちょく乗ったりロードレースもちょくちょく見ていましたが、記事はサイクルシューズのちょっとしたレビューしか書いていませんでした。自転車用品も安くないですから必要十分なものが揃えばそれで満足しちゃってますね。このシューズは軽くて涼しくて夏場は本当に快適でした。

Northwaveのサイクルシューズ『SONIC 2 PLUS (2017)』を買ってみた
http://watchmono.com/blog-entry-7502.html






watchmono2017_31.jpg


・・・・今年も「ヲチモノ」をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。毎年この場を借りて同じ事を言っておりますが、このブログは多くの人の情報を参考にして成り立っています、感謝の一言です。2017年は今までで一番と言っていいほど安定していて、記事一覧を見ると1日も欠かさず更新していました。我ながらよくやったもんだなと。ただ、年が明けて台湾へ数日行く予定ですので、その連続更新は早くも切れる事を先に言っておきます。

さておき、締めはいつもどおりこの時点でパッと頭に思い浮かぶ今後の注目品を挙げると、上記で触れた左手用デバイスの新製品=OrbweaverのV2、同じく上記で触れたワイヤレス・ゲーミングマウスの新製品というかワイヤレス充電システム関連の新製品、その2つでしょうか。あと、4辺フレームレスの液晶モニターはそれなりに存在するけれども、機能面でもっと充実しているモデルが増えてほしいと期待しています。それでは良いお年を。




Amanita Design
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09