【ヘッドホン】オーディオテクニカ 『ATH-A500Z』 レビューチェック

ATH-A500Z_01.jpg


2015年11月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホン「ATH-A500Z」。
オーディオリスニング用として定評のあるアートモニターシリーズの最新ヘッドホンで、型番的には「ATH-A500X」の後継機であり、現行のZシリーズ内では一番下位となるモデル。簡潔にチェックしてみます。

ATH-A500Z | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2777





Banner_01.png



ATH-A500Z_02.jpg



ATH-A500Z_03.jpg



ATH-A500Z_04.jpg



ATH-A500Z_05.jpg



ATH-A500Z_06.jpg



ATH-A500Z_07.jpg



ATH-A500Z_08.jpg
(via 巴哈姆特/巴哈姆特)





Banner_06.png


[#1]
オーディオテクニカを代表するオーディオリスニング用ヘッドホン
“ART MONITOR(アートモニター)”シリーズを一新
型番にZを冠した新モデル計4製品が11月13日発売
https://www.audio-technica.co.jp/release/release_detail.php?releaseId=134



[#2]
新製品来たな
Aシリーズは末尾Zか



[#3]
Aシリーズ
安いA500Zのハウジングが一番高級感あるなw



[#4]
500Zの試聴した人ー



[#5]
>>#4
500Zも試聴したけどAボイスコイルがボビン巻きになって
他のモデルよりも前モデルから音質性能大幅アップ
多分ボビン巻きボイスコイルじゃなかったA700Xより良いんじゃないか
A500ZとA900Zとの差が縮まってA700Xの後継はいらなくなりA700Zは出なかった



[#6]
A500ZやES750の出来が相当良くてアニソンの録音なら
これで十分過ぎるくらい



[#7]
コスパは500Zが一番良いだろうな



[#8]
a500z買ってきた、けどあんまり話題になってない感じ?



[#9]
やべー、イヤホン買いに行ったのに500Z買って来てしまった
装着感、軽さ、音質言う事ないな



[#10]
A500Z買ってきたぞ
なんつーか、イージーリスニングにぴったりなヘッドホンだな
着けてすぐはそれなりに籠り感ある
かつてのスカキンな音の面影はみじんも感じられず、
ズシンと力感ある低音が心地よい

装着感も良好、重さをかんじないのも良い
X世代までの「トータルイヤフィット(失笑)」から一変し、耳回りの収まりが良い
気楽に長いこと付き合っていけそうな一本かと
もう少し値が下がれば言うことなしだ



[#11]
>>#10
夏は使えないよ
汗かきでもない俺でもクーラー部屋でも暑くて蒸れて仕方ない



[#12]
>>#11
イヤパッドが耳の裏側まで回り込んでピッタリとホールドしてるから
たしかに蒸れそうだね

昨日、A500Zを買ってきてから一晩中スマホで鳴らしておいて、
さっき部屋のパソコンとUSB複合機に挿して音楽を聴いてみたら
びっくりするくらい昨日と音が違うわ
音の広がりや力強さ、伸びの良さがすごい
スマホにつなぎなおすとなんつーか、迫力がなく
野暮ったくて物足りない音になってしまう
A500Zでこんだけいい感じならA900Zとかもっとすごいんだろうか
アートモニターの上位モデルが欲しくなってきたよ



[#13]
a500z重くない?



[#14]
>>#13
300グラムって重い部類みたいだけど
側圧とパッドでうまく受け止めててあまり気にならないかな
ウイングサポートがチョコンと頭に乗ってる感があるが頭頂部は重さを感じない
耳の外側にハウジングがあると意識できるくらいの重さ(?)はある
個人的には太くて長いケーブルが鬱陶しいわ
巻き癖が強いな、これ



[#15]
先日京都のヨドバシで
A2000z~1000・900・500z 4つとも聴いてきました
上から3機種は違いはあれど基本的にはフラットな調整
ただ500zに関しては明らかに高音が弱く調整されており
A900zと差別化したかったのかもしれませんが
やりすぎな感じがしました



[#16]
今はA500Zを部屋のUSB複合機に挿して音楽を聴いています
聴きやすい印象は変わらず、試聴時より力強さや伸びやかさ
細かい音の表情が豊かになったと思う
言われてみれば高音の量は他より少ない気もしますね
ますますアートモニターの上位モデルが欲しくなってきたよ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
型式:密閉ダイナミック型、ドライバー:53mm径、出力音圧レベル:100dB/mW、再生周波数帯域:5 - 34,000Hz、最大入力:1,000mW、インピーダンス:40Ω、コード長:3m(片出し)、重量:300g(コード除く)、という仕様。専用チューニング&新開発の53mm径ドライバー、快適な装着感を実現する新3D方式ウイングサポート、フィット感を高める低反発イヤパッド、伸びやかな低音を再現するD.A.D.S.構造、絡みにくい高弾性エラストマーシースコード、などが特徴。ちなみにZシリーズ内ではこれだけハイレゾ非対応&中国製(他は日本製)になっている模様。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ボイスコイルがCCAWボビン巻きになって旧型よりも性能アップが実感できる、アニソンなどのリスニングには十分すぎる音質、上位モデルに比べると高音が妙に弱く調整されている、装着感は良好、Zシリーズ内ではコストパフォーマンスが一番良さそう、といった内容。評価的には旧型から進化している印象、でもまだ市場に残っている旧型との価格差が結構開いているせいか注目されていない感があり。それなりに値下がってからがある意味本番かもしれませんね。「ATH-A500Z」は現在12,000円台で販売されています。




オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホンaudio-technica ART MONITOR アートモニター ATH-A500Z
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 221066



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09