HORI 『EDGE 101』 レビュー ~外観~

EDGE_101_01.jpg


2015年11月に発売されたHORIのマウス「EDGE 101 (EGJ-101)」。
主に家庭用ゲーム機の周辺機器・アクセサリで知られるHORIがPC用のゲーミングデバイスにも参戦。ゲーミングキーボードの「EDGE 201」と共に第一弾として登場したこれは、独自開発のマイクロスイッチや金属製マウスソールを採用した実用性重視のゲーミングマウス。実機を試す機会をいただいたので、ここでは外観をメインに触れていきます。

EDGE 101 - オプティカルゲーミングマウス
http://www.edge-gaming.jp/edge_101/






EDGE_101_02.jpg


まず製品概要について。マウスの仕様は、センサー:光学式、解像度:50-6400dpi、トラッキング速度:200ips、最大加速度:50G、ポーリングレート:125/250/500/1000Hz、ボタン数:11、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅68x奥行き125x高さ40mm、重量:130g(ケーブルなし/錘あり)。

マウスの特徴は、Pixart SDNS-3988の光学式センサー、一般的なゲーミングマウスに比べて最大50%の高速入力を実現した独自開発のマイクロスイッチ、滑りの良さと耐久性の高さを実現した金属製マウスソール、ケーブルの引っ掛かりをなくす斜めブッシュ構造、ウエイト調整システム、フルカラーLED搭載など。






EDGE_101_03.jpg


開封して中身を確認。マウス本体・取扱説明書(保証書)・シリーズ製品パンフレット、といった内容物。保証期間は1年。説明書は各部名称や錘の着脱方法など必要最低限の事が書かれている。パンフレットは同時発売された同シリーズの製品一覧。・・・・続いてマウスの各部を見ていく事に。






EDGE_101_04.jpg


表面。形状はご覧のとおり左右対称で、カラーリングはブラック×シルバー。パームレスト部に”EDGE”のロゴがプリントされている。






EDGE_101_05.jpg


裏面。前後の2ヶ所に金属製マウスソールを装備。中央部の金属プレートは錘で、これがウエイト調整システムの役目になっている。






EDGE_101_06.jpg


左側面。一般的な位置のサイドボタン2個に加えて、後方にも独立したボタンが1個備わっている。






EDGE_101_07.jpg


右側面。左右対称なので左側とまったく同じ作り。






EDGE_101_08.jpg


前方。パッと見は少し流線的な形状になっているけれども、実際は全然凸凹していない。






EDGE_101_09.jpg


後方。至って普通のマルッとした形状。






EDGE_101_10.jpg


斜め視点その1。この角度だと少しRazerのDeathAdderっぽく見えるけれども、クリックまわりの形状はむしろ逆と言えますし、実際握ってみると別物。






EDGE_101_11.jpg


斜め視点その2。王道的な左右対称デザインという感じで、他社で似ているのはSteelSeriesのSenseiかなぁ。






EDGE_101_12.jpg


ボディ材質。表面と側面は同じ材質になっていて、ラバーコーティングではないサラサラした質感。加水分解みたいな劣化の心配は多分しなくてよさそう。






EDGE_101_13.jpg


ホイール。横幅がかなり細い。回転は1段階ずつカチカチ回るものではなく、ヌルヌル回るタイプ(ホイール自体がガッチリ固定されておらず横への”遊び”があり、その影響でカチカチ回るような感覚もある)。






EDGE_101_14.jpg


ホイール下ボタン。サイドボタンとは質感が違っていて、ここだけプラスチッキーな感じ。でもクリック感はしっかりしている。初期状態は上側にプロファイル変更、下側にDPI調節が割り当てられている。






EDGE_101_15.jpg


サイドボタン。前方の2ボタンはLEDで光るよう半透明になっている。後方の1ボタンはボディと同じ質感。






EDGE_101_16.jpg


サイドボタンのLED。最高輝度でも”ほんのり、うっすら”光る感じで、派手なタイプを好む人は満足できそうにないレベル。カラーの設定はソフトウェアを介して行う仕組み。






EDGE_101_17.jpg


斜めブッシュ構造。付け根が少し上向きになっていて、ケーブルがマウスパッドに擦れない配慮がされてある。これは何気に画期的、他社も見習ってほしいと思うほどGood。人によってはマウスバンジーを導入しなくて済むかもしれません。






EDGE_101_18.jpg


センサー。大手のゲーミングマウスでも使われているPixart SDNS-3988。位置はマウスの中心に設置されているので、そのあたり特に気になる事もなさそうです。






EDGE_101_19.jpg


マウスソール。フッ素潤滑処理された日本製のステンレスが使われており、手触りはツルツルしている。他に金属製を採用していたところは確かBloodyだけだったかなぁ・・・・とりあえず珍しいと言えるタイプです。






EDGE_101_20.jpg


ラベル。シールではなく筐体に文字をプリントしている。製造はご覧のとおりMADE IN CHINA。






EDGE_101_21.jpg


ウエイト調整システムの錘。センサーまわりに取り付けられたプレート型で、左右2ヶ所のネジを取れば外す事が可能。






EDGE_101_22.jpg


錘を外した状態。内部には固定用のネジ穴があるだけ。仮に分解するとしたらマウスソールを剥がして、そこにあるであろうネジを外す形でしょうね。






EDGE_101_23.jpg


ちなみにマウスソールと錘の高さは違っており、錘がマウスソールの役目も兼ねているわけではありません。






EDGE_101_24.jpg


ケーブル。メッシュタイプで太さも柔らかさも(このタイプでは)普通という印象。






EDGE_101_25.jpg


実重量その1。スペック表では錘込みで130gとなっていましたが、ほぼ公称どおりと言える約131gの結果。






EDGE_101_26.jpg


実重量その2。錘を取り外して量ってみると約103gの結果。マウスのサイズ・タイプを考えると、軽くも重くもない数字。






EDGE_101_27.jpg


差し引きすればいいだけですが、錘+ネジも一応量ってみると約28gの結果。錘が25g、ネジが3g、とこれも公称どおり。






EDGE_101_28


・・・・まだ届いたばかりの状態なので今回はここまで。続きはある程度使ってみてから、またレポートする予定です。既に大手メディアに詳しいレビューが出ていますし、自分は検証して数値やグラフを出すような事までするほどマウスにこだわりは持っていないので、”あくまで個人の感想です”みたいな軽い内容になると思います。この時点での印象を簡単に述べると、左右クリックは硬く浅く感じる、金属製マウスソールの滑りが良いせいか重量は数字以上に軽く感じる、錘は重量的に2~3種類あれば良かったかも、斜めブッシュ構造は大絶賛したい、自分の手には合っている方なのでじっくり使えそうです。

<関連記事>
HORI 『EDGE 101』 レビュー ~使用感~

http://watchmono.com/blog-entry-6102.html







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09