マイクロソフト、ダイヤル型のBluetoothコントローラー『Surface Dial』

Surface_Dial_01.jpg


海外で見かけたマイクロソフトのコントローラー「Surface Dial」。
大型液晶タブレットみたいなディスプレイ一体型PCのSurface Studioが数ヶ月前に発表されて話題となっていましたが、これはそのオプションとなるダイヤル型のBluetoothコントローラー。別にその専用品というわけではなく、OSがWindows 10なら使えるデバイスのようです。

Microsoft Surface Dial Changing the Game | Innovative PC Controllers
https://www.microsoft.com/en-us/surface/accessories/surface-dial






Surface_Dial_02.jpg



Surface_Dial_03.jpg



Surface_Dial_04.jpg



Surface_Dial_05.jpg



Surface_Dial_06.jpg



Surface_Dial_07.jpg
(via Amazon)

通信方式: Bluetooth 4.0LE 、対応OS:Windows 10 Anniversary Update、バッテリー:単三電池2本、電池寿命:約12ヶ月(1日4時間目安)、サイズ:直径59x高さ30mm、重量:145g、という仕様。入力操作はクリックと回転のシンプルなもので、入力の割り当てはカスタマイズできる模様。裏面は画面に止まる素材が使われており、Surface Studioなどの画面に置くとタッチスクリーン検出機能が働いて使っているソフトに合わせた操作ウィンドウが表示。材質はアルミニウム製。北米では1月下旬に発売予定、価格は99.99ドル。・・・・機能を最大限に活かせるのはSurface Studioのようですが、デスク上にちょこんと置いてちょっとした操作ができる使い方でも十分良さそうな印象。それに同類のコントローラーはMac用の「PowerMate Bluetooth」(AA)しか今まで存在しませんでしたから、Windowsで使いたかったと思っていた人には待望の一品かもしれませんね。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09