【ヘッドホン】B&O PLAY 『BeoPlay H9』 レビューチェック

Beoplay_H9_09.jpg


2017年1月に発売されたB&O PLAYのヘッドホン「BeoPlay H9」。
価格的にハイエンドクラスとなるノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホンで、「BeoPlay H7」のNC搭載版とも「BeoPlay H8」のアラウンドイヤー型版とも言えるモデル。ちょっとチェックしてみます。

B&O PLAY “Beoplay H9” | KANJITSU DENKI CO.,LTD.
http://kanjitsu.com/beoplay-product/bo-play-beoplay-h9





Banner_01.png



Beoplay_H9_10.jpg



Beoplay_H9_11.jpg



Beoplay_H9_12.jpg



Beoplay_H9_13.jpg



Beoplay_H9_14.jpg



Beoplay_H9_15.jpg



Beoplay_H9_16.jpg



Beoplay_H9_17.jpg



Beoplay_H9_18.jpg
(via DGtle)





Banner_06.png


[#1]
NC搭載Bluetoothヘッドフォン「Beoplay H9」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1036375.html



[#2]
うおおH8グレイヘーゼル持ってるけど
H9も買ってしまいそう
誰か止めて



[#3]
音の傾向としてはH8を基準に考えれば良さげかな?



[#4]
QC35売ってH9買おうかな~。
やっぱりデザインがカッコええ~



[#5]
きたよH9
ケーブルのないH6
耳がすっぽり入るH8
まーそんなとこだ



[#6]
>>#5
耳が入るのはよいな



[#7]
1000XとH9両方持ってるが、明らかにH9のほうが音がクリアに聞こえる
NCは1000X圧倒だが



[#8]
ノイキャン性能が高いのはソニーやボーズなんだろうが
デザインはここのが魅力的なんだよなあ。
せめてもう少し安ければ。



[#9]
>>#8
音にこだわるのなら、おすすめはH9や
H8は耳が痛くなったが改良されて長時間にも耐えられるようになった

しかし、1000Xはハイテクで驚く、
操作性、機能は圧倒的にこっちの方がいい
どちらでも満足するから財布と相談して決めればいい



[#10]
1000Xの音に飽きてきてたからH9の音が新鮮に聞こえる
強いノイズキャンセルよりもやっぱり音だなと感じる
1週間ぐらいはH9に溺れられる感じ
3日ぐらい経つとH9にも飽きちゃうんだろうけど



[#11]
H9買ったけど1000Xと比べて音はずっといいね
NC機能は1000Xの方がよく効くしタッチの感度もこちらが上
そして1000Xの方がほんの少し軽い
デザインや素材がH9の方が圧倒してるから
どうせ買うならH9おすすめしとく



[#12]
ワイヤレスで今んところ一番いい音するねH9



[#13]
1000xとH9
どっちにするか迷う。。
NC的に電車通勤では1000xが良さそうだけど、音が良いのは俄然H9



[#14]
>>#12
両方持ちだが断然H9、確かに1000XのNCは優れているが
それよりもH9の音質の良さが凌駕する
比べてみると一目瞭然



[#15]
H8やH9はゼンハイザーのmomentumと比較されないんですか?
価格帯ちょっと違いますけど
この2つ揃ってて聴き比べられるところないんで
違い分かる人はいたら教えて下さい



[#16]
>>#15
momentumはそれらよりちと解像度が低めに聴こえる気がする
でも、音質的には大差ないような気もするけどね
多分試聴できないで買っても損したって思わんレベルだとは思う
そこらへんのはもうデザイン好きなら買えばって感じのもののように思うわ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.2、プロファイル:AD2P/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:aptX/AAC/SBC、ドライバー:40mm径、再生周波数帯域 :20Hz - 22kHz、連続再生時間:14時間(NCオン)/16時間(NCオフ)/35時間(有線・NCオン)、充電時間:3時間、重量:295g、という仕様。2ヶ所に備わるマイクで騒音を感知・分析して低減させるアクティブノイズキャンセリング機能、音量・曲スキップなどの操作をタッチ式で行えるタッチインターフェイス、アルミニウム製ハウジング、ラムスキン素材のイヤーパッド、カウスキン素材のヘッドバンド、同社のエンジニアによるチューニング、著名デザイナーが手がけたスタイリッシュなデザイン、などが特徴。カラーはブラック・アルジッラグレイの2色。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質はBluetoothヘッドホンの中でも最高峰と言える良さ、ソニーの「MDR-1000X」(AA)と比べて音質とデザインは優っているがノイズキャンセリングの性能は劣る、SENNHEISERの「MOMENTUM Wireless」(AA)より解像度が高め、オンイヤー型のH8は長時間使うと耳が痛くなったがアラウンドイヤー型のこちらは快適、といった内容。ノイズキャンセリング機能は最近の代表的なモデルと比べると分が悪そうな評価ですが、逆に音質やデザインはそのどれよりも良さそうな印象。価格も最高峰と言えるもので易々と手が出せませんから、ある意味こだわる人に向けた一品でしょうね。「BeoPlay H9」は現在60,000円前後で販売されています。




B&O PLAY Beoplay H9密閉型ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン ノイズキャンセリング・Bluetooth対応 アルジッラグレイ Beoplay H9 Argilla Grey【国内正規品】
B&O play(2017-01-12)
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09