Bluetoothメカニカルキーボードをまとめてみた(~2016/05)

Bluetooth_Mechanical_Keyboard__01.jpg


Bluetoothメカニカルキーボード・・・・名の知れたメーカーの中では結構前から製品をリリースしているFILCOが代表的というか実質オンリーワンで、一般的なショップやショッピングサイトを巡ってもFILCOくらいしか選択肢がない状況。しかしマニアックな域へ入っていくと、少しキワモノ感がある中華系の製品が割と多く存在していたりする。さらに期待の新製品がそう遠くないうちに発表されるという情報も。というわけで今回はBluetoothのメカニカルを自分の知る限りでまとめてみました。

テンキーレスのRGB仕様メカニカルキーボードをまとめてみた(~2016/04)
http://watchmono.com/blog-entry-6349.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__02.jpg


まずはその1、「Majestouch Wireless」。
おそらくBluetoothメカニカルキーボードの第一号となった元祖的な製品で、2007年発売という時代を先取りしすぎた感もある一品。当時のBluetoothって携帯電話に搭載しているのも珍しかったですし、巷ではまだ微妙な無線規格という認識でしたから、今考えるとよくそんな時期に出したもんだなーと挑戦的な展開に感心しますね。

『Majestouch Wireless / Majestouch Convertible 2』の外観比較
http://watchmono.com/blog-entry-5447.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__03.jpg


その2、FILCOの「Majestouch 2 Convertible」。
2013年1月に発売された上記の後継機となるもので、USB接続にも対応したハイブリッドなモデル。これが出る前に上記は廃盤となっていましたし、この頃は中華系の製品もまだ存在していませんでしたから本当にオンリーワンな存在でした。

【キーボード】FILCO 『Majestouch 2 Convertible』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-2879.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__04.jpg


その3、FILCOの「Majestouch Convertible 2」。
2014年12月に発売された上記の後継機であり現行機でもあるシリーズ第三世代モデル。旧世代にはなかった英語配列版も選べるようになった事、同社のキーボード工房でセミオーダーできるようになった事、海外ではクリームホワイトのカラーが出ている事、そのあたりが理由で旧世代に比べると海外ユーザーが一気に増えた感があります。

【キーボード】FILCO 『Majestouch Convertible 2』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-5160.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__05.jpg


その4、FILCOの「Majestouch Convertible 2 NINJA」。
上記をベースにキーキャップの刻印が前面仕様になっている”忍者”モデル。日本ではまだ発売されていないので海外限定の製品、正確に言えば中国の直販サイトでしか見かけないので中国限定の製品かもしれません。

”忍者”仕様になったBluetoothメカニカルキーボード『Majestouch Convertible 2 NINJA』
http://watchmono.com/blog-entry-5428.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__06.jpg


その5、FICOの「Majestouch MINILA Air」。
コンパクト・メカニカルキーボードのMINILAをBluetooth接続にしたワイヤレスモデル。当時はコンパクトサイズのメカニカルもまだそこまで多くなかったのに、それをワイヤレスにして出してきたわけですからとても斬新だった。ただ、最近の目で見れば改善の余地ありと思えるものなので、洗練された後継機をそろそろ期待でしたいですね。自分もユーザーなので。

Bluetoothメカニカルキーボード『Majestouch MINILA Air』を2年ほど使ってみて・・・・
http://watchmono.com/blog-entry-5697.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__07.jpg


その6、Matiasの「Laptop Pro」。
コンパクトサイズのBluetoothメカニカルキーボードとしては上記よりも先に登場したMac向けのモデル。コンパクトながらキー数や配列に無理がないので、Windows向けで出していたらもっと支持されていたかもなーという一品。これに限らずMac向けの周辺機器は純正品が色々と圧倒的すぎて”外様”は衰退した感がありますね。

MatiasのMac向けBluetoothメカニカルキーボード『Laptop Pro』
http://watchmono.com/blog-entry-2757.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__08.jpg


その7、JAKIの「JAKI JB002」。
Bluetooth/USB接続両対応でキーバックライトも搭載しているフルサイズのメカニカルキーボード。これ以降に取り上げるものはほとんど中華系の製品ですが、そういえばフルサイズはこれしか出ていないよなーと思ったり。あと、中華系の共通点はBluetoothのワイヤレスでもキーバックライトを搭載しているところでしょうか。

フルサイズでキーバックライト搭載のBluetoothメカニカルキーボード『JAKI JB002』
http://watchmono.com/blog-entry-6338.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__09.jpg


その8、Varmiloの「Varmilo VB87M」。
有名な共同購入サイトで製品を取り扱われる事が結構多い中国メーカーのBluetoothメカニカルキ-ボード。最近のトレンドと言えるフレームレスなスリムデザインと質感が良さそうな外観は好印象ですし、FILCOがまだ出していないテンキーレスという事もあって海外ではユーザーをちらほら見かけます。

Varmilo
http://www.varmilo.com/main






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__10.jpg


その9、RK(Royal Kludge)のキーボード「RK61」。
個性的なメカニカルや静電容量無接点方式のキーボードを出している中華系メーカーのコンパクトなBluetoothキーボード。このサイズでワイヤレス関連のパーツもバッテリーも積んでいるのはすごいなと思う反面、それゆえにキワモノ感が否めない一品。ここの製品は日本でも取り扱っているショップがあったりしますが、この製品はやっぱりキワモノなのか取り扱っていません。

キーバックライトも搭載したコンパクトBluetoothメカニカルキーボード『RK61』
http://watchmono.com/blog-entry-5651.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__11.jpg


その10、obinsの「ANNE Pro」。
上記と同じくキーバックライトを搭載したコンパクトサイズのBluetoothメカニカルキーボードですが、こちらはキーバックライトがフルカラーでイルミネーションモードも備わっているRGB仕様モデル。実用性とか安定性とかは二の次で最新の機能を積極的に取り入れようとする中華系の勢いは、ある意味素晴らしいですね。

コンパクトサイズでRGB仕様のBluetoothメカニカルキーボード『ANNE Pro』
http://watchmono.com/blog-entry-6396.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__12.jpg


その11、PLUMの「Nano 75」。
2014年の春ごろには出回っていた中華系のBluetoothメカニカルキーボード。製品名どおり75キーの特殊コンパクトサイズでキーバックライトを搭載、そのキーバックライトがデュアルLEDで3色に光るというのも当時はまだ目新しかった記憶。フルカラーLEDが瞬く間に普及したからデュアルLEDはある意味短命だったよなぁ・・・・。ちなみに同型で静電容量無接点方式&RGB仕様のモデルも最近リリースしたようです。

キーバックライト搭載のBluetoothメカニカルキーボード(Nano75)
http://watchmono.com/blog-entry-4036.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__13.jpg


その12、KEYCOOLの「Bluetooth RGB」。
特殊テンキーレスとも言える71キーのBluetoothメカニカルキーボードで、フルカラーのキーバックライトも搭載しているRGB仕様モデル。今回取り上げた中(製品化されているもの)では一番新しく、キワモノ感はまだあるけれども以前の同類に比べれば完成度は高くなっている印象。こういうのを見ると中華系も次の段階に入っている感じで、RGB仕様がもう当たり前になってくるかもしれませんね。

KEYCOOL、71キーのBluetoothメカニカルキーボード『Bluetooth RGB』
http://watchmono.com/blog-entry-6378.html






Bluetooth_Mechanical_Keyboard__14.jpg


最後その13、Ducky Channelの「Ducky Air Bluetooth」。
現時点で公式からまだ何も発表されておらず、リークの形で情報が少し流れていた期待の新製品。68キーの特殊コンパクトサイズ、Bluetooth/USB両対応、単色のキーバックライト搭載、Cherry MXキースイッチ採用、Nキーロールオーバー対応、と記載されていましたが、おそらく近々行われるイベントで発表されるはずなので詳細は後日。MINILA Airを脅かす存在になるでしょうし、日本語配列版が出たら個人的に絶対ほしい・・・・。そしてあのDucky ChannelもBluetoothメカニカルに参戦したきたとなると、情勢が一気に変わるかもしれませんね。

DuckyChannel International Co., Ltd.
http://www.duckychannel.com.tw/




FILCO Majestouch MINILA Air Cherry MXスイッチ赤軸 日本語配列カナなし Bluetooth3.0ワイヤレス接続 ダブル親指Fnキー配列コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー ブラック FFBT68MRL/NB
FILCO(2013-09-20)
売り上げランキング: 18049



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09