ゼピール 『DWC-A804-WH』 レビュー ~脱衣所に程よい壁掛けヒーター~

DWC-A804-WH_01.jpg


2014年10月に発売されたゼピール(ZEPEAL)の「DWC-A804-WH」。
脱衣所・洗面所・トイレなど限られたスペースの場所に適している壁掛けタイプの電気ファンヒーターで、ヒートショック対策にも良いと謳っている一品。冬が近づいてくると脱衣所が寒い寒いと以前から家族が言っていたので、設置的に邪魔にならないものはないかと調べたらこれが条件にピッタリだったので購入。ついでにざっとレビューでもしてみます。

DWC-A804-WH|電気ファンヒーター|オリジナル商品 - 電響社
http://www.denkyosha.co.jp/business/original/cat/cat45/dwc-a804-wh.html






DWC-A804-WH_02.jpg


パッケージ・・・・家電製品ではよくあるダンボールの箱で、各面に簡単な特徴が書かれてあります。






DWC-A804-WH_03.jpg


内容物・・・・ファンヒーター本体、壁掛け金具、説明書兼保証書、以上の3点。ヒーターの仕様は消費電力:800W/400W/30W(送風)、出力切替:3段階、自動オフ機能:有(1時間)、コード長:1.6m、サイズ:幅232x奥行き100x高さ316mm、重量:約2.1kg。保証期間は1年間となっています。






DWC-A804-WH_04.jpg


本体前面・・・・中央にロゴ、やや右上にインジケータがあるだけのシンプルなデザイン。






DWC-A804-WH_05.jpg


本体裏面・・・・上部には壁掛け金具を引っかける金具や壁固定のネジ穴、中央やや右上にはファン、左上には電源コード、左下には引き紐があり。






DWC-A804-WH_06.jpg


本体側面・・・・ラベルが貼られてあるだけで特に何もなく。






DWC-A804-WH_07.jpg


筐体の質感・・・・簡単に言えばサラッとしたマットホワイト。色合いは真っ白なんだけれどもピュアホワイトには該当しない、普通のホワイトですかね。






DWC-A804-WH_08.jpg


インジケータ・・・・このヒーターは引き紐を引っ張れば電源が入って、800W→400W→送風→電源オフの順番に切り替わる。インジケータはそれに合わせて光ります。






DWC-A804-WH_09.jpg


吹き出し口・・・・温風・送風が出てくるこの部分は少しだけ角度調整が可能。






DWC-A804-WH_10.jpg


ヒーター部・・・・吹き出し口を覗いてみるとヒーターがちゃんと備わっています。






DWC-A804-WH_11.jpg


引き紐・・・・換気扇で付いているのと同じタイプで、引っ張るとガチャッガチャッと切り替わる。紐の全長は約54cm。






DWC-A804-WH_12.jpg


壁掛け金具&ネジ穴・・・・ご覧のような構造。壁掛け金具を使わず別の方法でも固定できそうです。






DWC-A804-WH_13.jpg


ファン・・・・ヒーター本体が小型と言えるので、ファンも相応のサイズという感じ。






DWC-A804-WH_14.jpg


コード・・・・家電では一般的なタイプ。向かって右上の位置から出ているので、設置場所によっては配線を工夫しないといけないかもしれません。






DWC-A804-WH_15.jpg


壁掛け金具・・・・ネジがちゃんと付けられる壁であれば何も問題なさそう。






DWC-A804-WH_16.jpg


本体を壁掛け金具に引っかけて上部をネジで固定して取り付け完了。非常にコンパクトで奥行きもそんなにありませんから、狭い脱衣所でも存在が気にならないです。






DWC-A804-WH_17.jpg


風量や動作音は他で例えるなら・・・・除湿機みたいな感じでしょうか。風量は本当に微風と言えるレベル、温風が感じられる範囲は70cmくらい。動作音は申し訳程度にガーガー鳴る、脱衣所設置だと風呂に入っている時はほんの少し聞こえますが耳障りと思うほどではないです。






DWC-A804-WH_18.jpg


ヒーターなので室温上昇がどれほどなのか検証してみる事に。ウチの脱衣所/洗面所は1畳あるかないかのスペース。締め切った状態で稼働前の気温は12度くらい。800Wのモードでスタート。






DWC-A804-WH_19.jpg


稼働10分後・・・・気温は15度くらいになって室内の寒さもほんの少し和らいだ感じ。






DWC-A804-WH_20.jpg


稼働20分後・・・・気温は17度くらいになって服を脱ぐには抵抗感ない室温に。温風が体に当たる位置に設置すれば体感温度はそれ以上ですし、ウチの環境なら風呂へ入る10分前くらいから稼働しておけばこれでも十分な印象です。






DWC-A804-WH_21.jpg


・・・・最後にまとめる形で感想を。同社の壁掛けヒーターは上位モデルの「DWC-A1204-WH」(AA)、カーボンヒーターの「DDH-A805-WH」(AA)があり、最初はそのどちらかを考えていたのですが、各所の情報を見るに操作性がシンプルではありませんし、リモコンに”電源入”がなくて手動の場合は本体に手を伸ばさないといけない。自分はよくても家族が使いこなせそうにない感じだったので、若干妥協する形で下位のこれを選んだわけであります。でも一番邪魔にならず一番適した場所に設置できましたし、家族も難なく使えているので結果オーライですね。

ヒーターとしての出来は正直及第点。暖かいと思うほど気温上昇は見込めないが寒くないと思うくらいにはなる、その程度に考えておいた方がいいでしょう。あと、対応スペースは1畳くらいが限界、それ以上の場所は確実に火力不足。極寒ではない地域、1畳前後の場所に利用、床面のスペースに余裕がない等、そういった環境や条件に当てはまるなら悪くない選択肢になると思います。一つ利点を付け加えるなら数少ない壁掛けのタイプで安く導入できるのは、何だかんだで大きな魅力ですね。「DWC-A804-WH」は現在5,000円台の価格で販売されています。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09