超大型ゲーミングマウスパッドをまとめてみた(~2016/04)

Big_MousePad_2016_01.jpg


マウスだけでなくキーボードなど他の周辺機器も置けるビッグサイズ、かつゲーミンググレードの品質になっている超大型ゲーミングマウスパッド。数年前は片手で数えられるほどしか出ていませんでしたが、ここ1年くらいで名の知れたゲーミングデバイスメーカーも数多く参戦してきて選択肢は急増中。というわけで今回はそれに該当する製品をまとめてみました。既に廃盤となったものや品質的に当てはまらない実質ノーブランド品は除きます。

超大型マウスパッドをまとめてみた(~2014/10)
http://watchmono.com/blog-entry-4746.html






Big_MousePad_2016_02.jpg


まずはその1、Razerの「Razer Goliathus 2013 Extended」。
製品名どおり2013年に登場(リニューアル)した元祖とも本家とも言える超大型ゲーミングマウスパッド。奇抜なデザインの先駆けでもありますが、最近の目で見ても一番派手だなーという印象。登場から3年近く経っていますし、ライバルが次々と参戦してきていますから、そろそろ”2016”みたいな形で再びリニューアルされても不思議でないでしょう。

Razerの現行マウスパッドはRazerで揃えないとサマにならない(Goliathus 2013)
http://watchmono.com/blog-entry-3978.html






Big_MousePad_2016_03.jpg


その2、SteelSeriesの「SteelSeries QcK XXL」。
定番ゲーミングマウスパッドであるQcKシリーズでも超大型モデルが2015年に登場。このシリーズらしくワンポイントのシンプルなデザインは、メーカー問わずどの組み合わせにも合いそうで好印象。日本では先月(2016年3月)に正規品が発売されたようですが、今回ピックアップした中では最高額品になっています。

【マウスパッド】SteelSeries 『SteelSeries QcK XXL』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-5444.html






Big_MousePad_2016_04.jpg


その3、Corsairの「MM300 Extended」。
シンプルなデザインのMM200シリーズで超大型ゲーミングマウスパッドを出していたCorsairが、新シリーズの方で奇抜なデザインのモデルをリリース。全面プリントかつメーカーを強調している外観ですが、カラーリングのおかげか派手派手しさはそこまで感じられず、同社の入力デバイスで統一しなくても違和感はなく使えそうな一品です。

Corsair、新タイプの超大型ゲーミングマウスパッド『MM300 Extended』
http://watchmono.com/blog-entry-6097.html






Big_MousePad_2016_05.jpg


その4、ロジクールの「G940」。
ゲーミングマウスは数多く出していてもゲーミングマウスパッドは今まで3製品しか出していなかったロジクールの超大型モデル。ただし日本では単体で販売されておらず、ゲーミングマウスとセットの形で出回っています。

ロジクールの超大型ゲーミングマウスパッドがセットの形で日本でも発売
http://watchmono.com/blog-entry-6134.html






Big_MousePad_2016_06.jpg


その5、Mionixの「Sargas XL / Sargas XXL」。
前方中央の部分が少し丸くカットされているゲーミングマウスパッドのSargasシリーズ。以前のモデルはロゴがワンポイントで入っているだけのシンプルなデザインでしたが、2015年に馬鹿でかいロゴが入った新バージョンが登場。幅900mmの超大型だけでなく、他のメーカーが手を出していない幅1200mmの超特大型もあるのがポイントです。

Sargas XXL - MIONIX EU Webshop
http://mionix.net/surface/sargas-xxl/






Big_MousePad_2016_07.jpg


その6、Mionixの「Alioth XL / Alioth XXL」。
こちらは通常の形状と言えるステッチ加工が施されたシリーズで、上記と同じく2015年にリニューアル&幅1200mmの超特大型も新登場。”MIONIX”のロゴが左側に大きく入ったデザインで、派手さはそこまでないけれどもメーカーを強調している外観です。

Alioth XXLarge - MIONIX EU Webshop
http://mionix.net/surface/alioth-xxlarge/






Big_MousePad_2016_08.jpg


その7、Cooler Masterの「Swift-RX XL」。
ゲーミングマウスやゲーミングキーボードはこれまで色々出していたCooler Masterですが、ゲーミングマウスパッドは2015年に初リリースされ、スタンダードタイプと言えるSwift-RXシリーズに超大型モデルがあり。デザインは上部の2ヶ所にロゴが入った比較的シンプルなもの。代理店の動きから考えると、日本で発売される可能性は低いでしょうかね・・・・。

Cooler Masterの超大型ゲーミングマウスパッド『Swift-RX XL』
http://watchmono.com/blog-entry-5342.html






Big_MousePad_2016_09.jpg


その8、Tt eSPORTSの「Dasher 2016 Extended」。
内容的に独自路線のゲーミングデバイスを展開しているTt eSPORTSの超大型ゲーミングマウスパッド。今回ピックアップした中では一番新しい製品ですが、これもビッグサイズのロゴが入っていたりとメーカーを強調したデザインになっています。

Tt eSPORTSの超大型ゲーミングマウスパッド『Dasher 2016 Extended』
http://watchmono.com/blog-entry-6281.html






Big_MousePad_2016_10.jpg


その9、HyperX(Kingston)の「HyperX FURY Pro」。
ゲーミングデバイスではヘッドセットが一番知られているHyperXの超大型ゲーミングマウスパッド。発売当時はブランドロゴが大きめで主張が強いなーと思っていましたが、後続の他社製品はもっと主張が強いものばかりだったので今となってはむしろシンプルに思えたり。

超大型もあるHyperXのゲーミングマウスパッド『HyperX FURY Pro』
http://watchmono.com/blog-entry-5189.html






Big_MousePad_2016_11.jpg


その10、COUGARの「ARENA」。
日本でも既に発売されているCOUGARの超大型ゲーミングマウスパッド。全面プリントのデザイン&オレンジ基調のカラーリングはRazerに匹敵する派手派手しさ。ただし幅800mmと他社製品に比べたらサイズが小さめです。

COUGARの超大型ゲーミングマウスパッド『ARENA』
http://watchmono.com/blog-entry-6163.html






Big_MousePad_2016_12.jpg


その11、Sharkoonの「FireGround」。
その名のとおり炎をモチーフにしたイラストが入っているデザインで、左側3/5くらいの範囲にキーボード滑り止め用のノブが施されている特徴的な超大型ゲーミングマウスパッド。そのノブがあった方がいいのかは好み次第ですかね。

Sharkoonのキーボード滑り止め付き特大マウスパッド『FireGround』
http://watchmono.com/blog-entry-4395.html






Big_MousePad_2016_13.jpg


その12、EpicGearの「GryphuZ ULT」。
メーカーロゴの入った石を掴んだツメ、それに加えて羽根のイラストも入っている、風変わりなデザインの超大型ゲーミングマウスパッド。こういうデザインは確実に人を選ぶというか、これならまだメーカーを強調している方がいいかなと思うのが正直なところ。

EpicGearの超大型ゲーミングマウスパッド『GryphuZ ULT』
http://watchmono.com/blog-entry-5627.html






Big_MousePad_2016_14.jpg


その13、QPADの「QPAD UC-90」。
主にゲーミングマウスパッドとゲーミングマウスで知られるQPADの超大型モデル。サイズは上記のHyperXと同じ幅900x奥行き420x厚さ4mm、デザインはSteelSeriesみたいなワンポイントロゴ、良い意味で特筆する点のない出来になっています。

QPADの超大型ゲーミングマウスパッド『QPAD UC-90』
http://watchmono.com/blog-entry-5588.html






Big_MousePad_2016_15.jpg


その14、Ducky Channelの「Ducky Flipper EXTRA」。
メカニカルキーボードで知られるDucky Channelが2015年からゲーミングマウスにも参戦、それに合わせて登場したのがこの超大型ゲーミングマウスパッド。サイズ展開はしておらず超大型だけのラインナップというのも珍しいですが、ご覧のとおりシンプルなものですし、あくまでマウスとキーボードのアクセサリ扱いなのかもしれませんね。

Ducky Channelの超大型マウスパッド『Ducky Flipper EXTRA』
http://watchmono.com/blog-entry-5518.html






Big_MousePad_2016_16.jpg


その15、Perixxの「DX-1000XXL」。
まだ選択肢が少ないころに低価格の超大型ゲーミングマウスパッドとして登場し、コストパフォーマンスは今でも非常に高いと思えるモデル。表面はSteelSeries QcK互換と言える質感ですし、ワンポイントのシンプルなデザインなのでどれにも合う。同じ価格帯の実質ノーブランド品がいくつか出ていますが、同じ価格帯ならこれを選んだ方がいいと思います。

超大型ゲーミングマウスパッド『Perixx DX-1000XXL』を買ってみた
http://watchmono.com/blog-entry-3541.html






Big_MousePad_2016_17.jpg


最後その16、Perixxの「DX-2000XXL」。
上記とは作り・材質・サイズが異なる超大型ゲーミングマウスパッド。こちらは少しザラついた表面になっていて使用感で好みが分かれるかもしれませんが、コストパフォーマンスは上記と同様に高いです。特にステッチ加工の仕上がり具合がいいですね。

Perixx 『DX-2000XXL』 レビュー ~格安の超大型マウスパッド第二弾~
http://watchmono.com/blog-entry-4153.html




【国内正規品】 SteelSeries QcK XXL マウスパッド 67500
SteelSeries(2016-03-25)
売り上げランキング: 43385



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09