【イヤホン】TFZ 『EXCLUSIVE KING』 レビューチェック

TFZ_EXCLUSIVE_KING_01.jpg


2017年8月に発売されたTFZのイヤホン「EXCLUSIVE KING」。
SERIES 1」などで日本でも知られる存在となっている中国メーカーのデュアル磁気回路&グラフェン振動板搭載を特徴としたイヤホンで、同時に複数登場したEXCLUSIVEシリーズの中では最上位となるモデル。ちょっとチェックしてみます。

TFZ EXCLUSIVE KING
http://www.itohya.jp/product/tfz/exclusive-king.html





Banner_01.png



TFZ_EXCLUSIVE_KING_02.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_03.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_04.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_05.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_06.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_07.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_08.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_09.jpg



TFZ_EXCLUSIVE_KING_10.jpg
(via wutongnews)





Banner_06.png


[#1]
デュアル磁気回路とグラフェン振動板搭載のTFZ製イヤフォン「EXCLUSIVE」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1074747.html



[#2]
TFZ見た目のカッコよさにつられそう



[#3]
TFZkingイーイヤホンで試聴して来た
このお値段にしちゃ低域と真ん中が良く出てて聞きやすい音だったよ
ただ解像度とか高域はやっぱりお値段相応にしか出てないから
下が良い分少し気になる
EN120から高域取った代わりに低域強化したような感じの音だな



[#4]
SE-CH9T、MA-750、TFZ king辺りは
個人的に中域と解像度高めでオススメできる



[#5]
king試聴したけど良かったよ。
分離、解像度高くてDDの底力を見たようだった。
国内価格はexclusive5とちゃんと差がついてんだよね

5とkingにはケッコー歴然とした差があって
5も良いんだけどkingの後に聴くと中低音が多めかつ曖昧。
音かほぐれて広がる気持ち良さはkingのほうだね。



[#6]
king買ってみた
いいねこれ。中価格のDDで感動したのはJVCのFxシリーズ以来だ
中華バカにしてたがハウジングの作りとか
ケーブルの取り回しやすさなんかも侮れない



[#7]
tfzのking買うかめっちゃ迷ってる



[#8]
>>#7
ダイナミックが同じ素材を使っているMagaosi K3と比べると
BAないから音域が狭い感じだよ。



[#9]
sigmot em700proとtfz kingならどっちがいいんたろ



[#10]
>>#9
どっち買ってもいい出来だから後悔しないと思うけど
KINGのほうが高域が鮮烈だから曲によっては刺さる



[#11]
Kingいいわ、びっくりした
レベル低くてごめんだけど
ふだんAGPTEK M20 + DQSM D2でMP3/AAC聴いてる身からしたら
すげー解像度高くて驚いたわ



[#12]
>>#11
DQSM D2と比べても解像度高いの?



[#13]
>>#12
自分の糞耳基準ではKingのほうが明らかに解像度高い
DQSM D2を初めて聴いたときもすげーって思ったんたけどね






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:12mm径ダイナミック型、再生周波数:5 - 40,000Hz、インピーダンス:12Ω、感度:110dB/mW、出力:8mW、ケーブル長:1.2m、重量:33.13g、という仕様。ダブルマグネティックサーキット(デュアル磁気回路)とグラフェン振動板を搭載したダイナミックドライバー、銀コートのOFC採用&2ピン端子着脱式のケーブル、電解純銅+貴金属メッキ使用のハウジング、シリコンイヤーピース2種x3セット・低反発イヤピース・ケーブルクリップ・キャリングポーチ付属、などが特徴。カラーはアイスブルー・ダークグレーの2色。・・・・ブログでレビューしている人(bisonicr keep walking.)はお一人いましたが、音はグラフェンユニットらしい元気でキレのあるサウンド、下位モデルと比べてクリアかつ解像度は高い、使いはじめから真価を発揮するKINGの名称も納得の一品、とのこと。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。この価格帯のイヤホンとしては低域~中域が良く出ていて聴きやすいが高域と解像度は価格相応のレベル(と言っても解像度は高い方)、競合しそうな他社製品とどちらが良いかは甲乙つけがたい、同シリーズの下位モデルとは歴然の差を感じる、筐体のデザイン・質感やケーブルの取り回しやすさも良い、といった内容。ハイブリッドドライバーのようなレンジの広さと音の分離感を実現したと謳っているものですが、そのハイブリッドドライバーとの比較になると分が悪い点もある模様。でもダイナミック1発のタイプでは高いレベルにありそうな印象ですし、デュアルとかハイブリッドじゃなくてシングルをむしろ好む人は試す価値が十分あるのではないかと。「EXCLUSIVE KING」は現在16,000円台の価格で販売されています。




TFZ インナーイヤーイヤホン EXCLUSIVE KING
TFZ(ティーエフゼット)(2017-08-07)
売り上げランキング: 35011



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09