【PCケース】Fractal Design 『Define C』 レビューチェック

Define_C_01.jpg


2016年11月に発売されたFractal DesignのPCケース「Define C」。
無駄な空間を省いてコンパクトサイズと高性能を両立したと謳っている、ATX構成の静音ミドルタワーPCケース。現時点のラインナップは通常モデルとアクリルウインドウ採用のWindowモデルがあり。ちょっとチェックしてみます。

Fractal Design - Define C
http://www.fractal-design.jp/home/products/cases/define-series/define-c





Banner_01.png



Define_C_02.jpg



Define_C_03.jpg



Define_C_04.jpg



Define_C_05.jpg



Define_C_06.jpg



Define_C_07.jpg



Define_C_08.jpg



Define_C_09.jpg



Define_C_10.jpg



Define_C_11.jpg



Define_C_12.jpg
(via Amazon/hwbox)





Banner_06.png


[#1]
Fractal Design、省スペースを極限まで追求した新型ケース
「Define C / Mini C」国内初披露
http://www.gdm.or.jp/crew/2016/1120/186041



[#2]
Define Cよさそうだけど高いなあ
今の無駄にでかいケースから変えたい



[#3]
やっぱり5インチベイ無しの流れなんだね。



[#4]
むしろこのサイズでなぜ5インチベイが付くと思うんだ?



[#5]
Cは水冷に一応対応させたけど
空冷主体で使ってねというメーカーのメッセージを感じる
水冷用スペースがビデオカードの長さの対応とも一致するから無駄にならない
ATXケースで無駄を排したコンパクトケースが欲しかったから十分に買いだ



[#6]
Define Sを簡易水冷が積めるギリギリまで縮小したのがDefine C



[#7]
Cはフロント外さないとフィルタ掃除できないのだけがめんどいな
そんなに外しにくいわけじゃないけど



[#8]
Define Cに交換した
作業しやすく仕上げ、精度とも悪くない
まあ、こんなものかという感じ
ペラい部分もあるけど強度は十分だと思う
ファンを追加しても静か
しかしアクセスランプは相変わらず
それでも奥行きが短いから満足だわ



[#9]
>>#8
HDDケージに風当てる方法ある?



[#10]
>>#9
HDDケージ上のカーバーを外して薄型ファン取り付け。ぐらいしか思いつかない
ケージとパネル間を計ったら15mm、ギリギリなので付くかは分からないけど
あとはケージも外してHDDを底に直付けすれば標準的なファンも取り付けられる



[#11]
DefineCは惜しいなぁ
HDD3台積めてファンの風当てられる仕様だったらよかったのに



[#12]
>>#11
いま5インチベイ排除系のケースはhddも積まないと想定してか
ほぼ2つしか積めない感じ



[#13]
5インチやHDD搭載スペース削って小さくしたのがCなんだから
HDDいっぱい積みたいってなら別のケース選べばいいだけ
まあ今は安く大容量が手に入る時代だから
一般的な用途ならHDD2台でも十分だと思うが
それ以外にSSD3台も積めるわけだし



[#14]
結構パネルの開け閉めするから
レバーでパネルを開けられるR5の構造が好き
両側ともそれにしたいくらいだけど
CやSでは採用されてないのな



[#15]
Define Cで組んでみた
素のままだとHDDが熱い
HDDポジションは後にある程度動かせるで
ファンが入る位置まで後ろへ上のカバーを外し
最初からついてる前面ケースファンをHDDの前へ下げて冷却で解決



[#16]
>>#15
電源上のカバー全部取り外せるの?



[#17]
>>#16
全部は固定されてるので無理ですね
前方上部は取り外せる蓋になっているので(13cm程)
それを外して120mm3連ファンや360mmラジエーターをって
HDD2台もある程度後ろに逃げられる様になってます



[#18]
Define Cシリーズは対応電源最大175mmまでとあるけど
180mmのThermaltake Toughpower Grandが
難なく収まったので書いておく



[#19]
defineCポチッたわ
電源カバーリベット外したらいい感じになりそうだな



[#20]
奥行き40cm以内のATXケースでDefine CでBTO頼もうと思ってるんですが

CPU i5-6600
マザボ ASUS H170 PRO GAMING
グラボ GTX1050Ti
電源 Corsair RM550x
SSD HDD 1つずつ

なんですけど冷却はケースファンは標準の2つだけで足りるでしょうか
静音より冷却重視したいです



[#21]
>>#20
そのくらいの構成ならそのまま組むだけで十分冷えると思う
埃が多いじゅうたんの上に直接置くとかでなければ
電源は普通に下面吸気で



[#22]
奥行きの短さが良くてCを選んだ
HDD,SSD各1台なので後悔はしていない



[#23]
400CとDefain C窓で迷ってるんだけどどっちがいいかな?
スペックだけ見ると違いが見出せないんだけど・・・
実物を置いてる店が近くにないので
質感とか剛性の違いなど知りたいです。



[#24]
>>#23
400はフロントパネルの取外しがしづらい
(本当に固くて取れなくて、簡単に爪が折れそう)
のと、HDDケージがとにかく柔くて、しかもケージ自体の固定もあまい
上記の点ででdefine cの方がいいと思うし、define cのが頑丈だと思う
ただし、define cは奥行が短いのでフロントにラジエターを設置した状態で
gtx1080とかの各社のオリファンは無理かもしれない



[#25]
DVDドライブなんて使ったの3年前にOS入れた時だけだし
ファンコンもマザボから分岐でいくらでも制御できるから
Define cにしたよ。
クーラーのR1つけてサイド閉まるか質問したものだけど
無事閉まりました。
まじでちっちゃいからデスク周りがスッキリした



[#26]
define cで組んで1週間ほどたったのでレビュー
ちな前ケースはP183

買う前はフロントがプラスチックだから
質感はイマイチかなと思ったけど普通にアルミに見えるし
全体の剛性も心配ないレベルで安心した

CPUクーラー空冷クーラーのR1 universalつけた
R1の高さが168mmでDefine cが公称168mm対応だから心配だったけど
普通に入りました、168入るって言ってるから当たり前か

ストレージも大容量HDD1台つけれればよかったので満足
配線は少し狭かったけどストレージケース外して
HDDを底面直付にしたら解決した
あとHDDの冷却はフロントを12cm×3構成にすれば普通に風が当たる

静音性はファンをつけれるだけ積んだ状態でマックスで回すと
流石にP183よりはウルサイ
でも組み様によっては静音にもいけそう。そこらへんはR5と一緒

以上がDefine cで組んだ感想です
組む前に思った事がことごとく杞憂に終わるケースでした。
いいケースじゃないかな?
一番気に入ったのは見た目と大きさ
P183より2周りくらい小さいし同じくらいの高級感はある

あとこのケースに限らずだけど、ファンコンの見た目が好きな人と
HDD多数載せる人以外はもうこの手のケースでいいと思う



[#27]
ベイなしのDefine C買ったけどめちゃくちゃ奥行き短くなったな
DVDドライブも今はPC本体から遠く離れた手元においたまま
使えるというのをしって購入したが
かなり快適になった まじおすすめ



[#28]
>>#27
自分も持っているが奥行き46cmのメタルラックから
はみ出さずに置けるのがいいな



[#29]
俺もDefine Cにするかな
光学ドライブはもうwifiの買った
今時データケーブル接続とか時代遅れな感じもしたし



[#30]
>>#29
奥行きが短いので、フロントファンとVGAの相性が良い。
幅もR5より細く、隙間にも入れやすい。
天面ラジ付けた時の埃よけにフィルターが付いてる。



[#31]
俺もDefine Cにしようか
考えれば考える程5インチベイいらないと思うようになってきた
これも時代なのかな






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:7、ドライブベイ:2.5/3.5インチシャドウx2・2.5インチシャドウx3、標準搭載ファン:120mmx2(フロント・リア)、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out、サイズ:幅210x奥行き413x高さ453mm、重量:7.4kg、通常モデルの仕様は以上。着脱可能なファンスロットカバー・ModuVent採用、フロント&サイドに高密度吸音材を採用、Dynamic X2 GP12ファン2基標準搭載、フロント・ボトムに防塵フィルター装備、電源・ストレージ・ケーブルを隠す事ができる電源装置カバー、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ケースの精度・強度・質感は悪くない、フロントにファンを3基搭載すればHDDも含めて冷却性は十分、構成次第では静音性も両立できる、搭載するものがこれに収まるならコンパクトサイズは大きな魅力になる、といった内容。5インチベイがなかったりHDD搭載数が少なかったりという点に難色を示す人もいましたが、逆にそういう部分が不要な人には打ってつけな印象。最近のトレンドも考えると今後はこういうタイプがスタンダードになっていきそうですね。「Define C」は現在10,000~12,000円台の価格で販売されています。




Fractal Design Define C Black ATX用PCケース スチール CS6471 FD-CA-DEF-C-BK
Fractal Design(2016-11-19)
売り上げランキング: 18763



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09