【イヤホン】VJJB 『VJJB K2』 レビューチェック

VJJB_K2_01.jpg


海外で発売されているVJJBのイヤホン「VJJB K2 (K2S)」。
低価格帯の中華イヤホンでは日本でも周知のメーカーとなったVJJB。これは「VJJB K4」の後に登場したアルミハウジング採用のダイナミック型イヤホン。ちょっとチェックしてみます。

VJJB
http://www.vjjb.cn/





Banner_01.png



VJJB_K2_02.jpg



VJJB_K2_03.jpg



VJJB_K2_04.jpg



VJJB_K2_05.jpg



VJJB_K2_06.jpg



VJJB_K2_07.jpg
(via Amazon/Head-Fi)





Banner_06.png


[#1]
VJJB K2が出てるけどVJJBのイヤホンはハズレ少ないし
デザインも洗練されてるよね



[#2]
>>#1
K4と間違ってんじゃねーの?と思ったらマジだった…
K4買ったばかりだけどポチるわ
http://ja.aliexpress.com/item//32573354969.html



[#3]
ED9みたいな音鳴らしそうだなvjjbk2



[#3]
VJJB K2届いた
箱無し、青色頼んだらこれが来た
VJJB_K2_08.jpg



[#4]
VJJB K2だがK4と同様に中低音が強め
K4よりK2のほうが低音薄めで音が軽い印象はある
正直、音の傾向が似てるのでどっちか1個あればいい感じかな…
もうちょっと差別化して欲しかった
個人的にはK2の音のほうが好みかな



[#5]
VJJB K2だが鳴らしてるうちに良バランスで心地よい音になってきた
K1がキレのある軽快な音なら、K4は重厚で濃ゆい音
K2はその中間のニュートラルな音という感じ



[#7]
最近買った中ではVJJB K2が一番気に入ってる
音も見た目もいい



[#8]
K2は最初K4と似たような音だったけど
Burn inが進むとK4よりシャープでキレのある音に変わって来た
K1よりは低音が効いてて万人受けしそうなバランスだわ
今は俺の中で一番使ってて楽しい音を出すイヤホン
ケーブルは気になるほど幅は広くないので許容範囲



[#9]
VJJBなら最近出たK4やK2が良いよ
K4は中低音多めの重厚な音、K2は良バランス型
高音は伸びないわけじゃないが自然な鳴り方だから
ED9みたいな高音キラキラ系が好きならどちらもオススメしないけど



[#10]
最近買った中ではVJJB K2が最強だな
音のバランスも抜けも良くて優等生な感じ
VJJBイヤホンの中でも一番好きかも



[#11]
>>#10
他のvjjbは試した?



[#12]
>>#11
C1デカ、K1、V1、K4も持ってるよ
どれも悪くないが特にK2が気に入った



[#13]
ドラクエビルダーズとかドラクエ10のゲームだと
どのイヤホンが合うのかな
ゲームサントラ良く聞く人いたら教えてほしいです



[#14]
>>#13
AudioSense TX10かVJJB K2あたりが聞いてて楽しめると思う



[#15]
vjjb k2
ジルコン好きはいいかも、音場広めで濃密な音



[#16]
VJJB K2は音がキレッキレでいいな
一般受けしそうな音だわ



[#17]
vjjb k2買ったんだけど、どのくらい慣らせばいい?



[#18]
>>#17
使いながら慣らすんだったら流しっぱなしで1日くらい放置してから使用開始。
一気に仕上げるなら1週間くらい。
K2は持っていないけどV1はそのくらいだった。
3日目くらいでだいたいどんな感じになるかわかる程度には仕上がる。



[#19]
K2届いたけど巾着袋みたいなのに直で入っててイヤピも付属してなかったわ
音は綺麗だから本物だとは思うけど



[#20]
>>#19
うちもそうだった
もともと初期のVJJBイヤホンは箱無し巾着入りで届くものだったので心配ないと思う
久々に巾着入りで来たなって感じ



[#21]
easyで買ったK2は黒丸ケースに入れて送ってきたよ
巾着にイヤピ2種とコンプライっぽいやつ。
最初本体にもケースにもイヤピついてないから入れ忘れかと思ってしまったw



[#22]
VJJV K2届いたが低音強すぎてキツイな



[#23]
>>#22
K2できつかったらほとんどのイヤホンがきつくね?
K4ならまだわかるが



[#24]
K4は低中音が重厚な鳴り方だな
低音苦手ならK4より低音控えめのK2買ったほうがいいよ
俺はどっちも好きだが






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
型式:ダイナミック型、ドライバー:6mm径、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:110dB/mW、最大入力:2mW、インピーダンス:32Ω、コード長:約1.2m、重量:約15g、という仕様(販売場所によって数値が異なっているので、どれが正確なのかは不明)。アルミハウジング・フラットケーブル採用、インラインリモコン/マイク装備、ゴールド・グレー・ブルーの3カラーラインナップ、イヤーピース6セット・ポーチ・ハードケース付属(販売場所によって付属品が異なる)、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。K4に比べれば低音は控えめだがキレのあるサウンド、音の抜けも良く音場も広めで優等生と言えるバランス型、同社イヤホンの中で万人受けしそうなのはこれ、といった内容。K4の方は低音が強めとの評価が多かったので、その音作りを好まない人はこちらの方が確実に合いそうな印象。そしてこれも海外では10ドル台前半という中華系らしい低価格で販売されていますから、お試し感覚で買ってみるのもアリでしょうね。




CollectionAudio高音質 カナル型 イヤホン 臨場感溢れる 重低音 hifi ボーカル バランスよい アルミハウジング 軽い ゴールド K2S
CollectionAudio
売り上げランキング: 119693



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09