重厚な中華メカニカルキーボードのRGB仕様モデル『Rantopad MXX RGB』

Rantopad_MXX_RGB_01.jpg


海外で見かけたRantopadのキーボード「Rantopad MXX RGB」。
最近のトレンドを逆行するような重厚とも肉厚とも言えるフレームを採用し、個性的な外観が一部の間でウケていた中華メカニカルキーボードのRantopad MXX。そのRGB仕様モデルが今後リリースされるようです。

Good & Best Mechanical Keyboards for PC & Computer Gaming - Rantopad USA
http://rantopadusa.com/collections/keyboards






Rantopad_MXX_RGB_02.jpg



Rantopad_MXX_RGB_03.jpg



Rantopad_MXX_RGB_04.jpg



Rantopad_MXX_RGB_05.jpg



Rantopad_MXX_RGB_06.jpg



Rantopad_MXX_RGB_07.jpg



Rantopad_MXX_RGB_08.jpg
(via in.ali213.net/inwaishe)

通常モデルとの違いはキーバックライトくらいのようで、Gateron製のメカニカルキースイッチ採用、スタンダードなテンキーレスのキーレイアウト、アルミニウム合金製で表面がフラットタイプのフレーム、ケーブル着脱式、といった点は変わっておらず。キースイッチのラインナップは複数あり、イルミネーションモードは数パターン備わっている模様。現時点で公式サイトに製品情報は掲載されておらず、発売日・価格等は不明。こういうフレームレス系のメカニカルはRazerの「BlackWidow X Tournament Edition Chroma」(AA)みたいにスリム化が進んでいますが、これは本当にその流れから逆行しているような重厚さ。でもそこに魅力を感じている人は結構いるようですし、それなりの人気を得たからこそRGB仕様モデルを出すのでしょうね。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09