マイクロソフトのBluetoothエルゴノミクスキーボード『Surface Ergonomic Keyboard』

Surface_Ergonomic_Keyboard_01.jpg


海外で見かけたマイクロソフトのキーボード「Surface Ergonomic Keyboard」。
かつてマイクロソフトの周辺機器で主力とも言える立ち位置だった大型エルゴノミクスキーボード、これはその最新版でSurfaceシリーズ向けとなっているBluetoothモデル。キーエリアを分割した構造と立体的な変形デザインは健在です。

How Typing Should Feel | Microsoft Wireless Ergonomic Keyboard
https://www.microsoft.com/en-us/surface/accessories/surface-ergonomic-keyboard






Surface_Ergonomic_Keyboard_02.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_03.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_04.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_05.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_06.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_07.jpg



Surface_Ergonomic_Keyboard_08.jpg
(via Amazon)

通信方式:Bluetooth 4.0 LE、バッテリー:単四電池2本、電池寿命:約12ヶ月、サイズ幅460.14x奥行き229.22x高さ34.73mm、重量:1012g、という仕様。ご覧のとおりキーエリアが分割されているフルサイズで、形状は流線的で立体的なデザイン。一体型のパームレストはダブルクッションを謳っており、表地にはアルカンターラを使用。北米での価格は129.99ドル。・・・・同社のエルゴミクスキーボードといえば2013年に発売された「Sculpt Ergonomic Keyboard」(AA)が前作となりますが、それに比べると最新の要素を取り入れながらも原点回帰したような印象。あと、接続がBluetoothというのもこのタイプでは何気に初ですね。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09