【マウス】Ozone Gaming 『Neon M50』 画像など

Ozone_Neon_M50_01.jpg


2017年3月に発売されたOzone Gamingのマウス「Neon M50」。
日本でもこれまで製品展開をぼちぼち見せていたOzone Gamingの新たなゲーミングマウスで、王道的なエルゴノミックデザインやフルカラーのLED搭載などを特徴としたモデル。カラーはマットブラックとグロッシーホワイトの2色あり。ちょっと見てみます。

Mouse Neon M50 - Ozone Gaming
http://www.ozonegaming.com/product/neon-m50






Ozone_Neon_M50_02.jpg



Ozone_Neon_M50_03.jpg



Ozone_Neon_M50_04.jpg



Ozone_Neon_M50_05.jpg



Ozone_Neon_M50_06.jpg



Ozone_Neon_M50_07.jpg



Ozone_Neon_M50_08.jpg



Ozone_Neon_M50_09.jpg



Ozone_Neon_M50_10.jpg
(via 巴哈姆特)

センサー:光学式、解像度:250-5000dpi(ネイティブ:400/800/1000/2000dpi)、ポーリングレート:125-1000Hz、サイズ:幅73.48x奥行き132.63x高さ41.29mm、重量:115.5g、という仕様。人間工学に基づいたエルゴノミックデザイン、PixArt PMW3310の光学式センサー採用、カスタマイズ可能なフルカラーのLED搭載、両サイドにラバーグリップ採用、裏面にDPI切替スイッチ装備、各設定が行える専用ソフトウェア、などが特徴。オムロン製と謳っているマイクロスイッチは左右クリックがオムロンのD2FC-F-7M(10M)、それ以外の部分はHUANO製が使われている模様。Razerの「DeathAdder Elite」(AA)と外観の比較もされていましたが、同じIE3.0系と言えるものでも形状は全体的に結構違っている印象。・・・・この形状や表面処理を好む人はそれなりにいそうですが、主要パーツは最新と言えず昨今ではミドルグレードのモデルに使われているもの、それでいて価格設定は他社のハイグレードなみ。重量は公称どおりだと重い部類に入りますし、有名どころと比べられると正直厳しいでしょうね。「Neon M50」は現在8,500円前後の価格で販売されています。




NEON M50 BLACK OZNEONM50K
posted on 2017.03.26
OZONEブランドの右手用エルゴノミックデザインゲーミングマウス
Ozone Gaming



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09