【ヘッドホン】オーディオテクニカ 『ATH-MSR7SE』 レビューチェック

ATH-MSR7SE_01.jpg


2017年10月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホン「ATH-MSR7SE」。
ロングセラーとなっているハイレゾ対応ヘッドホン「ATH-MSR7」を特別仕様にした限定モデル。新たな振動板と特別チューニングによる音質の向上、加えて付属品の充実ぶりを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

ATH-MSR7SE | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2965





Banner_01.png



ATH-MSR7SE_02.jpg



ATH-MSR7SE_03.jpg



ATH-MSR7SE_04.jpg



ATH-MSR7SE_05.jpg



ATH-MSR7SE_06.jpg



ATH-MSR7SE_07.jpg



ATH-MSR7SE_08.jpg



ATH-MSR7SE_09.jpg



ATH-MSR7SE_10.jpg






Banner_06.png


[#1]
オーテクの定番ハイレゾヘッドフォンに特別モデル「ATH-MSR7SE」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1083914.html



[#2]
新型の予約が始まったな、SR7SEは特攻する予定だわ
ポータブル用の密閉クール系が欲しかったとこ



[#3]
MSR7は変にブーミーな低音とか出さないし
ボーカルもクリアでバランスよくて
ポタ環境で音量も取りやすいから好印象だったな。
SEもかなり期待。



[#4]
MSR7SEってMSR7と何か違うの? 
色あおいのとなんかケーブル一本多く付いてる
ことぐらいしか分からないんだけど



[#5]
>>#4
なんか中身の何かが違うらしいよ



[#6]
振動板が違うらしいね



[#7]
MSR7SEが出てもMSR7も併売するよね?



[#8]
>>#7
MSR7SEは、限定品なので
MSR7より先に生産完了するかもしれん。



[#9]
MSR7SEのDLCコーティングが
どれ程の威力か気になるなぁ。



[#10]
MSR7SE試聴したけど、あまり鳴らされていないのか
隣に有ったMSR7のほうが良かったよ。
MSR7より解像度が高そうなことは分かった。



[#11]
MSR7SE、箱に金かけてる感ある
6N-OFC線は底面小箱に書類と同梱
標準品に似てるけど被膜が黒いのと
プラグ付近ゴムスリーブのスリットが特徴

音はなんというかWシリーズに近く
そこから低音あっさりさせたような
私の耳を通すとそんなイメージ

高域はしっかり出て解像度も高く音の分離も良いけど
繊細で刺さらないMSR7の音なのでSR9と違って疲れない
適当な携帯メディアに繋いで手軽に聴くのが
ポータブルとしては本来の姿なんだろうけど
コンパクトな複合機とかに繋いでじっくり聴きたくもある

新製品でちょっと舞い上がってるかも
まだサラッとしか聴いてないけど
兎に角音はとても満足してるし
見た目や専用ケースの使い勝手も含めて気に入った



[#12]
MSR7視聴してきたけどハッキリクッキリかつマイルドで良かった
SEの方な



[#13]
近所のヤマダにmsr7se売ってたんだけど
msr7との音の違いってどんな感じ?
視聴できないからだいたいの傾向が分かれば買いた



[#14]
>>#13
ノーマルと音の傾向は同じでワンランクアップした感じ?
高品位のケーブルが付属してるのでこれに替えると
迫力がもう1段階上がったように感じました
MSR7の音が好きなら買いだと思います
売り切れも出始めてるようなので決断はお早めに~






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
型式:密閉ダイナミック型、ドライバー:45mm径、出力音圧レベル:100dB/mW、再生周波数帯域:5 - 40,000Hz、最大入力:2,000mW、インピーダンス:35Ω、重量:約290g、という仕様。"トゥルー・モーション" ハイレゾドライバー搭載、独自技術のデュアルレイヤー・エアコントロールテクノロジー、特殊素材イヤーパッド採用、3m/1.2m/リモコン/マイク搭載のケーブル付属、といった点は従来と変わらず。SEモデル独自の特徴は、深い群青と艶やかな金色のカラーリング、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティング振動板の採用&特別チューニングによる音質の向上、高純度銅線(6N-OFC)ケーブル・セミハードケース・ケーブル収納用ポーチ付属、など。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は通常モデルをワンランクアップさせたような感じ、高域はしっかり出ていて解像度は高くて音の分離も良い、かつ刺さるような音ではないので聴き疲れしない、高純度銅線(6N-OFC)ケーブルでの音質向上は十分に体感できる、本体の見栄えや付属品も満足、MSR7の音が好きなら買い替えor買い足しても損はない、といった内容。限定生産となっているので通常モデルみたいな値下げは期待できないでしょうし(その前に売切れそう)、価格帯はシリーズ上位機の「ATH-SR9」(AA)に届きそうな範囲ですが、従来から進化は間違いなくしている印象ですね。「ATH-MSR7SE」は現在37,000円台で販売されています。




audio-technica ATH-MSR7SE
posted on 2017.11.12
比類なき解像力を秘めた特別仕様限定モデル
キムラヤ楽天市場店



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09