OAチェア『Ergohuman PRO』を3年ほど使ってみて・・・・

Ergohuman_Pro_3years_01.jpg


エルゴヒューマンから発売されているOAチェア「Ergohuman PRO」。
同社製品の中ではフラッグシップの位置付けとなる、メカニカルで多機能な構造が特徴のメッシュチェア。自分が購入したのは2013年10月だったので気づけばもう3年ほど常用している事になりますが、1年2年の時と同じように今現在の感想でも述べてみようと思います。

OAチェア『Ergohuman PRO』を2年ほど使ってみて・・・・
http://watchmono.com/blog-entry-5751.html






Ergohuman_Pro_3years_02.jpg


■ヘッドレストはメッシュ各部の中でも一番キレイな状態で劣化が見られない
このチェアでメッシュ生地が使われているのはヘッドレスト・背もたれ・座面。その中でもヘッドレストは一番使う事が少ない&体重がかかる事がないので、当然ごとく一番キレイ。3年経ってもこれといった劣化が見られませんし、状態は非常に良いです。






Ergohuman_Pro_3years_03.jpg


■バックシート部も下の2ヶ所に比べたら良い状態を保っている
背もたれの上部になるバックシート。下の2ヶ所と同様に座っていると体が常時当たっていそうな印象ですが、よくよく考えたら前傾気味の姿勢の時はランバーサポートが支えてくれる形になるので、思ったほど使っていない部分だったりする。なのでヘッドレストの次くらいには状態が良い。メッシュの張りも衰えていません。






Ergohuman_Pro_3years_04.jpg


■ランバーサポート部の劣化は色あせが少々見られるくらい
座面ほどではないけれども上の2ヶ所よりは体が当たっている時間が多いランバーサポート。リクライニングで倒したりする時に腰まわりと少し擦れるような接触をするせいか、中央あたりに少し色あせが見られるようになった。でも座面に比べれば全然目立たないレベルですし、メッシュの張りはここも衰えていない感じです。






Ergohuman_Pro_3years_05.jpg


■座面の劣化はここ1年でさほど感じなかった
メッシュ生地の部分で一番使っている&体重がかかっている座面。使用2年経過の時に少しヘタってきたかな?と感じたりもしましたが、振り返るとそれから今日まで状態はさほど変わっていない気がする。メッシュの張りは維持していますし、お尻が痛くなるような事もそういえばなかった。これならまだまだ使えそうだなと。






Ergohuman_Pro_3years_06.jpg


■座面メッシュの色あせ&クッション材の突出はもう見て見ぬふりをしている
2年経過→3年経過の期間で目に見えるような劣化といえば、座面メッシュの色あせでしょうか。1年経過の時から既に出ていましたが、写真で振り返ると年を追うごとに目立ってきている。キレイにする方法は本気で探せば多分あると思う、でも手間をかける時間がなかなか取れないし、代用のチェアがないので1日でも使えなくなると正直困る。なのでこれはもうホワイトだから仕方ないと半ば諦めていますかね・・・・。あと、クッション材の突出はそこまで酷くないけれども相変わらずポツリポツリと出てきています。






Ergohuman_Pro_3years_07.jpg


■座面のクッション材は見えにくい部分が劣化しつつあるかも
座面の端一帯に設けられているクッション材は、面と向かった状態だと見えないので普段は気にする事もない部分。でも下から潜り込むようにして見ると、加水分解みたいな劣化と変色が若干出てきている。このチェアがもうダメだなと思う時は、もしかしたら座面のメッシュよりこっちの方が原因になるかもしれない。触ってボロっと取れるような状態ではないけれども、劣化対策をしようがないですし様子見するしかないですね。






Ergohuman_Pro_3years_08.jpg


■アームレストの肘置き部は現状維持といったところ
2年経過の時に肘置きのカバーの接着が少し剥がれて、手で触れるとポコポコする状態になっていましたが、それからひどくなったわけでもなく現状維持を保っている感じ。肘を置いている時にそれが気になるわけでもないので、ここも見て見ぬふりをしています。






Ergohuman_Pro_3years_09.jpg


■アームレストの可動性は3年経過でも至って良好
肘置きは上下左右にスライド&水平回転し、昇降機能も備わっているアームレスト。それらの部分にガタついたりは感じられず、可動性は至って良好。同じチェアの展示品でここがガッタガタになっているものと遭遇した事がありましたが、ああいうのは故意で壊しにかかってるとしか思えない。普通に使っていれば何の問題もない部分です。






Ergohuman_Pro_3years_12.jpg


■座面~背もたれの可動性も至って良好
座面をスライドしたり、背もたれを倒したり固定したり、リクライニング時のテンションを調整したり、そういった可動性も上に同じく至って良好。リクライニング時に軋むような音が鳴りだしたら、可動部に自転車/バイク用のチェーンルブでも差しておけば当分の間は大丈夫。調整で使うレバー類も普通に使っていれば壊れるような事はまずないです。






Ergohuman_Pro_3years_10.jpg


■樹脂パーツは一番劣化が見られないと言える部分
各部の骨組に使われている樹脂パーツで劣化と言えるのは小傷くらい。その小傷も材質的にほとんど目立たないので、このチェアで使われているパーツの中では一番劣化が見られないと言える。金属パーツを多く使っている方が高級感出るので好まれますが、長い目で見れば樹脂パーツを多く使っている方がいいかも・・・・と思ったりします。






Ergohuman_Pro_3years_11.jpg


■アルミダイキャストのフレームは磨いて輝きを取り戻すが、メンテナンスを怠ると・・・・
このチェアは各部を支えるフレームとキャスタースポークがアルミダイキャスト製になっている。このアルミダイキャストはしばらく放っておくと酸化か何かが原因で曇るような感じになってきますが、金属磨きを使って根気よく磨けばある程度の輝きを取り戻す。ただしこの1年はメンテナンスを怠ったせいで、磨いても取れない斑点みたいなものがところどころに付いてしまった・・・・。定期的にやらないといけませんね。






Ergohuman_Pro_3years_13.jpg


■キャスターは傷が目立つようになってきているけれども、使用感は変わらず
ポリウレタン樹脂でできている双輪キャスター。ここも使っていれば消耗する部分なので傷が段々と目立つようになってきていますが、転がりが悪くなったとか感じる事もなく使用感は1~2年前と多分変わっていない。ハードタイプのデスクマットを併用しているので、それも良いのだと思います。






Ergohuman_Pro_3years_14.jpg


■総評:2年→3年の使用感は正直落ちなかった。まだまだいけそう
最後にまとめる形で感想を。2年経過の時はこの先ボロがあれこれ出てくるかもしれないなぁ・・・・と思っていましたが、今現在の使用感はその時とたいして変わっていない印象。部分的に劣化が出てきているとはいえ、これくらい頑丈ならあと2年くらいは現状維持でいけるかもしれない。ただ、毎日のように使っているので少しずつ状態が落ちている事に気づいていない可能性もある。新品と比べれば確実に100%の状態ではないでしょうし、そのあたりをどう見るかが難しい時期でもありますね。

前回=2年経過の感想を見てみると次に新調するなら別の製品を選ぶと書いていましたが、最近はその考えをちょっと改めつつある。座り心地に不満はありませんし、この3年間常用していると言っていい使用頻度で実用十分な状態を保っていますから、もし何かしら改良されたリニューアル版でもマイナーチェンジ版でも出たら他に浮気はせずそっちに買い替えるかもしれません。・・・・っていうかこの状態なら買い替える気もしばらく起きないだろうなぁ。毎年のように言っていますが購入金額分の効果はもう十分に得られました。




Ergohumanオフィスチェア プロ ハイタイプ EHP-HAM WH(KM-16)
Ergohuman (エルゴヒューマン)
売り上げランキング: 160120



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09