ビット・トレード・ワン 『BFKB92UP2』 レビュー ~使用感~

BFKB92UP2_26.jpg


2016年4月に発売されたビット・トレード・ワンのキーボード「BFKB92UP2」。
近年では希少種となったメンブレンスイッチ採用&テンキーレスのゲーミングキーボード。ある程度使ってみて特性など大体把握できたので、今回はレビューを完結させる形で使用感について触れていきます。

ビット・トレード・ワン 『BFKB92UP2』 レビュー ~外観~
http://watchmono.com/blog-entry-6313.html






BFKB92UP2_27.jpg


■キータッチの感触は微妙に重く、微妙に深い。キーを押した際の安定性はかなり優秀
キースイッチにブランジャー構造のアクチュエータ採用を特徴としているこのキーボード。キータッチは押下特性(55g±20g)の数字どおりというか初動が微妙に重く、キーストロークも微妙に深い感触。軽いタイプから乗り換えると押す力を少し追加する形になりますが、慣れとコツを掴めばそのあたりは何とも思わなくなってくる。キーを押した際の安定性はスイッチの構造が活きているのか、かなり優秀と思えるレベル。グラつきをほとんど感じませんし、1キー1キーしっかりと打ちたい人や普段からやや乱暴気味に打っている人には適してそうな出来です。






BFKB92UP2_28.jpg


■PBT樹脂製のキーキャップはこの価格帯では考えられない質の良さ
製品情報に特徴として記載はあるけれども強調はあまりしていないPBT樹脂製のキーキャップ採用。ここは何気に大きく特筆するべき点だと個人的に思う。この価格帯では考えられない質の良さというか、この価格帯で採用している製品は他にないのではないかと。皮脂によるテカりは一部を除いて(スペースキーだけは少し目立つ)ほとんど見られませんし、耐久性も期待できる。キーキャップは確実に価格以上と言えるでしょう。






BFKB92UP2_29.jpg


■筐体の質感も良く剛性も良い。全体的に安っぽさは感じられず統一感がある
筐体はキーキャップほどではないけれども質感は良い方だと言える出来。全体的に安っぽさは感じられませんし、いい意味で飾り気のないマットブラックは統一感がある。強度が高い作りになっている&内部にプレートが使われているので、剛性もしっかりしている。打っていてどこかに軋み・歪みを感じる事はないと思います。






BFKB92UP2_30.jpg


■Fnキー機能は特にゲームで”かゆいところに手が届く”利便性。一部正常に作動しない
音量&ミュートや特定キーの変更・無効ができるFnキー機能。仕様なのか不具合なのかわかりませんが、自分が使っているものだとWinキーを右Ctrlに変更が正常に作動しない(Winキーが無効の形になるだけ)。そこまで重要なポイントではないからスルーできますかね。他は正常に動作しますし、変更・無効は特にゲームだと”かゆいところに手が届く”利便性です。※追記、Winキー⇔右Ctrlの不具合は自分のPC環境に原因があったようです。






BFKB92UP2_31.jpg


■ロゴLEDはオマケ程度のアクセントで気にならないが、PCオフ時に点灯してしまう
スペースキーに入っているメーカーロゴはホワイトのLEDで発光しますが、眩しく感じるような光量ではなく正直オマケ程度のアクセント。ある程度使うと点灯していても別に気になりませんが、PCをシャットダウン&ログオフにすると消灯するどころか逆に常灯する形になる(Win LockのLEDも常灯する)。消灯する方法がありませんし、人によってはここがちょっとした短所になるかもしれません。※追記、Win Lockの点灯も自分のPC環境に原因があったようです。






BFKB92UP2_32.jpg


■ゲームプレイ時のポジション・・・・オーソドックスなタイプなので人を選ばない
キーボード自体は比較的オーソドックスなテンキーレス。ゲームに特化したような部分はありませんが余計だと思う部分もないので、ゲームプレイ時は誰もが無難なポジションが取れるものになっていると思います。使っていてここが気になるとか足りないとか思うところは特にありません。あと、同時押しやレスポンスといった点も使っていて引っかかるような事はなく、快適の一言です。






BFKB92UP2_33.jpg


■普段使いのポジション・・・・パームレストを常用している人はこれも必要となりそう
前述のとおり比較的オーソドックスなテンキーレス。ちなみにフレーム前方の高さは約19mmで、素の状態でも特に問題なく使える。ただ、どのキーボードでもパームレストを常用している人は、これでも必要になるかもなぁという印象。自分がそれに当てはまるのであった方がいいですね。






BFKB92UP2_34.jpg


■ロジクールのG105に比べてキーまわりのクオリティはこちらの方が上
メンブレンのゲーミングキーボードで自分が他に所持しているのは、定番機の一つとなっているロジクールの「G105」(AA)。サイズ的にも特徴的にもタイプが違うものなので比較対象としては不適かもしれませんが、肝心のキーまわりを比べるならキースイッチもキーキャップもコストがかかっていそうなこちらの方がクオリティが高い印象。総合的に見てどちらが良いかは各自の好み次第になると思います。






BFKB92UP2_35.jpg


■富士通のテンキーレスとは同条件でも別物と言えそうな出来
メンブレン・テンキーレス・日本語配列の条件に当てはまるものは、他に富士通の「FKB8769-052」(AA)のみ。見た目からして古き良き時代を感じさせるモデルですが、見た目だけでなく他の部分もこれとは別物と言えそうな出来になっている。キータッチはこれよりも軽くソフトな感触で、キーボード自体も結構軽い(約650g)。ただ、それゆえに持っただけでも脆さを感じたりもする(これに比べたらの話)。上記と同様にどちらが良いかは好み次第。






BFKB92UP2_36.jpg


■フルサイズモデルと基本部分は同じだが、デザインや機能はこちらの方が洗練されている
同シリーズのキーボードはフルサイズの「BFKB109UP1」(AA)が先に発売されており、基本的な部分は同じ作りになっている。ただ、これは単にそれをテンキーレスにしたわけではなく、Fnキー機能が備わっていたりサイドラインの色がグレーになっていたり、違う点がいくつかある。このシリーズは知っている人が見れば今は亡きDHARMAPOINTの実質再販品だと思いそうですが、フルサイズの方はほとんど変わっていないので多分それに当てはまる。でもこのテンキーレスは手が加えられているのでそれに当てはまらず、洗練された感があります。






BFKB92UP2_37.jpg


■総評:メンブレンキーボードとしては優等生。テンキーレスを好む人にも大いに推奨できる
最後にまとめる形で感想を。自分は最近デスクトップだとメカニカルキーボードを常用しており、メンブレンキーボードをメインに使う事はこの先ないだろうと思っていた。今回レビューするために使っていたとはいえ、その期間にメカニカルへ戻す事は一度もなく、メンブレンでも出来のいいものは想像以上なんだと考えを改める良い機会になりました。表向きはゲーミングキーボードになっていますが、性能的にもデザイン的にも用途は問わないであろう一品。メンブレンの中ではトップクラスの優等生だと評したいですし、キースイッチとかは不問でテンキーレスを好む人にも良い選択肢になると思います。

上記でも触れたとおり知っている人からすれば、このシリーズはどうしてもDHARMAPOINTがよぎるはず。でもメーカーが消滅して廃盤になり、市場でお目にかかれる事は二度とないだろうと思われていましたから、仮に実質再販品の形で出していたとしても需要はそれなりにあったでしょう。テンキーレスの方は希少種の再登場に加えて改良版とも言える内容。製品の出来に対して価格のバランスも取れていますし、客観的に見ても素晴らしいと思える良品ですね。「BFKB92UP2」は現在5,000円台で販売されています。




ビット・トレード・ワン 複数同時押し対応コンパクトゲーミングキーボード(テンキーレスモデル) ブラック BFKB92UP2
BIT TRADE ONE(2016-04-08)
売り上げランキング: 5156



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09