B&O PLAY、シンプルなオーバーイヤー型のBluetoothヘッドホン『Beoplay H4』

Beoplay_H4_01.jpg


海外で見かけたB&O PLAYのイヤホン「Beoplay H4」。
BeoPlay H7」「BeoPlay H8」「BeoPlay H9」と人気の高いBluetoothヘッドホンを輩出していたB&O PLAYが、これまでのものとは違うシンプルな新型モデルをリリースする模様。型番的には一番下位の扱いとなるオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)のタイプです。

Beoplay H4
https://www.beoplay.com/products/beoplayh4






Beoplay_H4_02.jpg



Beoplay_H4_03.jpg



Beoplay_H4_04.jpg



Beoplay_H4_05.jpg
(via TechRadar)

通信方式:Bluetooth 4.2、コーデック:AAC/SBC、ドライバー:40mm径、再生周波数帯域 :20 - 20,000Hz、連続再生時間:約19時間、充電時間:約2.5時間、重量:235g、製品情報に記載されている仕様は以上。ラムスキンレザー・アルミニウム・ステンレス素材採用、著名デザイナーが手がけたスタイリッシュデザイン、水平回転式の折りたたみ構造、有線使用が可能な3.5mmミニジャック搭載、専用アプリ・Beoplay App利用可能、などが特徴。カラーはチャコールグレーのみ。北米での価格は299ドル。・・・・上位モデルに比べてノイズキャンセリング機能やタッチコントロール機能が備わっていなかったり、aptXコーデックに対応していなかったりと下位モデルらしいと言える内容になっていますが、その上位モデルよりは随分と手が出しやすい価格設定に。これより下の型番は有線のイヤホンやヘッドホンで既に存在していますし、これがB&O PLAYのBluetoothヘッドホンでエントリークラスの位置付けとなるかもしれません。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09