LEOPOLDのメカニカルキーボード『FC660M』のイエローモデル

FC660M_Yellow_01.jpg


海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC660M」。
FC660C」のメカニカル版とも言える存在で、日本では「ProgresTouch RETRO TINY」が代替品となるであろうメカニカルキーボード。カラーバリエーション展開は今までいくつか行っていたようですが、奇抜なイエローモデルを最近になって出したようです。

LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』
http://watchmono.com/blog-entry-2969.html






FC660M_Yellow_02.jpg



FC660M_Yellow_03.jpg



FC660M_Yellow_04.jpg



FC660M_Yellow_05.jpg



FC660M_Yellow_06.jpg



FC660M_Yellow_07.jpg



FC660M_Yellow_08.jpg
(via zol.com)

フレームのカラー以外は特に変わっていないようで、66キーの70%レイアウト、Cherry MXキースイッチ採用、1.5mm厚のPBT製キーキャップ採用、サイズ:幅325x奥行き109x高さ24mm、重量:700g、主な仕様・特徴は以上。既に出回っている地域では価格も通常モデルと同じ設定。レーシングイエローと言えるカラーリングはメカニカルキーボードだとありそうで意外に存在せず、セミオーダーで人気を博しているFILCOのキーボード工房でも取り扱っていない珍しいタイプ。人を選びそうな色ではありますが見た目のインパクトは絶大で、レイアウトが特殊でも質実剛健なFC660系がこうも違って見えるんだなーと少々驚き。あと、LEOPOLDは少し前まで堅実なメーカーというイメージでしたから、最近ちょくちょくと見かけるカラーバリエーションモデルは新たな展開を感じさせます。




LEOPOLD FC660C/EW
posted with あまなつ on 2017.12.05
LEOPOLD
売り上げランキング: 794



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09