ビット・トレード・ワン 『Death Illuminator (BFKB108ILBK)』 レビュー ~外観・構造~

BFKB108ILBK_01.jpg


2016年12月に発売されたビット・トレード・ワンのキーボード「Death Illuminator (BFKB108ILBK)」。
BFKB113PBK」「BFKB92UP2」といった特殊なタイプをリリースしている日本メーカーの新たなゲーミングキーボードで、3,000円を切る低価格帯ながらスティールプレート採用やキーバックライト搭載などを特徴としたモデル。実機を試す機会をいただいたので、ここではフォトレビューみたいな形で外観をメインに触れていきます。

ゲーミングキーボード”Death Illuminator” | Bit Trade One, LTD
http://bit-trade-one.co.jp/product/bitferrous/bfkb108ilbk/






BFKB108ILBK_02.jpg


パッケージ。”Death Illuminator”という直球的な名称とパッケージのデザインは、古きよきヘヴィーメタルバンドのアルバムジャケットを彷彿とさせる。そしてパッケージを持った時点で低価格帯のゲーミングキーボードではちょっと考えられないような重さを感じる。






BFKB108ILBK_03.jpg


内容物。キーボード本体・取扱説明書・保証書、以上の3点。ここでキーボードの仕様をおさらいしておくと、キースイッチ:メンブレン、押下特性:約55g±10g、キーストローク:4±0.4mm、キー耐久性:約2000万回、キーレイアウト:108キー日本語配列、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅437x奥行き148x高さ37mm、重量:約1200g。7色に光るキーバックライト搭載、ゲームで多用するキーエリアの複数同時認識対応、Windowsキーロックやメディアコントロールなど複数のショートカットキー搭載、厚さ約1.4mmのスティールプレート採用、キーの格段に段差と傾斜の違いを持たせてタイピングを行いやすくするシリンドリカルステップスカルプチャー方式、ラバーストップ付チルトスタンド採用、などが特徴。・・・・続いてキーボードの各部を見ていく事に。






BFKB108ILBK_04.jpg


前面全体。キーレイアウトは至ってスタンダードな日本語配列のフルサイズ。フレームはメカニカルキーボードの方で最近よく見かけるフラットタイプで、重厚だけれどもスリムさとシャープさも感じられる外観。






BFKB108ILBK_05.jpg


裏面全体。・・・・うん、ちょっと驚きました。何を驚いたのかというと裏面にもスティールプレート=鉄板を使っているところ。こういうタイプは表面がスティールやアルミでも裏面は樹脂製というものが大半なのに、これは裏面もスティールになっている。ここの作りだけでも採算取れているのかな?と不思議に思ったり。






BFKB108ILBK_06.jpg


側面全体。フレーム部はパンタグラフでもないのに随分と薄型になっている。ただしキースイッチはフレーム部から出っ張っているので、この視点からだとキーはやけに高く見える。右側からだとキーが3段しか映らないので逆側から撮影すべきでしたが、ちゃんとステップスカルプチャーになっています。






BFKB108ILBK_07.jpg


前面左側。標準的な配列なのでここが気になるっていう点も特になし。F4~のエリアとEsc・TabにFn経由のファンクションキーが備わっている、目を引くのはそれくらいでしょうか。






BFKB108ILBK_08.jpg


前面右側。左側に同じく至って標準的。右上にNumLockやCapsLockなどのインジケータが備わっています。






BFKB108ILBK_09.jpg


キーキャップ(装着時)。材質は多分ABSだと思いますが、質感はザラザラしていて皮脂が指紋が付着してもそこまで目立ちはしなさそう。刻印のフォントは独特な丸っこくて太めのデザイン。






BFKB108ILBK_10.jpg


キーキャップ(取り外し時)。裏側はキーバックライトを透過させるためかクリアな素材が使われている。この部分を見るとキーキャップは価格相応と感じますかね。






BFKB108ILBK_11-.jpg


キースイッチ。BFKB92UP2で使われているプランジャー構造ではなく普通のメンブレン。普通すぎて特に語る事はないです。






BFKB108ILBK_12-.jpg


キースイッチ(側面)。前述のとおりフレームから出っ張っているので、横から見ると丸見え状態。白い部分も発光します。






BFKB108ILBK_13.jpg


フレーム(前面)。鉄板1枚で構成されているフレームは折り曲げて型を付けており、梨地加工と言えるザラザラした質感になっている。ここは本当にコストがかかっていると思う。






BFKB108ILBK_14-.jpg


フレーム(背面)。前面や側面と同様に細部まで手を抜いていない作り。






BFKB108ILBK_15.jpg


インジケータ。NumLock・CapsLock・ScrollLock・Windowsキーロックをオンにすると青いLEDで発光。あと、Fn+F11で起動する全キーロックをONにすると、その4つが点滅状態になります。






BFKB108ILBK_16.jpg


サイドライン。側面を囲っている白いサイドラインはキーバックライトと一緒にほんのり発光する。ただしフレームに覆われているので、普通に置いている状態ではほとんど見えません。






BFKB108ILBK_17.jpg


裏面ラバーシート。滑り止め用のラバーシートは前後に合計5個備わっている。本体が重いうえに滑り止めも抜かりない、少々の事ではまずズレないでしょうね。






BFKB108ILBK_18.jpg


チルトスタンド。立てるだけのシンプルな1段階ですが、ここにも滑り止め用のラバーストップが備わっていて手が込んでいる。






BFKB108ILBK_19.jpg


裏面ラベル。シリアルナンバーとファンクションキーの内容が記載されている。その内容をここで簡潔にまとめておくと、メディアコントロールはプレイヤー起動・再生/一時停止・音量・ミュート、ショートカットはホーム・メール・全キーロック・WIndowsキーロック、キーバックライト関連はON/OFF・輝度調整・モード選択・カラー選択。






BFKB108ILBK_20.jpg


ケーブル。キーボードのものとしては太くも細くもない標準的なビニールタイプです。






BFKB108ILBK_21-.jpg


キーバックライト(全体)。カラーはブルー・レッド・グリーン・パープル・イエロー・ライトブルー・ホワイトの順に発光。モードは常時点灯とカラーロータリーの2パターン。輝度調整は消灯を除く4段階。発光具合はメンブレンのタイプとして見れば十分な光量で見栄えも悪くない。それぞれのカラーはちゃんとした色合いになっています。






BFKB108ILBK_22.jpg


キーバックライト(ズーム視点)。十分な発光具合はキーキャップの裏側をクリア材質にする事で実現したのかもしれない。ただしクリア材質ゆえに裏側の構造も微妙に透過されていて、それが色ムラのように見えてしまっている。メカニカルみたいにLEDをキー1個1個に搭載できませんから、このあたりは仕方ないですかね。






BFKB108ILBK_23.jpg


キーバックライト(側面)。フレームから出っ張っているキースイッチもご覧のとおり発光。目に刺さるような眩しく光る事はなく、程よく目立つ感じです。






BFKB108ILBK_24.jpg


設置。こうして見るとキーまわりはチープに感じたりするけれども、ヘヴィーかつシャープなフレームがそれをカバーするように見栄えを良くしている。それなりのゲーミングウマウスと組み合わせても引けを取らないです。






BFKB108ILBK_25.jpg


・・・・今回はここまで。使用感などの続きはまた日を改めてレポートする予定です。この時点でキーボードの感想を簡単に述べると、価格相応の部分があるとはいえ3,000円を切る設定でよくこんなものが出せたなと正直感心する。特に裏表が鉄板のフレームは度々言うようにコストがかかっている印象で、この価格帯ではまずお目にかかれないと思う。そしてそのフレームが薄型でも剛性を確保しており、タイピング時の安定感もしっかりしている。手に届く前は若年層向けの入門用だろうなぁと軽く見ていましたが、いい意味で度が過ぎているというか妙な本気を感じます。

<続き>
ビット・トレード・ワン 『Death Illuminator (BFKB108ILBK)』 レビュー ~使用感~

http://watchmono.com/blog-entry-7067.html




ビットフェローズ 複数同時認識対応イルミネーションゲーミングキーボード “デスイルミネーター” BFKB108ILBK
Bit Trade One
売り上げランキング: 3053



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09