ARCHISS、102キー特殊サイズのメカニカルキーボード『ProgresTouch Maestro SF』

ProgresTouch_Maestro_SF_01.jpg


海外で見かけたARCHISSのキーボード「ProgresTouch Maestro SF」。
実用性重視のシンプルなメカニカルキーボードを展開しているProgresTouchシリーズの新型モデルが海外のイベントで展示されていた模様。LEOPOLDの「FC980M」がベースだと思いますが、これは日本向けらしく102キーの日本語配列です。

ProgresTouch | 株式会社アーキサイト
http://www.archisite.co.jp/products/archiss/progres-touch/






ProgresTouch_Maestro_SF_02.jpg



ProgresTouch_Maestro_SF_03.jpg



ProgresTouch_Maestro_SF_04.jpg
(via imgur)

Cherry MXのメカニカルキースイッチ採用、1.5mm厚のPBT製/昇華印刷キーキャップ採用、102キーの日本語配列(かな文字あり)、ハードウェアマクロ対応、判明している仕様・特徴は以上。キーボード自体はテンキーレスに近いサイズでありながらテンキーやカーソルキーが備わっている特殊サイズ。実機を見るに日本語配列では標準的な配置が難しかったのか、Z~の列がやや左寄りになっているようにも見える。とりあえず完成品と言えるものが存在して製品名も決まっているようですから、日本でいつか発売される可能性は高い。あと、ProgresTouchシリーズの製品展開は英語配列版も出しているので、これも2ラインナップでいくはず。FC980系は静電容量無接点方式の方なら日本でも発売されていますが、メカニカルの方は出る気配がありませんでしたし、これで容易に入手できるようになるのもいいですね。




LEOPOLD静電容量無接点スイッチ採用コンパクトフルキーボード ワイヤーキープラー付 英語ASCII配列98キー ブラック FC980C/EBWP
LEOPOLD(2017-04-19)
売り上げランキング: 46446



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09