FOSTEX 『PM0.4c』 レビュー ~外観~

PM04c_01.jpg


2016年7月に発売されたFOSTEXのスピーカー「PM0.4c」。
同社の定番アクティブスピーカーとなっているPMシリーズでは2番目に大きいモデルで、従来よりPCデスクトップ向けの仕様になったリニューアル版でもあるモデル。最近急にシンプルな2chスピーカーが欲しくなって物色してみたところ、条件的にこれが大体一致したので購入。ついでにレビューでもという事でとりあえず外観から見ていきます。

PM0.4c | FOSTEX(フォステクス)
http://www.fostex.jp/products/pm04c/






PM04c_02.jpg


梱包状態。パッケージというか箱はメーカー名と製品名が記されているくらいの無骨なダンボール。中身を取り出すと本体は発泡スチロールの型と保護シートにちゃんと包まれていて、梱包の面は特に悪いとか感じる点もなし。






PM04c_03.jpg


内容物。スピーカー本体・電源コード・スピーカーケーブル・フォーン-RCAケーブル・RCAケーブル・説明書、以上の6点。






PM04c_09.jpg


本製品のスペック等をここでおさらいしておくと、エンクロージャー方式:2ウェイ・バスレフ方式、スピーカー:1.9cmソフトドームツイーター/10cmウーファ、再生周波数帯域:60Hz - 20kHz、クロスオーバー周波数:1.6kHz、定格出力:30W+30W、消費電力:15W、入力端子:RCA、サイズ:幅130x奥行き169x高さ220mm、重量:2.4kg/2.1kg、という仕様。従来(PM0.4d)に比べてアンプや操作系統が右側に集結、接続性と操作性が改善された事を特徴としているモデル。筐体の材質・各パーツ・構造・オート・スタンバイモード機能は引き継がれている内容。カラーはブラック・ホワイトの2色あり。・・・・続いて各部を見ていく事に。






PM04c_04.jpg


前面(右側)。上部にツイーター、下部にウーファ、中央部にインジケータが備わっている構造。






PM04c_05.jpg


側面。左右とも特に触れる点はない普通の作り。






PM04c_06.jpg


背面(右側)。アンプや操作系統が集結されている右側には接続端子と各スイッチが搭載。上部にはバスレフポートがあり。






PM04c_07.jpg


背面(左側)。こちらにはスピーカー端子(入力)のみ備わっている。バスレフポートなど他の部分は同じ構造。






PM04c_08.jpg


背面。4ヶ所にゴム足が備わっており、その材質はスポンジゴムでしょうか。






PM04c_10.jpg


ツイーター部。シルク振動板が使われているとのこと。その外周はスポンジゴムですかね。






PM04c_11.jpg


ウーファ部。アップロールラバーエッジ&グラスファイバー振動板を採用しているとのこと。そのグラスファイバー振動板はカーボンみたいな見た目でなかなかカッコイイ。外周はツイーターと同じくスポンジゴムで覆われている。






PM04c_12.jpg


ロゴ・インジケータ。前面の中央部にあるロゴはうっすらプリントされているもので、目立つホワイトではなく薄いホワイトという感じ。その右隣にあるインジケータはブルー(通常)/レッド(スタンバイ)で発光。その発光具合は控えめで、ここも改良点と言えるところ(旧モデルは目に刺さるくらい眩しいと言われていた)。






PM04c_13.jpg


バスレフポート。少し横長な穴になっている。使用時に手を当てると空気が押し出されて、ちゃんと機能しているのがわかります。






PM04c_14.jpg


背面(右側)上部。右から順にRCA端子・オートスタンバイモードスイッチ・ボリュームノブが備わっている。オートスタンバイモード機能はそのスイッチでON/OFFが可能。ボリュームノブは一目盛りごとにノッチ(段)が入っていて微調整がしやすくなっています。






PM04c_15.jpg


背面(右側)中央。スピーカー端子(出力)が備わっている。






PM04c_16.jpg



背面(右側)下部。電源スイッチとAC入力端子が備わっている。






PM04c_17.jpg


ゴム足。底面の4ヶ所に備わっているスポンジゴムは薄め。インシュレーターの導入を前提に考えた方がいいかもしれません。






PM04c_18.jpg


質感。筐体はスピーカーで良く使われている木製という感じ、質感は良いの一言。全身マットブラックでシンプルなデザインはどんな機器とでも合いそうな、特に黒で揃えているPCデスクトップの環境には見た目の相性がいいでしょう。






PM04c_19.jpg


仮設置。24.1インチの液晶モニターと並べてみるとコンパクトではないが決して大きいわけでもない、微妙とも絶妙と言えるサイズ感。そのあたりをどう思うかは人によりけり環境によりけりですかね。スピーカー本体の奥行きがあるのと背面にバスレフポートが備わっているので、設置場所にある程度の空間は必要となりそう。






PM04c_20.jpg


・・・・今回はここまで。続きはある程度使ってみて評価できるくらいまでになれば、またレポートします。使いはじめてまだ1日しか経っていませんが、この時点でもう買ってよかったと正直思っている。以前は10,000円もしない2.1chスピーカーシステムを使っていたものの、サブウーファのBASSはいつも半分以下に絞っていたので、それなら低音がそこそこ出そうな2chのブックシェルフ型でも別にいいんじゃないかと考えだしたのが購入のきっかけ。初動時でもその思い描いてたものと大体合致する出来だったので、既に満足しています。これから慣らす事と慣れる事で好感度はさらに上がりそうです。




FOSTEXアクティブスピーカー PM0.4c(B)
FOSTEX(2016-07-25)
売り上げランキング: 4006



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09