【スピーカー】ソニー 『HT-MT300』 レビューチェック

HT-MT300_01.jpg


2017年3月に発売されたソニーのスピーカー「HT-MT300」。
スリム&コンパクトサイズになっているサウンドバーとサブウーファで構成されたテレビ向けの2.1chオーディオシステムで、同社製品の中では性能・機能的にも価格的にもエントリークラスとなるモデル。ちょっとチェックしてみます。

HT-MT300 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー
http://www.sony.jp/home-theater/products/HT-MT300/





Banner_01.png



HT-MT300_02.jpg



HT-MT300_03.jpg



HT-MT300_04.jpg



HT-MT300_05.jpg



HT-MT300_06.jpg



HT-MT300_07.jpg



HT-MT300_08.jpg



HT-MT300_09.jpg



HT-MT300_10.jpg
(via 価格.com)





Banner_06.png


[#1]
ソファ下にも置けるコンパクトなサブウーファーを採用した2.1chサウンドバー
http://www.phileweb.com/news/d-av/201701/25/40421.html

ソニーの超コンパクトなサウンドバー「HT-MT300」の実力は?
http://www.phileweb.com/review/article/201703/10/2449.html



[#2]
HT-MT300と500て価格差ほど違いあるの?



[#3]
>>#2
試聴するのが一番だと思う
値段なりの差はあるね



[#4]
店舗で視聴してきた。素人耳だけど

MT500vsMT300
音質差はあまり感じられなかった。
(AmazonmusicをBTでとばしたので音源自体がしょぼいけども)
外装の質感はどちらも非常に良い。

CT380
HDMI付いてるから検討していたが…音がスカスカに感じられた。
MT300の方がぜんぜん良い。2万以下が妥当なレベルでは。。

MT300 vs solo5
音の広がり、サラウンド感はMT300、音が前に出てくる感じ、迫力はsolo5。
映画用途ならsolo5、音楽も聞くならMT300かなぁ



[#5]
テレビリモコンでMT300は連動で電源オンオフなるのかな?
初歩的な質問ですみません



[#6]
>>#5
MT300はHDMI端子すらないっしょ



[#7]
MT300だけど、低音は出てたが広がりは感じなかった



[#8]
MT300ってHDMI無しで光デジタル端子だけだしなあ



[#9]
MT300はHDMIついてればバカ売れしたと思うんだけどねー



[#10]
HDMI付いてたらあの価格では出せないでしょ。
販売価格で仕様決めた感があるよ。
HDMIの使用料って高いんじゃなかったっけ?



[#11]
MT500とMT300
実際聴き比べて見るとかなり音の違いがあるぞ
特にサブウーファーの響きが全然違う
500聞いた後だと結構物足りなく感じる



[#12]
まあ実際、MT300で充分なんだけどね



[#13]
MT500と300は値段以上の差があるけどな
・DSEE HXの有無
・LAN端子の有無
・LDAC対応の有無
・ワイヤレスサラウンド対応の有無

特にDSEE HXは最近のソニーのスピーカーやヘッドホンは
それを前提にチューニングされてるので
他社製の機器よりもオンオフ時の音の変化の差が段違い
CD音源でも音の変化が分かるぐらい

ただ、ソニーの音が嫌いな人からすれば不要な機能だが
BT再生だと300はSBCのみ対応なので音質はお察し
後はワイヤレスリアスピーカー設置を考えてる人は500一択になる



[#14]
>>#13
後はデジタルアンプのS-Master HXの搭載かな。
300の方は無印版になるね。



[#15]
SRS-ZR7とST-MT300だったらどちらがいいの?
用途はTVにPCを接続しての動画視聴なんだけど…



[#16]
>>#14
Bluetooth使わないなら圧倒的にMT300



[#17]
先日に淀でMT500を試聴
今日はヤマダで300を聞いた
スマホのBluetoothでワイルド・スピードの曲
値段が倍違うだけのことはあるね
Bluetoothのフォーマットの差もあると思うけど






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サウンドバーの仕様は、最大出力:50W、スピーカー:アコースティックサスペンション型フルレンジ、サイズ:幅500x奥行き103x高さ54mm、重量:約1.4kg。サブウーファの仕様は、最大出力:50W、スピーカー:120mmコーン型/バスレフ型、サイズ:幅95x奥行き365x高さ383mm、重量:約4.9kg。インターフェイス:光デジタル/AUDIO IN/USB、通信機能:Bluetooth 4.2、コーデック(Bluetooth):SBC、リモコン:付属、その他の仕様は以上。デジタルアンプ・S-Master、バーチャルサラウンド機能・S-Force PROフロントサラウンド、自動的に最適なサウンドフィールドを選択するClearAudio+、Bluetooth接続&NFC対応、スマートフォン/タブレット用の操作アプリ・Music Center、などが特徴。カラーはチャコールブラック・クリームホワイトの2色。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ここでは上位モデルの「HT-MT500」(AA)を比較対象にした感想が主な内容で、音質的にも機能的にも価格相応の差がある(音源によっては差が感じられなかったという声も)、HDMI端子が備わっていないのでテレビと連動できないのは残念、筐体のデザインや質感は良い、試聴だと同社の「HT-CT380」(AA)より良く感じた、とのこと。上位モデルに比べると技術や機能を必要最低限まで削りに削っているので物足りなさを感じる反面、価格は倍近く違うので用途と予算次第では悪くないかな?という印象。多機能ではない32インチくらいのテレビと組み合わせるなら、色々な面でちょうどよいと言えそうなスピーカーでしょうか。「HT-MT300」は現在25,000円台で販売されています。




ソニー SONY  2.1ch サウンドバー NFC・Bluetooth対応 チャコールブラック HT-MT300 BM
ソニー(SONY)(2017-03-11)
売り上げランキング: 105825



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09