【マウス】Mad Catz 『RAT 8』 画像など

Mad_Catz_RAT8_06.jpg


2017年3月に発売されたMad Catzのマウス「RAT 8」。
メカメカしいゲーミングマウスの第一人者でもあったRATシリーズがリニューアルされ、そのラインナップではこれが最上位となるモデル。主な特徴というかギミックはそっくりそのまま引き継がれている感じですが、ちょっと見てみます。

Mad Catz RAT 8 | Mad Catz Gaming Mice
http://madcatz.com/gamechanging/rat8.php






Mad_Catz_RAT8_07.jpg



Mad_Catz_RAT8_08.jpg



Mad_Catz_RAT8_09.jpg



Mad_Catz_RAT8_10.jpg



Mad_Catz_RAT8_11.jpg



Mad_Catz_RAT8_12.jpg



Mad_Catz_RAT8_13.jpg



Mad_Catz_RAT8_14.jpg



Mad_Catz_RAT8_15.jpg
(via danawa)

センサー:光学式、解像度:最大12000dpi、フレームレート:12000fps、トラッキング速度:250ips、最大加速度:50G、ポーリングレート:最大1000Hz、ボタン数:11、ケーブル長:1.8m、重量:145g(MAX 163g)、という仕様。PixArt PMW3360の光学式センサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、アルミニウム製シャーシ、パーツ交換&調整可能(両サイド・パームレスト)、重量を増加できるウエイトシステム、サムホイール&AIMボタン搭載、3ヵ所にフルカラーのLED搭載、オンボードメモリ内蔵、などが特徴。・・・・同じ系統でもタイプが異なるRAT Proシリーズを含めると更に上位と言えるモデル(RAT Pro X +)が存在しますが、そちらは海外でもまだ発売の目処が立っていないようなので先の話。そのあたりはさておき、旧型に比べると色々進化している内容なので、このシリーズに魅了された既存ユーザーは買い替える価値がありそう。ただ、根本的な部分は7年前の登場時と変わっていませんから、その状態のもので新規ユーザーをどれだけ得られるかは未知数ですかね。「RAT 8」は現在12,000円台の価格で販売されています。




ラット8 オプティカル ゲーミングマウス ブラック/レッド Pixart 3360 44種類の機能割当が保存できる 4プロファイル(モード) オンボードメモリ搭載 11個のプログラマブルボタン搭載 1680万色 インテリジェントライティングコントロール 4kディスプレイ対応のdpi オーバードライブ機能搭載(4倍) アルミニウムシャーシ 5000万回耐久 オムロン社製スイッチ採用 サムホイール搭載 4段階の調節が可能な3種類のパームレスト搭載 3種類のピンキーレスト搭載 マウスの幅とマクロボタンの位置調節が可能なサムレスト搭載
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 68076



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09