【ハンドセット】ソニー 『SBH54』 レビューチェック

SBH54_09.jpg


2016年3月に発売されたソニーのハンドセット「SBH54」。
レシーバー型Bluetoothイヤホンとしても使えるBluetoothハンドセット、もしくはBluetoothハンドセット機能も備えたレシーバー型Bluetoothイヤホン、という稀少なタイプのモデル。2013年に発売された「SBH52」の後継機となりますが、簡潔にチェックしてみます。

ワイヤレスステレオヘッドセット SBH54 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/sbh54/





Banner_01.png



SBH54_10.jpg



SBH54_11.jpg



SBH54_12.jpg



SBH54_13.jpg



SBH54_14.jpg



SBH54_15.jpg



SBH54_16.jpg






Banner_06.png


[#1]
SBH54
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150902_718665.html



[#2]
SBH50の正常進化版かと思ったらMW600に先祖返りか
う~ん



[#3]
単体でハンドセットになるのは面白いけどコーディックはSBCのみか
ディスプレイに曲表示はできなさそうだし



[#4]
バイブレーション付きが面白い位か
せめてノイキャン付きならなあ



[#5]
これだよ
MW600Ⅱ来た来た来た来た北ーーーーーーーーーー!



[#6]
sbh54も最初外国だけリリースでxperia storeで後から発売されそう



[#7]
どなたかご存知でしたら教えてください。
SBH54でノイズキャンセリングが全く効きません。
付属のイヤホンでもEX31BNのイヤホンを使ってもダメ。
ノイズキャンセリングを使うのに何か必要なのでしょうか。



[#8]
>>#7
公式見るとSHB54のノイズキャンセルはマイクにしか効かないようだが…



[#9]
ノイズキャンセレーションマイクではなく
通話用マイクをノイズキャンセリング用に兼用してるんだな。



[#10]
片耳ヘッドセットによくあるやつか



[#11]
SBH54のデザインは好きなんだけどaptX非対応っぽいんだよな
SBH80の製品仕様には対応コーデックにaptXとあるけど
SBH54のページにはどこにもaptXが載ってない
残念すぎる



[#12]
>>#11
SBH54はaptx非対応。aptx.comの対応製品リストにも掲載されていない。
SBH54の価値はSBH52と同じくハンドセット利用が可能なことにあって
音楽利用はあまり重視していないんだろう。



[#13]
SBH54が日本で発売されてる
http://pur.store.sony.jp/headphone/products/SBH54/SBH54_product/



[#14]
SBH54買った。
MW600の時に出来たボイスコントロールが使えた。
付属のイヤホンはU型だった。使いにくいので、Y型に付け替え。
ボリュームは曲送りとは別で、物理ボタンだから良い。
SBH52とかよりMW600に近い感じ。



[#15]
SBH54を持っていらっしゃる方
SCMS-Tに対応しているかわかりますか?
SBH50を使ってて買い替え考えてるんですが
TorneMobile等の音声を飛ばせるか気になりまして



[#16]
>>#15
SCMS-T対応だよ



[#17]
SBH54はNC対応と書かれてるけど
通話時にこちら側のエコーや風などのノイズをカットして
クリアな声を相手に届ける機能だから
よく話題に上るNCとは全く別の機能で紛らわしいね



[#18]
SBH52はヘッドフォン接続時に着信した場合
ヘッドフォンとスピーカ両方から着信音流れるってレビューで見たけど
SBH54ではヘッドフォン接続時はヘッドフォンからだけ着信音流れる?



[#19]
>>#18
スピーカからも鳴るけど音量はすごく小さい
静かな場所でないと気付かないレベル
音量ボタンを押せばすぐに消せる
ヘッドホン挿して音楽聴いてないときはバイブで着信に気付くことが多い






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 3.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、連続再生時間:8時間、連続通話時間:4時間(ハンドセット時)、連続待受時間:300時間、充電時間:約1時間、サイズ:17.7x16.8x70mm、重量:18.6g(本体のみ)、という仕様。電話番号・発信者名・FM局・楽曲/アーティスト・メール通知などの表示が可能なディスプレイ搭載、バイブレーション機能搭載、FMチューナー内蔵、NFC接続対応、なども特徴。カラーはブラック・ゴールドの2色。ブログでレビューしている人(Jetstream BLOG)はお一人いましたが、旧型のSBH52よりコンパクトかつ軽量になって機能面は向上している、マルチポイント・マルチペアリングに対応している、とのこと。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。本体はSBH52よりもMW600に近い作りになっている、ノイズキャンセリング云々は通話時の機能、SCMS-Tは対応している、コーデックはSBCだけだったりと音楽再生はあまり重視していない、といった内容。旧型と同じく多機能なBluetoothハンドセットとして見るのが妥当、Bluetoothイヤホンとしては過度な期待をしない方がよさそうな印象。あと、並行輸入品のFMチューナーは日本の周波数に対応していないようなので、日本正規品が出た今となっては安くならない限りそちらを買うメリットはないでしょうね(日本正規品はソニーストアのみ取り扱い)。「SBH54」は現在11,000円台の価格で販売されています。




SONYソニー Stereo Bluetooth Headset SBH54 ノイズキャンセリング,NFC機能付【並行輸入品】(Gold ゴールド 金)
ソニー
売り上げランキング: 138878



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09