ロジクール 『Z533 Multimedia Speaker System』 レビュー ~使用感~

Logicool_Z533_41.jpg


2015年7月に発売されたロジクールのスピーカー「Z533 Multimedia Speaker System」。
日本で発売されているものでは「Z623」「Z553」に続いて登場したZシリーズの2.1chスピーカーシステム。前回のレビューから間が開いてしまいましたが、その期間だけ使い込んだ状態でもあり。今回は完結させる形で使用感について触れていきます。

ロジクール 『Z533 Multimedia Speaker System』 レビュー ~外観~
http://watchmono.com/blog-entry-6328.html






Logicool_Z533_42.jpg


■サテライトスピーカーは高音をやや強調しているような鳴り具合
サテライトスピーカーのドライバーユニットは66mm径で、同社製品の中では多分サイズが一番大きい(Z623は63.5mm径)。サブウーファ無しで聴いてみると、高音をやや強調しているように感じる。高い音の声や楽器は頭にちょっとキンキンくるくらい。スイートスポットは特に狭いとも感じず、デスクに設置する場合は向きとかあまり神経質にならなくていいと思う。重量はそれなりにあって底面に備わるラバーシートの固定具合も良好、比較抜きの単体で見れば音も作りも合格点が出せます。






Logicool_Z533_43.jpg


■光沢の筐体とゴールドのアクセントは見慣れてしまえば気にならない
個人的にスピーカーはシンプルかつシックな外観が好みなので、光沢の筐体とゴールドのアクセントは当初あまり良いとは思えなかった。今でも正直好きになれませんが、慣れとは怖いもので半年以上も置いていたら気にする事も全然なくなった。決して安っぽくはありませんからスピーカーを置く周辺の機器が似たようなもの、例えば液晶モニターやキーボードが光沢パーツを使っているものなら見栄えが良く映るでしょうね。






Logicool_Z533_44.jpg


■サブウーファはサイズを考えれば十分な迫力、締まった低音が鳴り響く
サブウーファはPC用として考えると大きくもなく小さくもなく、ちょうどよいと言えるかもしれないサイズ感(客観的に見れば大きい方かもしれない)。そのサイズから考えると十分な低音が出ますし、その低音は引き締まっていていい感じ。強烈にズンドコ鳴り響きはしませんが、なんというか品のある鳴り具合です。






Logicool_Z533_45.jpg


■コントロールポッドは同社製品の中で一番良い出来だと思う
コンパクトなサイズにボリュームコントロール・BASSコントロール・ヘッドホン端子・AUX端子が備わっているコントロールポッドは、今まで出た同社製品の中でも一番良い出来だと思う。回転式のボリュームコントロールは直感で適した音量に調整できますし、スライドスイッチ式のBASSコントロールは2本の指(1本はポッド本体を抑えて、もう1本でスイッチを動かす)で操作する事に慣れれば非常にスムーズ。底面にはほぼ全体にラバーシートが取り付けてあるので固定具合も良好。手の届く位置にちょこんと置いてサッと調整できる使用感は文句なしです。






Logicool_Z533_46.jpg


■Z553との比較~あらゆる面でこちらの方が優っている
これを買う前までは既に廃盤となっているZ553を使っていましたが、改めて聴き比べてみると1曲2曲聴いた程度でこちらの方があらゆる面で優っていると体感。Z553はなんだろう・・・・音に奥行きがないし窮屈さも感じるし、サブウーファはMAXにすれば結構な低音が出るけれどもキレも締まりもなくボワボワしてる。Z623→Z553に乗り換えた時はそんなに悪くない印象だったのに、後継機とも言えるこちらと比較して強調できる点はPCスピーカーらしからぬ独特なデザインくらいでしょうか。なんというか早々と廃盤になった原因がわかったような気がします。






Logicool_Z533_47.jpg


■Z623との比較~マルチメディアスピーカーとして見れば分が悪く感じる
2010年に発売されて今現在もロジクールのスピーカーでは主力の立ち位置と言えるZ623。デザインや外観は抜きにして比較すると、スピーカーの性能はZ623の方に軍配が上がる。まずZ623のサブウーファは低音の量もさることながら立体感や臨場感が半端なくて、Z553のものではとても太刀打ちできない。そして高出力の余裕なのかZ623は小さめの音量でも高音から低音までしっかり鳴らしている。あと、上記で触れたとおり高音を強調しているZ553に比べるとZ623は何気に音のバランスも良いと感じるし、用途問わずの万人向けと言えるサウンドになっていると思う。もう一つ加えて言うと出力側の環境をグレードアップすれば、さらに真価を発揮しそうなのもZ623。・・・・こうして評してみるとZ553は分が悪いとか通り越して何一つ勝ってない内容になりますが、ただしそれはあくまで客観的に見た場合。個人的には高音を強調したキンキン鳴るサウンドの方がむしろ好みですし、サイズ・デザイン・使い勝手などを含めるとPCで使うにはZ553の方が合っていると思って現在使用中。Z623は確かに色々とすごい、でも今の自分が求めているのはこれじゃない。どちらが良いかは各自の用途次第・好み次第になるでしょう。






Logicool_Z533_48.jpg


■総評:10,000円前後のクラスなら一二を争うであろう2.1chスピーカーシステム
PCスピーカーの部門は決して活発と言える現状ではなく、特に2.1chスピーカーシステムは1年間で新製品が2つ3つ出れば多い方なんじゃないかと思うくらい動きがない。一体何が原因になっているのか考えると、真っ先に思いつくのは”Z623”という存在。10,000円前後の価格帯でこんなモンスター級を出したら、そりゃ他は手を引くし新たに参入するところなんて出てくるわけないと改めて聴いて思う。あまりに一強すぎるからロジクールも後継機を出すつもりなんて多分ないのではないかと。でも製品展開はそれなりにしないといけないので路線が少し違うものを出す、それで登場したのがこの”Z533”でしょうかね。Z623と比較すれば上記で述べたとおり分が悪いけれども、Z623を除外して見るならばこのZ533が同価格帯で一番だろうと思います。っていうか比較対象に値する機種が他に存在しないと言ってもいいですから、本当に内輪で争っている感じだなぁ・・・・。このスピーカーには満足しています、10,000円以内の予算ならZ623とZ533どちらを選んでも失敗はないと思います、自分はZ533の方が好きです、以上です。




Logicoolロジクール マルチメディア スピーカー システム Z533
ロジクール(2015-07-30)
売り上げランキング: 7192



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09