細部まで手の込んだスチームパンク風メカニカルキーボード『The Machinist Keyboard』

The_Machinist_Keyboard_01.jpg


海外で見かけたDatamancerのキーボード「The Machinist Keyboard」。
ハンドメイドで作られたスチームパンク風のPC周辺機器を取り扱っている事で知られるDatamancer。数年前に話題となったキーボードも今では結構なラインナップになっていますが、いざ実機を見てみると高いだけあって細部まで手の込んだすごい作りになっていました。

Keyboards : Datamancer.com, Modern Heirlooms with Classic Style
http://www.datamancer.com/cart/keyboards-c-65.html






The_Machinist_Keyboard_02.jpg



The_Machinist_Keyboard_03.jpg



The_Machinist_Keyboard_04.jpg



The_Machinist_Keyboard_05.jpg



The_Machinist_Keyboard_06.jpg



The_Machinist_Keyboard_07.jpg



The_Machinist_Keyboard_08.jpg



The_Machinist_Keyboard_09.jpg



The_Machinist_Keyboard_10.jpg
(via baidu)

基板~キースイッチの中身と言える部分はどこかのメカニカルキーボードから流用したものだと思いますが、その他の部分はすべてハンドメイドのパーツが使われている(と思われる)一品。使い込んだ機械みたいなデザインが施されているアルミフレーム、そのフレームに合わせた塗装がされているキースイッチ、ボルトみたいなというかボルトをそのまま使っているような六角キーキャップ、などパーツ一つ一つから本気を感じられる。ちなみにこのキーボードはプレート部とキーキャップを数種類から選べるようになっており、今回見かけたものは追加料金を払ったフルオプション。キーボード本体が725ドル、アルミプレート変更が150ドル、六角キーキャップ変更が175ドル、全部合わせて1,050ドル・・・・まぁ金額をあれこれ言うのはナンセンスな一種の芸術品でしょうね。




スチームパンク世界の描き方
エムディエヌコーポレーション(2015-08-28)
売り上げランキング: 48600



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09