【掃除機】iRobot 『ブラーバ ジェット240』 レビューチェック

Braava_jet_240_01.jpg


2016年8月に発売されたiRobotの掃除機「ブラーバ ジェット240」。
掃除ロボットでおなじみiRobotの床拭きタイプとなるモデルで、同シリーズの従来機(ブラーバ 380j)よりもコンパクトサイズになり、さらに前方へ水を噴きつけるジェットスプレー機能を搭載しているのが大きな特徴。ちょっとチェックしてみます。

床拭きロボット ブラーバ ジェット | アイロボット公式サイト
http://www.irobot-jp.com/braava/jet/





Banner_01.png



Braava_jet_240_02.jpg



Braava_jet_240_03.jpg



Braava_jet_240_04.jpg



Braava_jet_240_05.jpg



Braava_jet_240_06.jpg



Braava_jet_240_07.jpg



Braava_jet_240_08.jpg



Braava_jet_240_09.jpg



Braava_jet_240_10.jpg



Braava_jet_240_11.jpg



Braava_jet_240_12.jpg
(via smzdm/evolife)





Banner_05.png


水を吹きかけゴシゴシ、床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/05/braava_jet_240/

雑巾がけはもういらない? - 床拭きロボット「ブラーバ ジェット 240」 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/19/braava_jet/

【家電製品レビュー】床がピッカピカ! 「ブラーバ ジェット」 - 家電 Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kaden/1028246.html

床拭きロボット「iRobot ブラーバジェット240」を使ってみた! - 価格.comマガジン
https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=4547

床拭きロボット掃除機「ブラーバ ジェット」で本当に床がツルツルに! | &GP
https://www.goodspress.jp/pr/51619/

話題の床拭きロボット「ブラーバ ジェット」を深堀りレビュー!! | GetNavi web
http://getnavi.jp/homeappliances/62882/

【レビュー】「ブラーバ ジェット」の働きぶりに頭が下がる [えんウチ]
https://enuchi.jp/4410/irobot-braava-jet-240

床拭きロボット「ブラーバ ジェット」を発売直前に一足先レビュー - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20160824-braava-jet/





Banner_06.png


[#1]
圧倒的にコンパクトな床拭きロボット「ブラーバ ジェット」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1013790.html



[#2]
新ブラーバ安いなぁ



[#3]
>>#2
本体は安いけど、専用パッドを毎回新品に替えなきゃならないみたいだよ。
クイックルワイパー互換品は使えない。



[#4]
ブラーバジェットはキッチンと浴室用か
考えたな
キッチンと脱衣室は、ブラーバの後
自分の手でも拭いているのであると便利かも



[#5]
海外の台所はタイルとか多いもんな。



[#6]
Jetは稼働時間・範囲がね~
台所専用とかに使うんならいいのかもしれんが



[#7]
ジェットって想像以上に小さいんだね。20cm四方も無い。
トイレや風呂場などの狭い場所専用の2台目としても悪く無いかも。



[#8]
ジェットはプリンタみたいに消耗品で儲ける
ビジネスモデルにしようとしてるよね



[#9]
ジェット
パットの厚紙の穴のパターン読み取りで
ドライやウェットを自動認識するんだな



[#10]
ブラーバジェット使ってみたけど
後退してから水を吹き出すんだね、よくできてるわ
初めの1回はいきなり水出るから気をつけないといかんな



[#11]
製品自体はいいけど
しかしどこの客層狙ってるかよくわからんなジェット
純正で毎日使用しても?4000/月で?48,000/年ほどの
ランニングコストがかかるのは流石に使用ためらうぞ



[#12]
使用感目線だと拭き掃除なんて毎日するか?って感じなんだけど
週一ぐらいじゃね



[#13]
ジェットはなんども洗濯出来るパッドでも振動するの?



[#14]
>>#13
振動はしてるね
こころなしか使い捨てより煩い
よく見たらパッドの穴の形違うから
何かしら違う動作はしてるのだろうけど



[#15]
ジェットはパッドのコスト以外は機械としては出来いいから
サードパーティーの消耗品へのローコス同等品と工夫商品次第だな



[#16]
純正パッドはやはり吸水性が抜群。
うすいさちよのように乾かして5回は使える。



[#17]
ブラーバジェットはルンバと同じ段差センサー搭載してるぞ



[#18]
ジェット買ってあれこれ色々試してるが
純正の消耗品をせめて現為替レートまで下げ無いと
売れんだろうなぁって印象受けた



[#19]
これ欲しいけど、備品が高くつきそうでびびって買えない
年間どのくらいかかりますか?



[#20]
>>#19
ジェットだと使い捨ては純正しか今のところなくて1枚120円。
毎日使ったら怖いことになるね。
でも洗って使えるパッド(3枚で4500円)もあるし
これ買っちゃえば最低1年ぐらい持つんじゃね?



[#21]
ブラーバジェットって説明通りカーペット濡らさないで拭き掃除可能?
毛足の低いカーペットもあるので乗り上げそうな…



[#22]
>>#21
進行方向にパッドが付いているので乗り上げることはまずないと思うけど。



[#23]
ジェットも追加購入したが
ルンバに比べたらまだまだ完成度がイマイチだな
ルンバも買い換えて行ったが900系でほぼ完成した感を感じたが
まあルンバと違いブラーバは買収して出した商品だしな



[#24]
ジェットの互換パッドがアマゾンで売ってたからポチってきた。



[#25]
>>#24
それ1,500円位の?
プラ製の識別ベースのがウェト・ダンプ・ドライの3種類付いてて
マジックテープで同じ色のパッドが3個って事なのか?



[#26]
>>#25
そうそう、1500円位でマジックテープのやつ。
プラ板だけじゃなくてパッド自体も一応違いがあるっぽい。
今回買ったのはウェットモード用3枚だけなんだけど
純正のクリーニングパッドも持ってるから届いたら比較レポするね。



[#27]
届いたので簡単にレポ
中国からの発送なので一週間かかった

3枚セットでウェット、ダンス、ドライの3種類の動きを確認
市販のシートを包帯どめで巻きつけてドライで動かしてみたけど問題なし
純正の使い捨てシートは直ぐに形が歪んで来ちゃうのでこれを買ってみたけど
耐久性はしばらく使ってみないとわかんないね

プラ板だけ付け替えればドライ用の土台3枚相当に出来るのは助かるかな



[#28]
広い部屋でジェットやってる人いる?
拭き残しばかりじゃない?



[#29]
>>#28
ブラーバjetは、電池容量が少ないので
ウェットを広い部屋で使うと、1回で電池空っけつ
電池を4倍に容量upして見たが
結局、パッドが小さいので、ゴミが取れる量が知れてる
やっぱりメーカー推奨の10畳程度でバランスの取れた商品です

それから、水をけっこう吐出しますが
濡らしてゴミを溶かして、吸い取ることで
拭くだけよりたくさんゴミを取れる設計なので
使い捨てpadがベスト

洗えるpadは水を吸える量が少ないので
取れるゴミの量も少なめ

とはいえ、そんなに汚れてない部屋であれば
中華洗えるpadで、
dry padを洗って絞って使用とか、
水充填しないでwet padを洗って絞って
走らせるとかの使用方法もアリかな

ebayで500円程度で買った洗える中華padセットは
マジックテープになっていて洗うのは楽だった

あと小回り効くのは大きい
椅子の下とか、隙間とか



[#30]
21畳あるけど区画分けして洗えるウエットで
毎日交互に使ってる<ジェット






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
運転モードは3種の使い捨てパッド(各2枚付属、10枚セットのオプションあり)に合わせて3モード備わっており、水と洗浄剤を多く噴射して同じ場所を3回水拭きするウェットモップ、水と洗浄剤を少なめに噴射して同じ場所を2回水拭きするダンプスウィーブ、から拭きで1回拭くドライスウィープ、といった内容。また、最大50回ほど繰り返し使う事ができるクリーニングパッドもオプションであり。作動は本体のCLEANボタンを押すだけ、運転モードなどの設定はスマートフォンアプリを使用。バッテリーの充電は取り外して専用充電器で行う仕組み。最大稼働面積:12~15畳、充電時間:約2時間、サイズ:幅178x奥行き170x高さ84mm、重量:約1.2kg、という仕様。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。従来のブラーバより稼働面積が狭く水を噴射するので使用場所は限られる、水噴射と使い捨てパッドで汚れは結構拭き取れる、使い捨てパッドは純正品しか使えないのでランニングコストが高い、拭き掃除ロボットとしては良い出来と言えるのでパッドのランニングコストをどう見るかがポイント、といった内容。従来機のように汎用的なウエットシートを使う事ができず、純正品の使い捨てパッドを常用するとなると確かにランニングコストが大きなネックとなりそう。安い互換品が一応存在するようですし、そういうものが容易に入手できるようになれば見方も変わってきそうでしょうか。「ブラーバ ジェット240」は現在30,000円前後の価格で販売されています。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09