2017年3月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

Mouse-Keyboard1703_01.jpg


月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全てを取り上げるのは無理ですが、個人的に気になった新製品をざっとピックアップしてみます。今月はようやくそれが発売されたか・・・・と思ったり、相変わらずそんな価格設定なのね・・・・と思ったり、そんなラインナップです。

2017年2月に発売されたマウス・キーボードを見てみる
http://watchmono.com/blog-entry-7278.html






Mouse-Keyboard1703_02.jpg


3/30に発売されたロジクールの「PRO Gaming Mouse」。
小型&軽量ボディや独自の技術・パーツ採用を特徴とした、その名のとおりプロ仕様のゲーミングマウス。海外では2016年半ばに出回っていたもので気になっていた人はとっくの前に入手していると思いますが、一時は日本未発売に終わるかもしれないと思われていたものですから出てきただけでもある意味朗報ですかね。

Eスポーツ界のプロたちに贈る、ロジクール プロ ゲーミング マウス
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/pro-gaming-mouse




Logicoolロジクール PRO ゲーミングマウス G-PPD-001 eスポーツ FPS 対応
ロジクール(2017-03-30)
売り上げランキング: 199





Mouse-Keyboard1703_03.jpg


3/25に発売されたASUSの「ROG Strix Impact」。
左右対称でシンプルな小型ゲーミングマウス(ROG Sica)のリニューアル版とも後継機とも言えるモデル。マイクロスイッチ交換可能なギミックは省かれましたが、ミドルグレードとして見れば必要十分なスペックと公称よりも軽いと言われている重量は改良点と言えるでしょうか。

【マウス】ASUS 『ROG Strix Impact』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7350.html




ASUS ROG STRIXシリーズ  USB規格ゲーミングマウス P303 ROG STRIX IMPACT
ASUS ROG STRIX IMPACT
posted with あまなつ on 2017.03.25
ASUSTek(2017-03-25)
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_04.jpg


3/3に発売されたOzone Gamingの「Neon M50」。
王道的なエルゴノミックデザインになっている光学式のゲーミングマウス。製品自体にケチを付ける点は特にないのですが、日本での価格設定がなぁ・・・・。この内容でこの価格なら同価格帯で売っている他社の人気モデルの方を選ぶ人が多いのではないかと。

【マウス】Ozone Gaming 『Neon M50』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7355.html




NEON M50 BLACK OZNEONM50K
posted on 2017.03.26
OZONEブランドの右手用エルゴノミックデザインゲーミングマウス
Ozone Gaming





Mouse-Keyboard1703_05.jpg


3月中旬に発売されたSteelSeriesの「Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition」。
同社の定番機となっているゲーミングマウスにCS:GOの武器でも採用されている”Hyper Beast”のデザインを施したモデル。プレスリリースは出ていませんが、正規保証品と銘打ったものが販売されている状況。SteelSeriesの日本発売は最近どうもはっきりしないというか、いつの間にかこっそり出ている形が多いですね。

【マウス】SteelSeries 『Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-6918.html




【正規保証品】ゲーミングマウス SteelSeries Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition
SteelSeries
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_06.jpg


3月中旬に発売されたMad Catzの「RAT 8」。
かつてメカメカしいゲーミングマウスの代表格でもあったRATシリーズのリニューアル版その1で、これは最上位となるフルスペック仕様のモデル。相変わらずデザイン&ギミック重視の作りですが、センサーやマイクロスイッチは最新ハイグレードと言えるものが使われていてまさにフルスペックです。

【マウス】Mad Catz 『RAT 8』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7317.html




ラット8 オプティカル ゲーミングマウス ブラック/レッド Pixart 3360 44種類の機能割当が保存できる 4プロファイル(モード) オンボードメモリ搭載 11個のプログラマブルボタン搭載 1680万色 インテリジェントライティングコントロール 4kディスプレイ対応のdpi オーバードライブ機能搭載(4倍) アルミニウムシャーシ 5000万回耐久 オムロン社製スイッチ採用 サムホイール搭載 4段階の調節が可能な3種類のパームレスト搭載 3種類のピンキーレスト搭載 マウスの幅とマクロボタンの位置調節が可能なサムレスト搭載
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 68076





Mouse-Keyboard1703_07.jpg


3月中旬に発売されたMad Catzの「RAT 6」。
かつてメカメカしいゲーミングマウスの代表格でもあったRATシリーズのリニューアル版その2で、これは上から2番目となるモデル。上記のRAT 8に比べると全体的に下位らしい作りになっており、どうせ買うのであれば上を選んだ方が後悔しないと自分は思います。

【マウス】Mad Catz 『RAT 6』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7314.html




ラット6 レーザー ゲーミングマウス ブラック/レッド Pixart 9800 44種類の機能割当が保存できる 4プロファイル(モード) オンボードメモリ搭載 11個のプログラマブルボタン搭載 1680万色 インテリジェントライティングコントロール 4kディスプレイ対応のdpi オーバードライブ機能搭載(4倍) アルミニウムシャーシ 5000万回耐久 オムロン社製スイッチ採用 サムホイール搭載 4段階の調節が可能なパームレスト搭載
Mad Catz RAT 6
posted with あまなつ on 2017.03.12
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_08.jpg


3月中旬に発売されたMad Catzの「RAT 4」。
かつてメカメカしいゲーミングマウスの代表格でもあったRATシリーズのリニューアル版その3で、上の2モデルに比べると実用性も考えて作られた感があるモデル。これといったギミックは備わっておらずボディの質感はチープですが、見た目に反して軽量です。

Mad Catz、メカメカしくも軽めのゲーミングマウス『RAT 4』
http://watchmono.com/blog-entry-7228.html




ラット4 オプティカル ゲーミングマウス ブラック/レッド Pixart 3310 超軽量 本体重量90g 27個の機能割当が可能 3つのプロファイル(モード) 9個のプログラマブルボタン搭載 発光機能 4段階の調節が可能なパームレスト搭載 4kディスプレイ対応のdpi オーバードライブ機能搭載(4倍)
Mad Catz RAT 4
posted with あまなつ on 2017.03.11
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_09.jpg



3月中旬に発売されたMad Catzの「RAT 1」。
かつてメカメカしいゲーミングマウスの代表格でもあったRATシリーズのリニューアル版その4で、これだけは新旧で名称というかナンバーが変わっていないモデル(旧型もRAT 1)。リニューアルといっても全体的に改良されたわけではなく逆に思える部分もありますが、細かいところを気にするようなマウスじゃないのは見てくれでわかりますね。

Mad Catz、リニューアルされた軽量ゲーミングマウス『RAT 1 (2016)』
http://watchmono.com/blog-entry-6975.html




ラット1 マウス ブラック/レッド 超軽量 本体重量60g 6個のプログラマブルボタン搭載 発光機能 究極のシンプル構造 三脚シャーシ センサーモジュール 自作も可能な2段階調節機能搭載パームレスト
Mad Catz RAT 1
posted with あまなつ on 2017.03.11
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_10.jpg


3/30に発売されたロジクールの「PRO Tenkeyless Mechanical Gaming Keyboard」。
”Romer-G”のキースイッチを採用したテンキーレスのゲーミング・メカニカルキーボード。こちらは上記のゲーミングマウスと違って海外と同時期にリリースされた、まさに新製品。キーボード自体も魅力的ですが個人的に面白いと思ったのは同社のワイヤレス・ゲーミングマウスとケーブルが共有できるところですね(マウスの充電で使いまわしが良さそう)。

Logicool G Pro Tenkeyless Mechanical Gaming Keyboard
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/pro-gaming-keyboard




Logicoolロジクール PRO メカニカル ゲーミング キーボード G-PKB-001 テンキーレス eスポーツ FPS対応
ロジクール(2017-03-30)
売り上げランキング: 500





Mouse-Keyboard1703_11.jpg


3/25に発売されたCorsairの「K95 RGB PLATINUM」。
同社のゲーミング・メカニカルキーボードでは機能が多めに備わっているK95系の新型モデル。ここの製品は海外に比べて割高な価格設定になるのはいつもの事ですが、キーレイアウトなどの仕様が違うとはいえ200ドル弱のものを33,000円弱で売るのはなぁ・・・・。あと、日本向けのモデルは日本語配列で他社ではあまり見かけなくなった”かな文字”も相変わらず入っています。

【キーボード】Corsair 『K95 RGB PLATINUM』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-7305.html




Corsair K95 RGB PLATINUM MX Speed日本語ゲーミングキーボード [Cherry MX Speedキースイッチ採用] KB390 CH-9127014-JP
Corsair K95 RGB PLATINUM
posted with あまなつ on 2017.03.17
CORSAIR(2017-03-25)
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1703_12.jpg


3/3に発売されたOzone Gamingの「Strike Battle Spectra」。
Cherry MX RGBのキースイッチ採用&フレームレス&フラットデザインを特徴としたテンキーレスのゲーミング・メカニカルキーボード。他社のテンキーレスではまだ見かけないフレームレス&フラットデザインは人によって大きなポイントとなるかもしれませんが、20,000円近い価格がネックになるのは間違いないでしょう。

Ozone Gaming、テンキーレスのRGB仕様メカニカルキーボード『Strike Battle Spectra』
http://watchmono.com/blog-entry-7210.html




OZONE STRIKE BATTLE SPECTRA
posted on 2017.03.30
テンキーレスゲーミングキーボードのRGBフルカラーLED搭載モデル
ビックカメラ楽天市場店





Mouse-Keyboard1703_13.jpg


3/3に発売されたマイクロソフトの「Surface Ergonomic Keyboard」。
かつてマイクロソフトの周辺機器で大きな支持を得ていたエルゴノミクスキーボードの新型モデルがSurface名義で登場。完全に据え置き型のタイプでも通信方式がBluetoothだけというのは時代の流れでしょうかね。Surface向けなので当然といえば当然ですけど。

マイクロソフトのBluetoothエルゴノミクスキーボード『Surface Ergonomic Keyboard』
http://watchmono.com/blog-entry-7099.html




Surface Ergonomic無線キーボード 日本語キー配列 3RA-00017
マイクロソフト
売り上げランキング: 9189





Mouse-Keyboard1703_14.jpg


3/10に発売されたビット・トレード・ワンの「ゲーミングカスタムキートップセット BFRKC」。
ラバー素材の特殊加工&キーバックライト透過型になっているゲーム用のCherry MX系キーキャップセット。後になってまったく同じタイプを海外で見かけたので、オリジナル品ではなく台湾メーカーがOEM元になっているものだと思いますが、それを海外から取り寄せるとなるとこれより高くなりますから、2,000円弱はやっぱり妥当かなと思ったりします。

ビット・トレード・ワン 『ゲーミングカスタムキートップセット BFRKC』 レビュー
http://watchmono.com/blog-entry-7315.html









Mouse-Keyboard1703_15.jpg
(via ASCII)

3月下旬に発売されたサイズの「すべらないWASD2 (MXKC-WASD2)」。
上記とまったく同じものと思われるゲーム用のCherry MX系キーキャップセット。ただしこちらはWASD+カーソルキーの合計8個で、キーの個数だけで考えれば少し割高。その8個だけでいいという人には悪くないと思います。

株式会社サイズ |Cherry MX軸対応交換用キーキャップ すべらないWASD2
http://www.scythe.co.jp/gaming-acc/mxkc-wasd2.html




サイズ 交換用キーキャップ すべらないWASD2(レッド) MXKC-WASD2-RD
TAI HAO(タイハオ)(2017-03-18)
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09