Rapoo、独自キースイッチ採用の薄型メカニカルキーボード『MT500』

Rapoo_MT500_01.jpg


海外で見かけたRapooのキーボード「MT500」。
V500S」などメカニカルキーボードも何気に多数リリースしているRapooの新たなテンキーレスモデル。独自のキースイッチを採用した事により薄型を実現しているのが特徴。先に言っておくとkailhのロープロタイプを使っている「EK820」よりは分厚いです。

Rapoo - MT500
http://www.rapoo.cn/product/404






Rapoo_MT500_02.jpg



Rapoo_MT500_03.jpg



Rapoo_MT500_04.jpg



Rapoo_MT500_05.jpg



Rapoo_MT500_06.jpg


87キーの英語配列、自社名義?の薄型キースイッチ採用、薄型キーキャップ採用、ホワイトのキーバックライト搭載、CNC加工の金属フレーム、MicroUSB接続のケーブル着脱式、サイズ:幅358.4x奥行き130.4x高さ28.2mm、重量:851g、キーボードの仕様・特徴は以上。キースイッチの詳細はリニアタイプの赤軸で、耐久性は6000万回、押下圧は45g、アクチュエーションポイントは約1.5mm、という仕様。構造はCherry MX系と同じ十字型ですが、キースイッチ自体の厚さは数mmほど薄い作りになっている模様。前述のとおりロープロタイプのキースイッチを採用したメカニカルよりは分厚い、でもオーソドックスなテンキーレスよりは確かに薄型ですし、Cherry MX系と遜色ない打鍵感も期待できそう。メカニカルのスリム化が色々な形で進んでいっていますね。

<関連記事>
【キーボード】Rapoo 『MT500』 画像など

http://watchmono.com/blog-entry-7937.html







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09