【PCケース】Antec 『GX1200』 画像など

GX1200_01.jpg


2016年8月に発売されるAntecのPCケース「GX1200」。
フロントのドライブベイを廃した内部スペースやRGBファン&マルチファンコントローラー標準搭載などを特徴としたミドルタワーケース。これまでのAntecでは見られなかったLEDパーツをウリにした感のあるモデルですが、ちょっと見てみます。

GX1200 l 株式会社リンクスインターナショナル
http://www.links.co.jp/item/gx1200/






GX1200_02.jpg



GX1200_03.jpg



GX1200_04.jpg



GX1200_05.jpg



GX1200_06.jpg



GX1200_07.jpg



GX1200_08.jpg



GX1200_09.jpg



GX1200_10.jpg



GX1200_11.jpg



GX1200_12.jpg
(via zol.com)

対応フォームファクタ:E-ATX/ATX/MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:7、ドライブベイ:3.5/2.5インチシャドウx2・2.5インチシャドウx3、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out・LEDライトスイッチ、標準搭載ファン:フロントx2(120mm)、サイズ:幅260x奥行き595x高さ560mm、重量:約7.5kg、という仕様。RGB仕様のLEDファンx2基標準搭載、フロント底面にLEDボトムライト搭載、ファン回転数やLED発光パターンを調整できるマルチファンコントローラー搭載、アクリルウィンドウ採用のサイドパネル、フロント・トップ・ボトムの3ヵ所にダストフィルター装備、ビデオカード最大410mm対応、水冷ラジエータ最大360mm対応、などが特徴。5インチベイがなかったりLEDパーツが標準搭載されていたりと、トレンドは一通り押さえている印象のケース。最近この部門では正直パッとしないAntecの流れを少しくらいは変える存在になるのか注目ですね。「GX1200」は13,000円前後の価格で販売開始となっています。




E-ATXケース GX Series GX1200
Antec
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09